質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.40%

  • Android

    6867questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

初めての人のためのRecyclerView実装サンプルコード探しています

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,405

usb

score 8

AndroidStudio2.3.1で、縦方向のリスト形式で画像(アイコン)とテキストが、表示されるようなアプリを
作ろうと考えていますが、実際に作る前にRecyclerViewの使い方を、調べています。
初めてRecyclerViewでリストを、実装する場合でも、理解しやすいサンプルコードは、どこかにあるでしょうか?

例えばgithub.comで「RecyclerView」検索すると沢山検索されるので、どれが良いのか迷っています。
https://github.com/search?utf8=%E2%9C%93&q=RecyclerView&type=Repositories

候補1 Android-RecyclerView-Demo
https://github.com/java-lang-programming/Android-RecyclerView-Demo

候補2 android-RecyclerView
https://github.com/googlesamples/android-RecyclerView

候補3 Paginate
https://github.com/MarkoMilos/Paginate

動かしながら調べたいので、ダウンロードしてAndroidStudioでビルド可能なRecyclerViewサンプルコードを
紹介して頂けると助かります。

宜しくお願い致します。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

+1

自己解決しました。

Android RecyclerView Sample
https://github.com/googlesamples/android-RecyclerView

ダウンロードしたコード(java)やレイアウト(XML)から「メニュー」「ログ表示」「ラジオボタン」などに関する部分を、全て削除しました。
(ファイルrecycler_view_frag.xmlとtext_row_item.xmlは、そのまま使う)

シンプルなRecyclerViewのサンプルコードが、出来ました。
修正したコードは、下記のようになりました。

MainActivity.java

/*
* Copyright (C) 2014 The Android Open Source Project
* Licensed under the Apache License, Version 2.0 http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
* これはサンプルですが、元になったコードのライセンスに従います。
*/

package com.example.android.recyclerview;

import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.FragmentActivity;
import android.support.v4.app.FragmentTransaction;

public class MainActivity extends FragmentActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        if (savedInstanceState == null) {
            FragmentTransaction transaction = getSupportFragmentManager().beginTransaction();
            RecyclerViewFragment fragment = new RecyclerViewFragment();
            transaction.replace(R.id.sample_content_fragment, fragment);
            transaction.commit();
        }
    }

}


RecyclerViewFragment.java

/*
* Copyright (C) 2014 The Android Open Source Project
* Licensed under the Apache License, Version 2.0 http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
* これはサンプルですが、元になったコードのライセンスに従います。
*/

package com.example.android.recyclerview;

import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.Fragment;
import android.support.v7.widget.LinearLayoutManager;
import android.support.v7.widget.RecyclerView;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;

/*
 * Demonstrates the use of (RecyclerView) with a (LinearLayoutManager) and a
 */
public class RecyclerViewFragment extends Fragment {
    private final static String TAG = RecyclerViewFragment.class.getSimpleName();

    private static final int DATASET_COUNT = 60;

    protected RecyclerView mRecyclerView;
    protected CustomAdapter mAdapter;
    protected RecyclerView.LayoutManager mLayoutManager;
    protected String[] mDataset;

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);

        // Initialize dataset, this data would usually come from a local content provider or
        // remote server.
        initDataset();
    }

    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container,
            Bundle savedInstanceState) {
        View rootView = inflater.inflate(R.layout.recycler_view_frag, container, false);
        rootView.setTag(TAG);

        mRecyclerView = (RecyclerView) rootView.findViewById(R.id.recyclerView);

        // LinearLayoutManager is used here, this will layout the elements in a similar fashion
        // to the way ListView would layout elements. The RecyclerView.LayoutManager defines how
        // elements are laid out.
        mLayoutManager = new LinearLayoutManager(getActivity());

        int scrollPosition = 0;

        // If a layout manager has already been set, get current scroll position.
        if (mRecyclerView.getLayoutManager() != null) {
            scrollPosition = ((LinearLayoutManager) mRecyclerView.getLayoutManager())
                    .findFirstCompletelyVisibleItemPosition();
        }

        mLayoutManager = new LinearLayoutManager(getActivity());
        mRecyclerView.setLayoutManager(mLayoutManager);
        mRecyclerView.scrollToPosition(scrollPosition);

        mAdapter = new CustomAdapter(mDataset);
        // Set CustomAdapter as the adapter for RecyclerView.
        mRecyclerView.setAdapter(mAdapter);

        return rootView;
    }

    @Override
    public void onSaveInstanceState(Bundle savedInstanceState) {
        super.onSaveInstanceState(savedInstanceState);
    }

    /**
     * Generates Strings for RecyclerView's adapter. This data would usually come
     * from a local content provider or remote server.
     */
    private void initDataset() {
        mDataset = new String[DATASET_COUNT];
        for (int i = 0; i < DATASET_COUNT; i++) {
            mDataset[i] = "This is element #" + i;
        }
    }
}


CustomAdapter.java

/*
* Copyright (C) 2014 The Android Open Source Project
* Licensed under the Apache License, Version 2.0
* http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
* これはサンプルですが、元になったコードのライセンスに従います。
*/

package com.example.android.recyclerview;

import android.support.v7.widget.RecyclerView;
import android.util.Log;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.TextView;

/*
 * Provide views to RecyclerView with data from mDataSet.
 */
public class CustomAdapter extends RecyclerView.Adapter<CustomAdapter.ViewHolder> {
    private final static String TAG = CustomAdapter.class.getSimpleName();

    private String[] mDataSet;

    /*
     * Provide a reference to the type of views that you are using (custom ViewHolder)
     */
    public static class ViewHolder extends RecyclerView.ViewHolder {
        private final TextView textView;

        public ViewHolder(View v) {
            super(v);
            // Define click listener for the ViewHolder's View.
            v.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
                @Override
                public void onClick(View v) {
                    Log.d(TAG, "Element " + getAdapterPosition() + " clicked.");
                }
            });
            textView = (TextView) v.findViewById(R.id.textView);
        }

        public TextView getTextView() {
            return textView;
        }
    }

    /*
     * Initialize the dataset of the Adapter.
     * dataSet String[] containing the data to populate views to be used by RecyclerView.
     */
    public CustomAdapter(String[] dataSet) {
        mDataSet = dataSet;
    }

    // Create new views (invoked by the layout manager)
    @Override
    public ViewHolder onCreateViewHolder(ViewGroup viewGroup, int viewType) {
        // Create a new view.
        View v = LayoutInflater.from(viewGroup.getContext())
                .inflate(R.layout.text_row_item, viewGroup, false);

        return new ViewHolder(v);
    }

    // Replace the contents of a view (invoked by the layout manager)
    @Override
    public void onBindViewHolder(ViewHolder viewHolder, final int position) {
        Log.d(TAG, "Element " + position + " set.");

        // Get element from your dataset at this position and replace the contents of the view
        // with that element
        viewHolder.getTextView().setText(mDataSet[position]);
    }

    // Return the size of your dataset (invoked by the layout manager)
    @Override
    public int getItemCount() {
        return mDataSet.length;
    }
}


activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:orientation="vertical"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:id="@+id/sample_main_layout">

    <FrameLayout
        android:id="@+id/sample_content_fragment"
        android:layout_weight="2"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="0px" />

</LinearLayout>


サンプルの実行結果。
イメージ説明

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.40%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Android

    6867questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。