質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.46%

  • Ruby on Rails

    9091questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

【Rails】N+1に苦しんでいます。

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 514
退会済みユーザー

退会済みユーザー

 前提

モデル図

過去の関連質問
teratail --【Rails】クックパッド料理教室のようなモデル関連付け

 したいこと...。

user.entrieseachで1つずつブロック変数entryに取り出し、

entry → event_date → event → host みたく遡り

host.nameを出力する過程でn+1問題が起きているようです。
(もっと優れた方法もきっとあるかもしれません...。)

 コントローラ

def show
    @entries = current_user.entries
end

 ビュー

thead
    tr
        th #{fa_icon 'calendar-o' ,class:'fa-fw'}日程
        th #{fa_icon 'clock-o'    ,class:'fa-fw'}時間
        th #{fa_icon 'circle-o'   ,class:'fa-fw'}イベント
        th #{fa_icon 'building-o' ,class:'fa-fw'}ホスト
tbody
    - @entries.each do |entry|
        tr
            - @event = entry.event_date.event
            - @host =  @event.host
            td #{entry.event_date.date.strftime("%m/%d")} 
            td #{entry.event_date.time.strftime("%H時%M分")}〜
            td #{@event.title}
            td #{@host.name}  

 モデル

下記はuser.rbです。

class User < ApplicationRecord
    has_many :entries     ,dependent: :destroy
    has_many :event_dates ,through:   :entries
    has_many :events      ,through:   :event_dates
    has_many :hosts       ,through:   :events

下記はentry.rbです。

class Entry < ApplicationRecord
    belongs_to :event_date, counter_cache:true
    belongs_to :user

下記はevent_date.rbです。

class EventDate < ApplicationRecord
    belongs_to :event   ,optional: true
    has_many   :entries ,dependent: :destroy
    has_many   :users   ,through:   :entries

下記はevent.rbです。

class Event < ApplicationRecord
    belongs_to :host
    has_many   :event_dates  ,dependent: :destroy

下記はhost.rbです。

class Host < ApplicationRecord
    has_many :events        ,dependent: :destroy
    has_many :event_dates   ,through:   :events
    has_many :entries       ,through:   :event_dates
    has_many :users         ,through:   :entries

 gem 'bulletの報告内容

gem 'bulletの報告によると、

eager loading detected Entry => [:event_date] Add to your finder: :includes => [:event_date]

...と出ますので、コントローラを以下のように変更しました。

def show
    @entries = current_user.entries.includes(:event_date)
end

その後、gem 'bulletの報告が

eager loading detected EventDate => [:event] Add to your finder: :includes => [:event]

...へ変わりましたので、試行錯誤...。

しかしわかりませんでした...。ビュー内でも色々試行錯誤しましたが、
N+1問題解決ならず。ご助力いただけると幸いです。宜しくお願いします。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

.includesにハッシュを渡すと、何段も一気にincludeできます。

 current_user.entries.includes(event_date: { event: :user })

なお、そらで書いたので、単数形複数形など間違いがあるかもしれません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/07/10 20:30

    maisumakunさんのおかげで、
    無事にN+1問題を解決することができました。
    ハッシュを渡せるとは存じあげませんでした。
    まだまだ精進しなければいけないですね。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.46%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    9091questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。