質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • Java

    14073questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    6624questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

android-demosで、Cannot find DriveId. Are you authorized to view this file?

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 244

kbys32

score 34

お世話になります。

google drive と androidアプリの連携を勉強しています。

https://github.com/googledrive
において、android-demosというプロジェクトをダウンロードし、
実機にて動作させました。

アプリのホーム画面から、Create a file という選択肢を選んで、
実機が使っているアカウントが持つグーグルドライブに、
ファイルが作られることが確認できました。

しかし、Edit Contentsを選ぶと、
Cannot find DriveId. Are you authorized to view this file?
というメッセージが現れるので、そもそもの接続が失敗しているようです。

 @Override
    public void onConnected(Bundle connectionHint) {
        super.onConnected(connectionHint);

        final ResultCallback<DriveIdResult> idCallback = new ResultCallback<DriveIdResult>() {
            @Override
            public void onResult(DriveIdResult result) {
                if (!result.getStatus().isSuccess()) {//isSucessがfalseになっている
                    showMessage("Cannot find DriveId. Are you authorized to view this file?");
                    return;
                }
                DriveId driveId = result.getDriveId();
                DriveFile file = driveId.asDriveFile();
                new EditContentsAsyncTask(EditContentsActivity.this).execute(file);
            }
        };
        Drive.DriveApi.fetchDriveId(getGoogleApiClient(), EXISTING_FILE_ID)
              .setResultCallback(idCallback);
    }


どうすれば接続に成功しますか?

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

方々探し回って、このような形になりました。

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

      //グーグルドライブにファイル作成
        Button btn2=(Button)findViewById(R.id.button2);
        btn2.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                ResultCallback<DriveApi.DriveContentsResult> newDriveContentsCallback = new
                        ResultCallback<DriveApi.DriveContentsResult>() {
                            @Override
                            public void onResult(DriveApi.DriveContentsResult result) {
                                // MimeType は適宜変更する。他にも必要な項目があれば set 関数で set する。
                                // setTitle で初期タイトルくらいは決めてあげると良さそう
                                MetadataChangeSet metadataChangeSet = new MetadataChangeSet.Builder()
                                        .setMimeType("text/plain").build();

                                DriveContents contents = result.getDriveContents();
                                // OutputStream を取得して初期データを書き込む。例として、適当な文字列を書き込む。
                                try {
                                    OutputStream os = contents.getOutputStream();
                                    String hello = "Hello World!";
                                    os.write(hello.getBytes());
                                    os.close();
                                } catch (Exception e){
                                    Log.e(LOGTAG, e.toString());
                                }

                                // デフォルトで用意された UI を表示
                                IntentSender intentSender = Drive.DriveApi
                                        .newCreateFileActivityBuilder()
                                        .setInitialMetadata(metadataChangeSet)
                                        .setInitialDriveContents(contents)
                                        .build(mGoogleApiClient);
                                try {
                                    startIntentSenderForResult(
                                            intentSender, REQUEST_CODE_CREATOR, null, 0, 0, 0);
                                } catch (IntentSender.SendIntentException e) {
                                    Log.w(LOGTAG, "Unable to send intent", e);
                                }
                            }
                        };

                Drive.DriveApi.newDriveContents(mGoogleApiClient).setResultCallback(newDriveContentsCallback);

            }
        });

        //選択したファイルを読み込みボタン
        Button btn3=(Button)findViewById(R.id.button3);
        btn3.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {IntentSender intentSender = Drive.DriveApi
                    .newOpenFileActivityBuilder()
                    .setMimeType(new String[] { "text/plain" })
                    .build(mGoogleApiClient);
                try {
                    startIntentSenderForResult(
                            intentSender, REQUEST_CODE_OPENER, null, 0, 0, 0);
                } catch (IntentSender.SendIntentException e) {
                    Log.w(LOGTAG, "Unable to send intent", e);
                }

            }
            });

        //実機が使用するアカウントの選択とグーグルドライブへの接続
        mGoogleApiClient = new GoogleApiClient.Builder(this)
                .addConnectionCallbacks(new GoogleApiClient.ConnectionCallbacks() {
                    @Override
                    public void onConnected(Bundle bundle) {
                        Log.i(LOGTAG, "onConnected");
                    }

                    @Override
                    public void onConnectionSuspended(int i) {
                        Log.i(LOGTAG, "onConnectionSuspended:" + i);
                    }
                })
                .addOnConnectionFailedListener(new GoogleApiClient.OnConnectionFailedListener() {
                    @Override
                    public void onConnectionFailed(ConnectionResult connectionResult) {
                        Log.i(LOGTAG, "onConnectionFailed:" + connectionResult.toString());
                        if(connectionResult.hasResolution()) {
                            try {
                                // 初回起動時などで未認証の場合などはこちらにきます
                                connectionResult.startResolutionForResult(MainActivity.this, GOOGLE_API_CLIENT_RESOLUTION);
                            } catch (Exception e) {
                                Log.e(LOGTAG, e.toString());
                            }
                        } else{
                            Log.e(LOGTAG, "hasNoResolution()");
                            int errorCode = connectionResult.getErrorCode();
                            Log.e(LOGTAG, "hasNoResolution() errorCode"+errorCode);
                            /*
                            Dialog dialog = GooglePlayServicesUtil.errorCode, MainActivity.this, GOOGLE_API_CLIENT_ERROR);
                            if( dialog != null){
                                dialog.show();
                            } else {
                                Log.e(LOGTAG, "no dialog");
                            }*/
                        }
                    }
                })
                .addApi(Drive.API).addScope(Drive.SCOPE_FILE)
                .build();
        mGoogleApiClient.connect();

    }

    @Override
    protected void onActivityResult(final int requestCode, final int resultCode, final Intent data) {


        if(requestCode == GOOGLE_API_CLIENT_RESOLUTION){
            switch (resultCode) {
                case Activity.RESULT_OK:
                    mGoogleApiClient.connect();
                    break;
                default:
                    Log.e(LOGTAG, "" + resultCode);
            }
        }

        //ファイル作成ダイアログから復帰
        if(requestCode == REQUEST_CODE_CREATOR){
            Log.i(LOGTAG,"REQUEST_CODE_CREATOR:" + resultCode);
            if(resultCode == RESULT_OK) {
                DriveId driveId = data.getParcelableExtra(CreateFileActivityBuilder.EXTRA_RESPONSE_DRIVE_ID);
                Log.i(LOGTAG, "Drive Id:" + driveId.toString());
            }
        }

        //ファイル読み込みダイアログから復帰
        if(requestCode == REQUEST_CODE_OPENER){
            if(resultCode == RESULT_OK){
                DriveId driveId = data.getParcelableExtra(
                        OpenFileActivityBuilder.EXTRA_RESPONSE_DRIVE_ID);

                // 取得した driveId からファイルの内容を取得。
                // プログレスを取得して何か行う場合は file.open の第三引数にリスナーを設定する。
                DriveFile file =driveId.asDriveFile();
                file.open(mGoogleApiClient, DriveFile.MODE_READ_ONLY, null).setResultCallback(new ResultCallback<DriveApi.DriveContentsResult>() {
                    @Override
                    public void onResult(DriveApi.DriveContentsResult driveContentsResult) {
                        if(driveContentsResult.getStatus().isSuccess()){
                            DriveContents driveContents = driveContentsResult.getDriveContents();
                            // DriveContents の getInputStream で内容を取得する。
                            // 以下はファイルの内容がテキストであることを想定した例。
                            BufferedReader reader = new BufferedReader(
                                    new InputStreamReader(driveContents.getInputStream()));
                            StringBuilder builder = new StringBuilder();
                            String contents = null;
                            String line;
                            try {
                                while ((line = reader.readLine()) != null) {
                                    builder.append(line);
                                }
                                contents = builder.toString();
                            } catch (IOException e) {
                                Log.e(LOGTAG, "IOException while reading from the stream", e);
                            }
                            // 読み込むだけで内容に変更はなし。discard を呼んで閉じておく(意味は無いかも?)
                            driveContents.discard(mGoogleApiClient);

                            Toast.makeText(MainActivity.this, contents, Toast.LENGTH_LONG).show();
                        }
                    }
                });
            }
        }

    }
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    14073questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    6624questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。