質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.01%

  • PHP

    17785questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1448questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

  • NetBeans

    164questions

    NetBeansは Java、HTML5、PHP、C/C++のアプリケーションのフレームワーク、もしくは統合開発環境(NetBeans IDE)の両方を指します

[Laravel5.1]ROUTE MODEL BINDING後、記事の取得・編集・削除などができない

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 193

yuus2733

score 101

Lara帳:はじめてのLaravel5.1(32)
こちらを参考にしていました。

タイトルの通り、RouteModelBindingというのを行った後
記事の閲覧・編集・更新・削除ができなくなってしまいます。
RoutemodelBindingというのは削除された機能でしたでしょうか・・・。
教えていただいた事を忘れてしまっていただけだとしたら申し訳ないです。
RouteServiceProvider.phpに書き加えた一文も削除しました。
※現在RouteModelBindingの書き換えをやめて戻したところ、一応動作しています。

routes.php

Route::get('/', 'WelcomeController@index');
Route::get('contact', 'WelcomeController@contact');
Route::get('about', 'PagesController@about');
Route::get('/', 'ArticlesController@index');

Route::get('articles', ['as' => 'articles.index', 'uses' => 'ArticlesController@index']);
Route::get('articles/create', ['as' => 'articles.create', 'uses' => 'ArticlesController@create']);
Route::get('articles/{id}', ['as' => 'articles.show', 'uses' => 'ArticlesController@show']);
Route::post('articles', ['as' => 'articles.store', 'uses' => 'ArticlesController@store']);
Route::get('articles/{id}/edit', ['as' => 'articles.edit', 'uses' => 'ArticlesController@edit']);
Route::patch('articles/{id}', ['as' => 'articles.update', 'uses' => 'ArticlesController@update']);
Route::delete('articles/{id}', ['as' => 'articles.destroy', 'uses' => 'ArticlesController@destroy']);
Route::resource('articles', 'ArticlesController');

// Authentication routes...
Route::get('auth/login', 'Auth\AuthController@getLogin');
Route::post('auth/login', 'Auth\AuthController@postLogin');
Route::get('auth/logout', 'Auth\AuthController@getLogout');

// Registration routes...
Route::get('auth/register', 'Auth\AuthController@getRegister');
Route::post('auth/register', 'Auth\AuthController@postRegister');

//Password reset link request routes...
Route::get('password/email' , 'Auth\PasswordController@getEmail');
Route::post('password/email' , 'Auth\PasswordController@postEmail');
//password reset routes...
Route::get('password/reset/{token}' , 'Auth\PasswordController@getReset');
Route::post('password/reset' , 'Auth\PasswordController@postReset');


ArticlesController.php

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use App\Article;
use App\Tag;

use App\Http\Requests\ArticleRequest;



class ArticlesController extends Controller
{
    public function index() {
    // $articles = Article::all();
    $articles = Article::latest('published_at')->published()->get();

    return view('articles.index', compact('articles'));
    }
    public function show(Article $article) {
    return view('articles.show', compact('article'));
    }
    public function create()
    {
    $tags = Tag::lists('name', 'id');

    return view('articles.create' , compact('tags'));
    }
    public function store(ArticleRequest $request) {

        // Article::create($request->all());
        $article = \Auth::user()->articles()->create($request->all());
        $article->tags()->attach($request->input('tag_list'));

        \Session::flash('flash_message', '記事を追加しました。');

        // return redirect('articles');
        return redirect()->route('articles.index');

    }
    public function edit(Article $article) {
    $tags = Tag::lists('name', 'id');
    return view('articles.edit', compact('article','tags'));
    }
    public function update(Article $article , ArticleRequest $request) {
    $article->update($request->all());
    $article->tags()->sync($request->input('tag_list', []));
    \Session::flash('flash_message', '記事を更新しました。');
    // return redirect(url('articles', [$article->id]));
    return redirect()->route('articles.show', [$article->id]);
  }
    public function destroy($id) {
    $article = Article::findOrFail($id);
    $article->delete();
    \Session::flash('flash_message', '記事を削除しました。');

    return redirect('articles.index');
  }
  public function __construct()
  {
    $this->middleware('auth', ['except' => ['index', 'show']]);
  }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

RoutemodelBindingはバージョン毎に発展している機能で削除はされていません。
Laravel 5.1を使っているのであれば、ルートモデルバインディングは明示的に指定する必要があります。
Laravel5.1 モデル結合ルート

public function boot(Router $router)
{
    parent::boot($router);

    $router->model('user', 'App\User');
}


fagaiさんの記事から、指定せずにできる暗黙のモデルバインディングは5.2からの機能のようです。
Laravel 5.2から追加されていった機能を一覧としてまとめる

機能があるかどうかは、そのバージョンのドキュメントをまずは確認してください。
Laravel 5.1 HTTPルーティング
Laravel 5.5 ルーティング

また古いLaravelを使う場合は5.0から5.5の新規・変更機能の紹介記事やドキュメントのアップグレードガイドに目を通して、受け取る情報のバージョンを意識してください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/09/21 17:26

    あっ 申し訳ないです…
    一応自分でlaravel ルート モデル バインディング で検索したんですが、ドキュメントすら出てこなかったので質問させていただきました。ありがとうございます。5.1ドキュメントではモデル結合ルートというんですか。
    どうりで私のキーワードでは出てこないわけですね…
    (一休みしたらこのコメントもまた書き換えます)

    キャンセル

  • 2017/09/21 19:43 編集

    言葉にゆらぎがある場合は、ソースコード中の単語等で英語の本家のドキュメントを探してもよいかと思います。
    [Laravel](https://laravel.com/)
    本家ドキュメントには画面上部にLaravel Scoutでも採用されていて最近OSSのドキュメントでよく見かけるalgoliaが導入されているので、賢いドキュメント全文検索ができます。

    キャンセル

  • 2017/09/21 20:27

    ありがとうございます。
    記事の中にRouteServiceProvider.phpを書き入れていないのですが、
    一応指定部分はあったと思います。ただ、5.2以降もどんどん仕様が変わってしまうならドキュメントに目を通すだけにして改めて書き換えるのはやめておきます。
    また、キーワードにゆらぎがあるというよりはBindingを「縛る」と訳していたからずれたと思います。
    algolia使って調べて見るようにもします、ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 91.01%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    17785questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • Laravel 5

    1448questions

    Laravel 5は、PHPフレームワークLaravelの最新バージョンで、2014年11月に発表予定です。ディレクトリ構造がが現行版より大幅に変更されるほか、メソッドインジェクションやFormRequestの利用が可能になります。

  • NetBeans

    164questions

    NetBeansは Java、HTML5、PHP、C/C++のアプリケーションのフレームワーク、もしくは統合開発環境(NetBeans IDE)の両方を指します