質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.03%

VS2010でのValidatingの挙動

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 3,933

score 23

VisualBasic2010 professionalにおいて
画面コントロールのValidation イベント内で入力チェックをしていますが
メッセージボックスを表示して、イベントをキャンセルしても、
再度、Validation イベントが発生して、メッセージが2度表示されます。

検証していくと、メッセージボックスを表示、確認の際に、
フォーカスが遷移しているようで、
再度 Validatiing 発生にいたっております。
このような現象をご存知の方、
対処方法をよろしければご教授下さい
(記入例)
Private Sub CTL(....)  Handles CTL.Validating
  if CTL = エラー then
     MessageBox.Show("エラー")
     e.Cancel = True
     Return
  End IF
  .....
End sub
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • Tak1wa

    2015/05/06 18:35

    こんにちは。
    VS2010が手元になかったのでVS2013で試しましたが発生しませんでした。

    VB.NETでテキストボックスを配置し、そのValidatingイベントに上記処理( CTL = エラー は、TextBox1.Text = "A"で代替)を投入してみましたが、他に必要な設定があれば教えてください。

    上記のみで発生するのであれば、
    VisualStudioの差とは考えにくいのでOS、ターゲットフレームワークのバージョン、実行環境の.NET Frameworkのバージョンなどを明記して頂けると。

    キャンセル

  • gorota

    2015/05/06 19:30

    テスト実行有難うございます。
    質問では単純に記載しましたが、実際には、
    カストマイス゛したコントロールで、
    他にも、派生するイベント発生が、多々あるので、
    今少し自分で考えてみます。

    キャンセル

回答 1

check解決した方法

0

自分でもう少し考えてみます

その後、原因が判明いたしました
カストマイス゛したコントロール内で
OnKeyDownをOverrides補足して、
Enterキーでは、FindForm.SelectNextControlを記入していました
そこで、Validating→エラー処理(メッセージ)→e.Cancel=True にて
フォーカス移動が元の戻るのですが、
OnKeyDown内の最後にMyBase.OnKeyDown(e)している為に
再度、Enterキーを打鍵したようなイベントになり、
再び、フォーム側でValidating→エラー処理となり、
2度メッセージ表示となった訳です
対応:
OnKeyDown内で、Enterキー処理後には
e.Handled = Trueとして、
MyBase.OnKeyDown(e)は実行しないとしました

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.03%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る