質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.21%

route53(→cloudfront)でのフェイルオーバ

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,208

ruuusaamarki

score 415

前提・実現したいこと

route53→cloudfront→ec2のような構成で
メンテナンスページを表示させたく(フェイルオーバー)
調べていたのですが
解決に至らずこちらに参りました。

ページに表示されているもの

サーバ(Nginx)を停止、cloudfrontをDisabledに設定して
アクセスすると数時間cloudfrontのキャッシュが返され
そのあとは「このサイトにアクセスできません
Example.comのサーバのDNSアドレスが見つかりませんでした。」
と表示されています。

設定した項目

【Route53】
name:www.example.com
Type:A-IPv4 address
Alias: Yes
Alias Target:xxxxxxx.cloudfront.net.
Routing Policy:Failover
Failover Record Type: Primary
Evaluate Target Health:No
Associate with Health Check:Yes
Health Check to Associate: health_check_lissen

name:example.com
Type:A-IPv4 address
Alias: Yes
Alias Target:s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com.
Routing Policy:Failover
Failover Record Type: Secondary
Evaluate Target Health:No
Associate with Health Check:No

【health check(route53)】
Name:health_check_lissen
IP address:EC2に紐づいているElastic IP
Host name:example.com
Port *: 80
Path: mente.html (s3に置いているメンテ用html)

試したこと

Route53でフェイルオーバーできれば
そのほうがいいと考えていましたが
CloudFront DistributionsのError Pagesも設定してみました。
HTTP Error Code:403
Error Caching Minimum TTL:300
Customize Error Response:Yes
Response Page Path:/example.com/mente.html (S3においてあるディレクトリ/ファイル)
HTTP Response Code:503

cloudfrontは有効にし、サーバを落とした状態でサイトにアクセスすると
以下のエラーが表示され、コンソールには403エラーと出ています。

ERROR

The request could not be satisfied.

Bad request. 
Generated by cloudfront (CloudFront)

疑問点

・設定の間違い部分、確認が必要そうな部分などご教授いただけましたら幸いです。
・今回route53以下のcloudfront、その先のec2などが落ちた場合も
mente.htmlに飛ばしたいと考えていたのですがそのような構成は実現可能でしょうか。
・その他おすすめの方法などありましたらアドバイスいただけたら嬉しいです。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

単に記載ミスなのだと思いますが、Route 53 の設定で、Primary は「name:www.example.com」、Secondry は「name:example.com」と違っているので、合わせる必要があると思います。

また、質問文のヘルスチェックの設定ですと、Route 53 から定期的に http://EC2に紐づいているElastic IP/mente.html にアクセスし、応答コードが 200 など条件を満たす場合に Healthy となります。

Path: mente.html (s3に置いているメンテ用html)

S3 の Sorry ページではなく、EC2 に存在するページを設定ください。

ヘルスチェックの結果、Healthy の場合、example.com の A レコードへの問い合わせに対し、CroundFront の A レコードを返します。

Unhealthy の場合、S3 の "example.com" バケット(example.com.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com)の A レコードを返します。
クライアントは http://(example.com.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com の A レコード)/ にアクセスしますので、"example.com" バケットの website hosting の設定で、インデックスドキュメントに mente.html を設定しておきます。

今回route53以下のcloudfront、その先のec2などが落ちた場合もmente.htmlに飛ばしたいと考えていたのですがそのような構成は実現可能でしょうか。

ヘルスチェックの "Want to monitor" が "Endpoint" の場合、IPアドレスしか設定できないので、CroudFront 経由のチェックはできなさそうです。
"Want to monitor" には "State of CloudWatch alarm" を選ぶことができるので、もし、CloudWatch で CroudFront の障害を検知できるのであれば、組み合わせでできるかもしれません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/09/01 15:23

    当方の知識不足で検証するのに時間がかかり申し訳ありません。

    ご提示いただきました情報を参考にさせていただき
    以下のように設定することで解決することができました。

    route53にてのフェイルオーバーで実行
    上記設定した項目の部分をname:www.example.comに変更
    helth checkのpathを空欄に
    (ここは判別をするパスを設定するとのこと
    つまり、/check.htmlというパスの死活をチェックしたい場合に設定する)

    さらにもう一つAレコードを立てexample.comをs3に紐づける形で設定
    これはwwwありにURLを統一する処理をs3のリダイレクト機能を使って設定しているため。

    このような設定で考えていたような動きを達成することができました。

    AWSの機能をいろいろ連携させ、さらに設定項目も多くいろいろなやり方ができるので
    まだまだ理解が十分ではありませんが、今回アドバイスをいただいたことで
    少しだけ理解が進んだと思います。ありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.21%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる