質問編集履歴

8 タブ変更

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/26 23:18  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
・Gitバージョン 2.14.1/LibGit2Sharp 0.24.0 + git-lfs v2.2.1 + Git LFS Bitbucket Adapter v1.0.6
---
■git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
---
さて、プッシュしたところ、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
---
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
---
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのか? しかしながら、
"Check that you have proper access to the repository"
とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」です。
---
[originのURLを変更する](https://www.walbrix.com/jp/blog/2013-11-github-https-ssh.html)で git remote set-url origin git@~ に変更しても、変化なしです。
---
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

  • Git LFS

    2 questions

  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • SourceTree

    190 questions

    SourceTreeは、Gitのクライアントツール。視覚的に操作するGUI形式でGitの操作が容易になります。MacやWindowsなどのOSに依存しておらず、PC環境に合わせてインストールすることが可能です。

7 タグ追加

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/26 21:53  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
・Gitバージョン 2.14.1/LibGit2Sharp 0.24.0 + git-lfs v2.2.1 + Git LFS Bitbucket Adapter v1.0.6
---
■git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
---
さて、プッシュしたところ、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
---
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
---
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのか? しかしながら、
"Check that you have proper access to the repository"
とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」です。
---
[originのURLを変更する](https://www.walbrix.com/jp/blog/2013-11-github-https-ssh.html)で git remote set-url origin git@~ に変更しても、変化なしです。
---
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

  • Git LFS

    2 questions

6 追記

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/26 11:44  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
・Gitバージョン 2.14.1/LibGit2Sharp 0.24.0 + git-lfs v2.2.1 + Git LFS Bitbucket Adapter v1.0.6
---
■git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
---
さて、プッシュしたところ、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB                                         
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
---
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
---
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのか? しかしながら、"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」です。
これがsshになればいいのか? しかしながら、
"Check that you have proper access to the repository"
とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」です。
---
[originのURLを変更する](https://www.walbrix.com/jp/blog/2013-11-github-https-ssh.html)で git remote set-url origin git@~ に変更しても、変化なしです。
---
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

5 修正

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/25 23:55  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 "Check that you have proper access to the repository" について
Git LFS 使用のための環境設定 について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
・Gitバージョン 2.14.1/LibGit2Sharp 0.24.0 + git-lfs v2.2.1 + Git LFS Bitbucket Adapter v1.0.6
---
■git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
---
さて、プッシュしたところ、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
---
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
---
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのか? しかしながら、"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」です。
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

4 修正

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/25 22:02  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 "Check that you have proper access to the repository" について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
・Gitバージョン 2.14.1/LibGit2Sharp 0.24.0 + git-lfs v2.2.1 + Git LFS Bitbucket Adapter v1.0.6
git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
■git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
 
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
さて、プッシュしますと、
---
さて、プッシュしたところ、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB                                         
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
---  
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
---  
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのでしょうか?
しかしながら、"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」 となっています。
これがsshになればいいのか? しかしながら、"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」です。
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
お忙しいところ恐縮ですが、皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

3 追記

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/25 18:23  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 "Check that you have proper access to the repository" について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
・Gitバージョン 2.14.1/LibGit2Sharp 0.24.0 + git-lfs v2.2.1 + Git LFS Bitbucket Adapter v1.0.6  
git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
さて、プッシュしますと、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB                                         
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのでしょうか?
しかしながら、"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」 となっています。
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
お忙しいところ恐縮ですが、皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

2 追記

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/25 18:16  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 "Check that you have proper access to the repository" について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
さて、プッシュしますと、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB                                         
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→  
優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」 となっています。  
 
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのでしょうか?
しかしながら、"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」 となっています。  
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
お忙しいところ恐縮ですが、皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

1 追記

vitabrevisarsl1

vitabrevisarsl1 score 55

2017/09/25 18:15  投稿

Git LFS 使用のための環境設定 "Check that you have proper access to the repository" について
環境
・Windows7 ・Bitbucket - SourceTree
git LFS をインストールしてバイナリファイルを含めて管理しようとしました。
---
・[参考にしたサイト](http://wp.graphact.com/2015/10/04/setup-git-lfs/)
git lfs version -> 確認できた。
git lfs track, git lfs ls-files -> 設定できた。
さて、プッシュしますと、
```
Pushing
git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c lfs.customtransfer.bitbucket-media-api.path=git-lfs-bitbucket-media-api push -v --tags origin master:master
Pushing to https://bitbucket.org/ /tesk_k2
Git LFS: (0 of 4 files) 0 B / 8.77 MB                                         
batch response: Authorization error: https://bitbucket.org/ /tesk_k2.git/info/lfs/objects/batch
Check that you have proper access to the repository
error: failed to push some refs to 'https://bitbucket.org/ /tesk_k2'
エラー終了しました。エラーの内容は上記をご覧ください。
```
コミットはできたがプッシュは失敗とのこと。。。
![イメージ説明](f90e50e99aab729bb6e980284dfc460f.png)
"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→「認証に成功」 となっています。
"Check that you have proper access to the repository" とのことですが、ツール→オプション→認証→編集→
優先するプロトコルは[SSH]で「認証に成功」 となっています。
・[Git LFS でサイズの大きいファイルの転送に失敗する場合](http://yura2.hateblo.jp/entry/2017/05/05/BitBucket_で_Git_LFS_の転送に失敗する場合の対処法) にあるMedia Adapterを入れてみましたが、エラーは相変わらず出ます。
**【アカウント】 アプリパスワード:なし SSH鍵:設定済み**
**【リポジトリA】 Access Keys:なし Git LFS:No Git LFS files**
当該リポジトリAにはバイナリファイル(git lfs trackで登録した種類の画像ファイル)が4つ入っております。
実験として作ったリポBも同じ状況でした。ところが、フォルダからバイナリファイルを削除してみたところ、コミット+プッシュがエラーなくできました。
Git LFSをインストールしたものの、バイナリファイルの扱いがうまく行っていないということと推察します。
冒頭エラー3行目はリポ設定を反映していると思いますが、
![イメージ説明](8e7b6252376322a4d6130f0f845a1c94.png)
これがsshになればいいのでしょうか?
別の方向性を模索するため、[Tutorials](https://www.atlassian.com/git/tutorials/git-lfs#creating-new-repository)もやってみましたが、「Cloning an existing Git LFS repository」のところで
Enter passphrase for key '/c/Users/Owner/.ssh/id_rsa':
と聞かれますが、リポAにAccess Keysを設定せよということなのでしょうか? リポごとにgit lfs trackの設定があるかもしてませんが、リポごとにAccess Keysも設定しなければならないのでしょうか??
---
お忙しいところ恐縮ですが、皆様のお知恵をいただけますと幸いです。
  • Git

    1768 questions

    Gitはオープンソースの分散バージョン管理システム(DVCS)です。

  • BitBucket

    209 questions

    BitBucketは無料のリポジトリ管理ホスティングサービスです。 MercurialとGitのVCSに対応しています。プライベートリポジトリを、制限なく作成することが可能です。

思考するエンジニアのためのQ&Aサイト「teratail」について詳しく知る