質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Tera Term

Tera Termは、TeraTerm Projectが開発する国産のWindows向けターミナルソフト。telnetプロトコルでのリモートホストへの接続やCOMポートのシリアル接続が可能で、マクロが利用できます。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

解決済

[teratermマクロ達人求む] マクロで公開鍵+パスワードログインを実装したい

lirlia
lirlia

総合スコア0

Tera Term

Tera Termは、TeraTerm Projectが開発する国産のWindows向けターミナルソフト。telnetプロトコルでのリモートホストへの接続やCOMポートのシリアル接続が可能で、マクロが利用できます。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。

1回答

0評価

2クリップ

21閲覧

投稿2017/10/10 10:27

編集2022/01/12 10:58

背景

SSHの公開鍵+パスワードの両方がログイン時に必要なCentOS7.2サーバーがあります。

/etc/ssh/sshd_configにてAuthenticationMethodsを指定しています。

sh

AuthenticationMethods publickey,password password,publickey

このような環境に対して、Windows上のteratermを使ってログインしようとすると、公開鍵認証をさせた後に、パスワード認証をさせる2要素認証的な動きになります。

最初に公開鍵認証でOKを押し
イメージ説明

再試行を求められたら、プレインパスワードにしてパスワードを入力し
イメージ説明

擬似的な2要素認証的をしたあとにログインします。

やりたいこと

この手動のログインをteratermマクロで実装したいと思っています。

ただ「teraterm-connect」は目を通しましたが、/authで指定できるタイプはいずれか1つのようです。(/authを複数設定することも不可)

ですので、teratermマクロにて公開鍵認証でのconnect失敗後に、もう同一セッションにてパスワード認証を実施する方法を教えてください。

もしくは、上記の方法以外でも実現できる方法があれば教えてください。

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Tera Term

Tera Termは、TeraTerm Projectが開発する国産のWindows向けターミナルソフト。telnetプロトコルでのリモートホストへの接続やCOMポートのシリアル接続が可能で、マクロが利用できます。

SSH

SSH(Secure Shell)は、セキュアチャネルを通してデータを交換するためのネットワークプロトコルです。リモートサーバーへのコマンド実行やファイル転送を行う時に一般的に使用されます。