質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.32%

will_paginateで表示しているモデルの検索と再表示

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 774

lyzmfeqpxs54

score 172

現在、以下の画像のようなものをwill_paginateを用いてページに表示しております。画像の上にはまた別のフォームなどが存在しています。

適用ボタンが押された場合に入力範囲のデータのみを表示できるようにwhereメソッドでデータベースを絞りrenderメソッドで再表示しています。

ここで問題が起きているのですが、この再表示後、データベース自体はきちんと絞られ下に表示されているページ数も変わりました。しかし、ページ番号を押すと、データの表示が初期状態(全て標示されている状態)へと戻ってしまいます。

質問なのですがデータベースを再表示する際にはrenderメソッドを使うのは間違いなのでしょうか。正しいやり方をご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

# user_controller.rb

# 適用ボタンの処理(where内も実際は取得したパラメーターで行うつもりです)
def select
@maildbs = Maildb.where(date: "2016-11-15").paginate(page: params[:page], per_page: 10)

// ページを再表示
render 'user/personal'

end

{"utf8"=>"✓", "authenticity_token"=>"dXd7s(省略)", "from_date(1i)"=>"2017", "from_date(2i)"=>"9", "from_date(3i)"=>"1", "to_date(1i)"=>"2017", "to_date(2i)"=>"9", "to_date(3i)"=>"1", "commit"=>"適用","controller"=>"user", "action"=>"update", "id"=>"XXXXXXX"}

def select
# 適用ボタンが押された際にparamsから日付の値を取りデータ型に直してwhere句で絞込みをしている
@from = Date.new(params[:"from_date(1i)"].to_i, params[:"from_date(2i)"].to_i, params[:"from_date(3i)"].to_i)
@to = Date.new(params[:"to_date(1i)"].to_i, params[:"to_date(2i)"].to_i, params[:"to_date(3i)"].to_i)
@maildbs = Maildb.where(date: @from..@to).paginate(page: params[:page], per_page: 10)

# このような場合検索条件をパラーメータでという部分がわかりません
ご教示いただいた
@params_for_select = {:xxx => params[:xxx]}
部分が
@params_for_select = where(date: @from..@to)
のような形ですとイメージが沸くのですが……
params[:xxx]として一つの値を渡しても検索条件につながらないのではと考えてしまいます


end

イメージ説明

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

renderメソッドは問題ないかと思います。

おそらく、prev,1,2,3,4,... nextなどの<%= will_paginate %>で作成されるボタンに
「適用」した際の検索条件が渡せていないのでは?と思います。
確かめるには@maildbsの値をデバッグしてみれば早いかと。

気になって調べてみました。
すこし古いですがこちらのブログ
が参考になると思います

個人的に一番発見だったのは、params パラメーターの存在。こんな感じでパラメーターを次のページに引き渡せる。検索結果のページをページ送りする際に、検索条件が入っているterm パラメーターを引き継ぐ必要があったので、その際に利用した。
<%= will_paginate @items, :params=>{:term=>params[:term]}%>


以下追記

もし今回適用するならまずはコントローラーで引き継ぐパラメーターを取得します

def select
  @maildbs = Maildb.where(date: "2016-11-15").paginate(page: params[:page], per_page: 10)
  // 表示パラメーターを取得
  @params_for_select = {:xxx => params[:xxx]} # こんな感じで引き継ぐパラメーターをセット
   // ページを再表示
  render 'user/personal'
end

そしてerb側でそれをセット

<%= will_paginate @items, :params=>@params_for_select %>

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/09/01 22:24

    度々のご回答、本当にありがとうございます。実際に使用しているメソッド(適用ボタン押下時)と引っ張ってきているパラーメータを追記いたしました。そちらに現状分かりかねている部分を書かせていただきました。不勉強で申し訳ありませんが、もう少しだけご助力いただければと思います。
    よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • 2017/09/02 23:11

    @params_for_selectにセットするのは、whereで絞り込んだactive_recordデータの配列ではなく、あくまでselectコントローラーに渡される検索条件を次に渡すときに使うイメージです。なので形式はHashですね。
    例文のxxxは一つですが、当たり前ですが、検索条件の数だけセットしてあげる必要があります。
    {"from_date(1i)" => params["from_date(1i)"], "from_date(2i)" => params["from_date(2i)"] ....
    といったかんじですね。
    面倒であれば、hashのexceptを使って不要なものを削除してしまえば良いかとおもいます。以下のような感じ
    @params_for_select = params.except("utf8", "authenticity_token", "commit","controller", "action", "id")

    このようにすると、@params_for_selectには"適用"を押した時の検索条件がhash形式でセットされることになります。
    それが、render 'user/personal'のerb内でwill_pagenateにセットされ、will_pagenateのボタンが押された際のアクションにもセットされるようになるはずです(これがブログ内の引用部分の動きです)

    あとは、will_pagenateのボタン押下時に呼び出されるコントローラー(その部分は貼ってもらってないので、わかりませんが、おそらくusersController#personalアクション?)内でparamsを解析して条件を絞ってあげれば完成です。なお、その部分の動作はselectアクションと共通する部分が多いと思うので、メソッド切り出すとかすると良いかもですね。

    キャンセル

  • 2017/09/04 14:15

    ご回答ありがとうございます。
    ようやくおっしゃりたいことが理解できました。パラメータを複数指定することでURLにその指定したパラメータが含まれることとなり、その情報を用いて検査条件とし、データを絞って表示という流れですね。ようやくやりたいことが実現できました。
    長々とおつきあいいただき本当にありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.32%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る