質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • Swift

    8416questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • API

    1746questions

    APIはApplication Programming Interfaceの略です。APIはプログラムにリクエストされるサービスがどのように動作するかを、デベロッパーが定めたものです。

Swift3でSwiftyJSONとAlamofireを用いてAPI通信によって天気し、特定の画像を画面に表示させたい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 583

TaigaMikami

score 10

前提・実現したいこと

天気APIで天気情報を取得したときに、天気によってImageViewの画像を更新したい。
天気APIで天気を取得することはできています。

発生している問題・エラーメッセージ

下記のWeatherViewControllerでのコメントとなっているボタンActionのcheckButtonTappedを使用するとImageViewの画像の更新は行えるが、ボタンを使用せず、Viewのロードで画像の更新をしようと考え、checkWeather()に置き換えてみると画像が更新されません。

該当のソースコード

import UIKit

class WeatherViewController: UIViewController {

    @IBOutlet weak var weatherImage: UIImageView!
    @IBOutlet weak var tempLabel: UILabel!

    // APIリクエストや、レスポンスデータを利用するためのクラスのインスタンス
    let dataManager = WeatherDataManager()

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view.

        // ここでAPIリクエストを行う
        self.dataManager.dataRequest()

        checkWeather()
    }



    // MARK: Functions
    func checkWeather() {
        // お天気APIの返却値によって画像を変更する条件式
        if dataManager.weatherData?.weather == "Clouds" {
            // 曇
            weatherImage.image = UIImage(named: "cloud")
        } else if dataManager.weatherData?.weather == "Clear" {
            // 晴れ
            weatherImage.image = UIImage(named: "sunny")
        } else if dataManager.weatherData?.weather == "Rain" {
            // 雨
            weatherImage.image = UIImage(named: "rain")
        }

        // 気温ラベルに気温をセット
        tempLabel.text = dataManager.weatherData?.temp.description

        print("in!in!in!") //関数が実行されているかの確認
    }


    // MARK: Action
    // あとで消す
    @IBAction func backAlarmPage (_sender: AnyObject){
        //現在のシーンを閉じてアラーム設定ページに戻る
        self.dismiss(animated: true, completion: nil)
    }

    // あとで消す
//    @IBAction func checkButtonTapped(_ sender: Any) {
//        // お天気APIの返却値によって画像を変更する条件式
//        if dataManager.weatherData?.weather == "Clouds" {
//            // 曇
//            weatherImage.image = UIImage(named: "cloud")
//        } else if dataManager.weatherData?.weather == "Clear" {
//            // 晴れ
//            weatherImage.image = UIImage(named: "sunny")
//        } else if dataManager.weatherData?.weather == "Rain" {
//            // 雨
//            weatherImage.image = UIImage(named: "rain")
//        }
//        
//        // 気温ラベルに気温をセット
//        tempLabel.text = dataManager.weatherData?.temp.description
//        // ボタンを隠す
//        self.checkButton.isHidden = true
//    }


    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.

    }

}
import Foundation


// 必要なフレームワークをインポートする
import Alamofire
import SwiftyJSON

// AlamofireによるAPI通信を管理
class WeatherDataManager: NSObject{

    // レスポンスデータをパースするモデルクラスのインスタンスを格納すプロパティ
    var weatherData: WeatherDataModel?

    // リクエストするurl
    let url = "http://api.openweathermap.org/data/2.5/forecast?units=metric&q=Tokyo&APPID=2ec06eb3d8b93310aa2773a10f1dafe4"

    // APIリクエストを実行する
    func dataRequest() {

        // AlamofireによるAPI通信
        Alamofire.request(url).responseJSON { response in
            switch response.result {

            case .success(let value):
                // 通信成功時の処理
                // レスポンスデータをJSON型に変換する
                // これはSwiftyJSONのルール
                let json = JSON(value)
                // JSONデータを引数に渡してモデルクラスのインスタンスを生成
                self.weatherData = WeatherDataModel(data: json)
                // デバッグ用のログ出力を行う
                print(value)

            case .failure(let error):
                // 通信失敗時の処理
                // ログ出力だけ
                print(error)
            }
        }
    }
}
import Foundation

// 必要なフレームワークをインポートする
import SwiftyJSON

class WeatherDataModel: NSObject{

    // 今日の天気(晴れ、雨etc)を格納するプロパティ
    var weather: String = ""

    // 気温を格納するプロパティ
    var temp: Int = 0

    //weatherDataManagerクラスから初期化される
    init?(data: JSON){

        //引数で渡ったJSONデータをここでパースする
        //パース:JSONデータをプロジェクト内で使えるようにする
        //今日の天気データを取得して変数に格納する
        self.weather = data["list"][0]["weather"][0]["main"].stringValue
        self.temp = data["list"][0]["main"]["temp"].intValue
    }
}

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

Xcode8.3.1,Swift3

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

更新されないのは、Alamofire.request(url).responseJSON が非同期処理で、checkWeather()が呼ばれるときには未だ通信が終わっていないからです。
checkWeather()の直後にprint("hogehoge")でもして確かめてみてください。

解決策としてはWeatherDataManagerWeatherViewControllerへの参照をもたせ、通信が終わったらcheckWeather()を呼んでやればいいかと思います

追記:
適当ですが、こんな感じでしょうか

class WeatherDataManager: NSObject{
    var delegate: WeatherViewController?
    ....
            delegate?.checkWeather()
            print(value)
override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        self.dataManager.delegate = self
}

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/05/14 17:38 編集

    回答ありがとうございます。

    「checkWeather()」の直後に「print("hogehoge")」挿入し確認してみるとhogehogeの表示を確認できましたが、JSONのデバッグログより先に出力していました。これが「checkWeather()」が呼ばれるときにはまだ通信が終わってないと言うことで合っていますか?

    また、「WeatherDataManager」に「WeatherViewController」への参照をもたせるとは具体的に何をすればよいか教えていただければ嬉しいです。

    キャンセル

  • 2017/05/14 17:54 編集

    > まだ通信が終わってないと言うことで合っていますか?
    あっています。

    > 具体的に何をすればよいか教えていただければ嬉しいです。
    追記しました

    キャンセル

  • 2017/05/14 18:01

    回答ありがとうございます。

    お手数おかけしてすみません。理想通りの動作が確認できました。
    本当にありがとうございます。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    8416questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • API

    1746questions

    APIはApplication Programming Interfaceの略です。APIはプログラムにリクエストされるサービスがどのように動作するかを、デベロッパーが定めたものです。

  • トップ
  • APIに関する質問
  • Swift3でSwiftyJSONとAlamofireを用いてAPI通信によって天気し、特定の画像を画面に表示させたい