質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.78%

Slimで、現在のパスで扱えるHTTPメソッドの一覧を取得したい

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 2,458

score 716

SlimでHTTP OPTIONSメソッドのAllowヘッダを正しく実装するため、現在アクセスしているページに割り当てられているHTTPメソッドの一覧を取得したいと考えています。
Slimは扱ったことが無いため、コードを読みながら取得しようとしていますが、上手くいきません。

Slimで、現在アクセスしているページに割り当てられているHTTPメソッドの一覧を取得する方法はあるのでしょうか?
あるならば、どのような方法でしょうか?
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

check解決した方法

0

最終的に、以下の様な処理を行うことにしました。
他にいい方法があれば解答ください。

$app->options(
    '/.*',
    function()use($app){
        /**
         * 現在のURLで利用できるHTTPメソッドの一覧を取得する
         */
        $methods=[];
        $router=$app->router();
        $url=$app->request->getResourceUri();
        foreach(['HEAD','GET','POST','PUT','PATCH','DELETE'] as $method){
            $methods=array_merge(
                $methods,
                array_reduce(
                    $router->getMatchedRoutes($method,$url,true),
                    function($carry,$route){
                        return array_merge(
                            $carry,
                            $route->getHttpMethods()
                        );
                    },
                    []
                )
            );
        }
        $methods=array_values(array_unique($methods));

        /**
         * HTTPメソッドが無い場合、現在のURLに対応するルーターは存在しないため
         * 404 Not Foundとする
         */
        if($methods===[]){
            $app->notFound();
        }

        /**
         * PHPによる自動gzip圧縮を無効化
         */
        ini_set('zlib.output_compression','off');

        /**
         * Allowヘッダを送信
         */
        $app->response->headers->set('Allow',implode(',',$methods));

        /**
         * Content-Typeヘッダを省略
         */
        $app->response->headers->set('Content-Type','');
    }
);

なお、このコードはPHP5.4で導入された配列の短縮構文を利用しています。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/06/07 02:49

    この質問で想定しているSlimはv2のものです。

    Slim 3からは、内部的にnikic/FastRouteを採用したため、Allowヘッダの指定に必要な、
    「割り当てられているHTTPメソッドの一覧」の配列データを容易に取得できます。
    というより、初期状態のSlim 3が備えるSlim\Handlers\NotAllowedクラスが、適切なAllowヘッダを自動で出力してくれるようにできています。

    この回答みたいな面倒な事を避けるためにも、Slim 3の使用を薦めます。

    キャンセル

-1

Slimクラスのインスタンスの中にルータオブジェクトがありますから、その中を覗いてみるしかないんじゃないかなあ。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2015/04/13 15:26

    覗いてみたのですが、そこには割り当てられた全てのHTTPメソッドがあり、私の求める「現在アクセスしているページに割り当てられているHTTPメソッドの一覧」を取得する方法は分かっていません。
    URLのパターンと照合する箇所を見つけられれば、解決できるかも知れませんが…

    キャンセル

  • 2015/04/13 16:23

    Routerクラスのソースを読むのです。

    キャンセル

  • 2015/04/13 20:17

    読んで理解できるなら質問はしない。
    ある程度処理を追い、それでも分からなかったから質問しています。

    キャンセル

  • 2015/04/14 07:24

    あらまあ...じゃあ、時間があるときに、こちらでソースを読んで探索するけど、とりあえず簡単なアイデアなど。

    $app = new \Slim\Slim();
    $app->get('/hello/:name', function($name){
    echo 'Hello, ', $name;
    });

    とかするでしょ。
    そこで、$app->getをラップする関数を書いたらどうかな。

    $ROUTING = array();

    function add_get($app, $url, $func) {
    global $ROUTING;
    if (! array_key_exists($ROUTING[$url])) {
    $ROUTING[$url'] = array();
    }
    $ROUTING[$url'][] = "GET";
    $app->get($url, $func);
    }

    add_post, add_putなども同じように定義して、

    add_get($app, '/hello/:name', function($name){
    echo 'Hello, ', $name;
    });

    こういう風に使えば、$ROUTINGを見れば、あなたのしたいことができるのでは?

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.78%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る