質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Laravel 6

Laravel 6は、オープンソースなPHPのフレームワーク。Webアプリケーションの開発に適しており、バージョン6はLTSです。5.8での向上に加えて、セマンティックバージョニングの採用やLaravel Vaporとのコンパチビリティなどが変更されています。

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

phpMyAdmin

phpMyAdminはオープンソースで、PHPで書かれたウェブベースのMySQL管理ツールのことです。

解決済

Laravelでのフリーマーケットサイトのプロフィール画面の画像更新のエラーについて

takigawa777
takigawa777

総合スコア21

Laravel 6

Laravel 6は、オープンソースなPHPのフレームワーク。Webアプリケーションの開発に適しており、バージョン6はLTSです。5.8での向上に加えて、セマンティックバージョニングの採用やLaravel Vaporとのコンパチビリティなどが変更されています。

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

phpMyAdmin

phpMyAdminはオープンソースで、PHPで書かれたウェブベースのMySQL管理ツールのことです。

1回答

0グッド

0クリップ

346閲覧

投稿2022/11/08 09:08

前提

Laravelにてフリーマーケットサイトを作成しています。
プロフィール画面に飛んだ際に、ログインしたユーザーのプロフィール情報が表示されるようにしているのですが、プロフィールに設定できる画像をPCに保存している画像から選択し、更新を押したら変更されるはずがエラーが出てしまいます。
回答するに至って不足しているコードがあればご指摘ください。

実現したいこと

上記の更新を押した際にエラーが出ずに画像が変更または新しく設定できるようにしたいです。

発生している問題・エラーメッセージ

Undefined variable: path パスが未定義という事は読み取れたのですが、それをコントローラー内のどこに書いて定義すれば良いかが自力では分かりません。

該当のソースコード

ルーティング

web.php <?php /* |-------------------------------------------------------------------------- | Web Routes |-------------------------------------------------------------------------- | | Here is where you can register web routes for your application. These | routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which | contains the "web" middleware group. Now create something great! | */ Auth::routes(); Route::get('/', function () { return view('layouts.top'); }); // お気に入り一覧 Route::resource('likes', 'LikesController')->only([ 'index', 'store', 'destroy' ]); Route::resource('items', 'ItemsController'); Route::resource('profile', 'ProfileController')->only([ 'store', 'destroy' ]); //Route::get('users/{user}/exhibitions', 'UserController'); Route::get('items/create', 'ItemsController@create'); Route::post('items', 'ItemsController@store'); Route::get('/profile/{id}/edit', 'ProfileController@edit')->name('profile.edit'); Route::patch('/profile/{id}', 'ProfileController@update')->name('profile.update'); Route::get('/profile/{id}/edit_image', 'ProfileController@editImage')->name('profile.edit_image'); Route::patch('/profile/{id}/edit_image', 'ProfileController@updateImage')->name('profile.update_image'); Route::resource('profile', 'ProfileController')->only([ 'show', ]);

コントローラー

ProfileController.php(プロフィール画面のコントローラー) <?php namespace App\Http\Controllers; use Illuminate\Http\Request; use App\User; use App\Items; use App\Http\Requests\ProfileRequest; use App\Http\Requests\ProfileImageRequest; use App\Services\FileUploadService; class ProfileController extends Controller { public function __construct() { $this->middleware('auth'); } // プロフィール public function show($id) { $user = User::find($id); return view('profile.show', [ 'title' => 'プロフィール', 'user' => $user ]); } public function edit(int $id) { $user = User::find($id); return view('profile.edit',[ 'title' => 'プロフィール編集', 'user' => $user, ]); } public function update(int $id, UserRequest $request){ $user = User::find($id); $user->update($request->only(['name', 'profile'])); session()->flash('success', 'プロフィールを編集しました!'); return redirect()->route('profile.show', $id); } public function editImage($id) { $user = User::find($id); return view('profile.edit_image', [ 'title' => 'プロフィール画像変更画面', 'user' => $user, ]); } public function updateImage($id, ProfileImageRequest $request, FileUploadService $service) { //画像投稿処理 // $path = ''; // $image = $request->file('image'); // if(isset($image) === true){ // // publicディスク(storage/app/)のphotosディレクトリに保存 // $path = $image->store('photos', 'public'); // } $user = User::find($id); // 変更前の画像の削除 if($user->image !== ''){ // publicディスクから、該当の投稿画像($user->image)を削除 \Storage::disk('public')->delete(\Storage::url($user->image)); } $user->update([ 'image' => $path, //ファイル名を保存 ]); session()->flash('success', '画像を変更しました!'); return redirect()->route('profile.show', $id); } private function saveImage($image){ // 画像投稿処理 $path = ''; if(isset($image) === true ){ // publicディスク(storage/app/)のphotosディレクトリに保存 $path = $image->store('photos', 'public'); } return $path;; // 画像が存在しない場合は空文字 } // いいね追加処理 public function store(Request $request) { // } // いいね削除処理 public function destroy($id) { // } }
ItemsController(フリマ商品出品関連のコントローラー) <?php namespace App\Http\Controllers; use Illuminate\Http\Request; use App \Http\Requests\ItemsRequest; class ItemsController extends Controller { public function __construct() { $this->middleware('auth'); } public function index() { // } // 新規出品 public function create() { return view('items.create',[ 'title' => '商品を出品' ]); } public function store(ItemsRequest $request) { // 画像投稿処理 $path = $this->saveImage($request->file('image')); // $path= ''; // $image = $request->file('image'); // if(isset($image) === true ){ // // publicディスク(storage/app/public/)のphotosディレクトリに保存 // $path = $image->store('photos', 'public'); // } Items::create([ 'user' => Auth::user(), 'categories' => Category::all(), 'description' => $request->description, 'image' => $path, //ファイルパスを保存 ]); session()->flash('success', '商品を出品しました'); //return redirect()->route('users.exhibitions'); } // 購入詳細 public function show($id) { // } // 商品情報の編集 public function edit($id) { // } public function update(Request $request, $id) { // } public function destroy($id) { // } }

ビュー

show.blade.php(プロフィール画面のビュー) @extends('layouts.top') @section('content') <h1>{{ $title }}</h1> <a href="{{ route('profile.edit', Auth::user() )}}">編集</a> @if($user !== null) <div> 名前 {{ $user->name }} </div> <div> @if($user->image !== '') <img src="{{ asset('storage/' . $user->image) }}"> @else <img src="{{ asset('images/no_image.png') }}"> @endif <a href="{{ route('profile.edit_image', $user) }}">画像を変更</a> </div> <div> <span>プロフィール</span> <ul> @if($user->profile) <li>{{ $user->profile }}</li> @else <li>プロフィールが設定されていません。</li> @endif </ul> </div> @else <p>設定されていません。</p> @endif @endsection
edit_image.blade.php(画像更新画面のビュー) @extends('layouts.top') @section('content') <h1>{{ $title }}</h1> <h2>現在の画像</h2> @if($user->image !== '') <img src="{{ \Storage::url($user->image) }}"> @else 画像はありません。 @endif <form method="POST" action="{{ route('profile.update_image', $user) }}" enctype="multipart/form-data" > @csrf @method('patch') <div> <label> 画像を選択: <input type="file" name="image"> </label> </div> <input type="submit" value="更新"> </form> @endsection

試したこと

スペルミスや定義する場所を調べるなど

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Windows10 Cloud9 Laravel6_v1

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

回答1

0

ベストアンサー

php

1 2 public function updateImage($id, ProfileImageRequest $request, FileUploadService $service) 3 { 4 5 //画像投稿処理 6 // $path = ''; 7 // $image = $request->file('image'); 8 9 // if(isset($image) === true){ 10 // // publicディスク(storage/app/)のphotosディレクトリに保存 11 // $path = $image->store('photos', 'public'); 12 // } 13 14 $user = User::find($id); 15 16 // 変更前の画像の削除 17 if($user->image !== ''){ 18 // publicディスクから、該当の投稿画像($user->image)を削除 19 \Storage::disk('public')->delete(\Storage::url($user->image)); 20 } 21 22 $user->update([ 23 'image' => $path, //ファイル名を保存 // ここで唐突に $path が出てきているのでエラー 24 ]); 25 26 session()->flash('success', '画像を変更しました!'); 27 return redirect()->route('profile.show', $id); 28 }

投稿2022/11/08 09:39

phper.k

総合スコア3695

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

takigawa777

2022/11/09 05:43

回答ありがとうございます。 はい、その未定義なのに書いてしまっているpathをどこに書いて定義すれば更新作業が機能するでしょうか?
phper.k

2022/11/09 07:17

$path はローカル変数なんだから、同じメソッド内で定義すればOKです。
takigawa777

2022/11/09 07:51

ありがとうございます。ProfileControllerのpathの上に書かれているコメント化した内容を有効にしたら出来ました。

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Laravel 6

Laravel 6は、オープンソースなPHPのフレームワーク。Webアプリケーションの開発に適しており、バージョン6はLTSです。5.8での向上に加えて、セマンティックバージョニングの採用やLaravel Vaporとのコンパチビリティなどが変更されています。

Laravel

LaravelとはTaylor Otwellによって開発された、オープンソースなPHPフレームワークです。Laravelはシンプルで表現的なシンタックスを持ち合わせており、ウェブアプリケーション開発の手助けをしてくれます。

phpMyAdmin

phpMyAdminはオープンソースで、PHPで書かれたウェブベースのMySQL管理ツールのことです。