質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

解決済

[SwiftUI] Firebase databaseで、辞書を扱うことができない

yoshi88
yoshi88

総合スコア12

Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

1回答

0リアクション

0クリップ

210閲覧

投稿2022/07/26 06:54

編集2022/07/26 07:53

前提

firebase databaseに以下のようなデータを入力して、それをiOSアプリ上で使いたいと考えております。イメージ説明

実現したいこと

辞書の中にはString型やInt型、bool型が混在していますが、これらのデータをiOSアプリに呼び込んで使えるようにしたいです

該当のソースコード

SwiftUI

import SwiftUI import FirebaseCore import Firebase struct TestView: View { @State var data = [String: Any]() func getData(){ let ref = Database.database().reference() ref.child("data").getData { (error, snapshot) in if let error = error { print("Error getting data \(error)") } else if ((snapshot?.exists()) != nil) { guard let data = snapshot?.value as? [String: Any] else { return } self.data = data } else { print("No data available") } } print(self.data) } var body: some View { Text("Hello, World!") .onAppear(){ getData() } } }

以上のコードより、辞書を呼び込んで、スマホの画面上に"Hello, World!"が表示されたタイミングで辞書がprintされることを意図したコードを書きました。しかし結果は、以下の画像の通り、辞書は空になってしまっている状態です、、
イメージ説明

どなたかご教授よろしくお願いいたします🙇

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

hoshi-takanori

2022/07/26 07:44

その data は、配列じゃなくて辞書 (Dictionary 型) になると思いますが…。
yoshi88

2022/07/26 07:55

確かにそうでした、、 今辞書に変更して試してみたのですが、結果はかわらず空のままでした。。何がいけないかお分かりになったりしますでしょうか、、?

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。