質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

解決済

swift 時間取得及び差分の計算

ssh_u
ssh_u

総合スコア34

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

1回答

0評価

2クリップ

5839閲覧

投稿2017/09/18 12:12

###前提・実現したいこと
日時の差分を計算したいのですが、いろいろ調べたところNSCalender?などというものを使って時間取得され差分が計算されているのがほとんどでした。私の場合時間取得はdatepickerを使っています
その場合どうしたら良いかわかりません
よろしくお願いします

###該当のソースコード

swift

override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() _ = Timer.scheduledTimer(timeInterval: 0.001, target: self, selector: #selector(SecondViewController.check), userInfo: nil , repeats: true) // 入力欄の設定 DayTime.placeholder = "期限" //<-`dateToString`のパラメータは`Date`型なので最初から`Date()`を渡す //DayTime.text = dateToString(date: Date()) //<-同上 self.view.addSubview(DayTime) // UIDatePickerの設定 myDatePicker = UIDatePicker() myDatePicker.addTarget(self, action: #selector(changedDateEvent), for: UIControlEvents.valueChanged) myDatePicker.datePickerMode = UIDatePickerMode.dateAndTime DayTime.inputView = myDatePicker // UIToolBarの設定 toolBar = UIToolbar(frame: CGRect(x: 0, y: self.view.frame.size.height/6, width: self.view.frame.size.width, height: 40.0)) toolBar.layer.position = CGPoint(x: self.view.frame.size.width/2, y: self.view.frame.size.height-20.0) let toolBarBtn = UIBarButtonItem(title: "完了", style: .plain, target: self, action: #selector(tappedToolBarBtn)) let toolBarBtncancel = UIBarButtonItem(title: "キャンセル", style: .plain, target: self, action: #selector(tappedToolBarBtncancel)) toolBarBtn.tag = 1 toolBar.items = [toolBarBtn, toolBarBtncancel] DayTime.inputAccessoryView = toolBar } // 「完了」を押すと閉じる func tappedToolBarBtn(_ sender: UIBarButtonItem) { self.DayTime.endEditing(true) } // 「キャンセル」を押すと閉じる func tappedToolBarBtncancel(_ sender: UIBarButtonItem) { self.DayTime.text = "" self.DayTime.endEditing(true) } func changedDateEvent(_ sender: UIDatePicker){ //<- `UIDatePicker`からのactionの`sender`は必ず`UIDatePicker`になる //`sender`を直接`UIDatePicker`として使えばいいのでキャストは不要 self.changeLabelDate(date: sender.date) } func changeLabelDate(date: Date) { //<- `NSDate`を使っているところは全て`Date`に置き換える DayTime.text = self.dateToString(date: date) } func dateToString(date: Date) -> String { //DateFormatterは参照型なので、letが適切 let date_formatter = DateFormatter() //曜日の1文字表記をしたいならweekdaysなんて配列はいらない date_formatter.locale = Locale(identifier: "ja") date_formatter.dateFormat = "yyyy年MM月dd日(E) HH:mm" //<-`E`は曜日出力用のフォーマット文字 return date_formatter.string(from: date as Date) }

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています