質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.52%

  • VB.NET

    918questions

    Microsoft Visual Basic .NETのことで、Microsoft Visual Basic(VB6)の後継。 .NET環境向けのプログラムを開発することができます。 現在のVB.NETでは、.NET Frameworkを利用して開発を行うことが可能です。

KeyPressイベントで↓(32)が取得できない

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,353

VB_Beginner

score 13

    'リターンキーが押下された時に検索処理を呼ぶ処理
    Private Sub ShohinCode_KeyPress(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.KeyPressEventArgs) Handles TokuiSakiCode.KeyPress
        Console.WriteLine(e.KeyChar)
        If e.KeyChar = Chr(13) Then
            searchItemByCode()
        End If
    End Sub

上記コードは正常に動作します。
リターンキーの他に↓キー(コードは40)を入力されても動作するように
'リターンキーが押下された時に検索処理を呼ぶ処理

    Private Sub ShohinCode_KeyPress(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.KeyPressEventArgs) Handles TokuiSakiCode.KeyPress
        Console.WriteLine(e.KeyChar)
        If e.KeyChar = Chr(13) Or e.KeyChar = Chr(40) Then
            searchItemByCode()
        End If
    End Sub


と書き換えると、リターンキーは拾うのですが↓キーは拾ってくれません。
これをスペースキー(コードは32)に書き換えると

        If e.KeyChar = Chr(13) Or e.KeyChar = Chr(32) Then


スペースキーは拾って処理をしてくれます。

↓に反応させる方法をご存知の方、ご教授願えませんでしょうか。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+1

下記の様にPreviewKeyDownイベントを拾うのは如何でしょうか?

Private Sub test_KeyPress(ByVal sender As Object, ByVal e As PreviewKeyDownEventArgs) Handles test.PreviewKeyDown
    If e.KeyCode = Keys.Down Or e.KeyCode = Keys.Enter Then
        MsgBox("押された")
    End If
End Sub

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/04/11 16:24

    ソースコードまで記載いただきありがとうございました。
    まさしく期待通りの動作を得ることができました。
    ありがとうございました!

    キャンセル

+1

KeyPressイベントは文字のキーが押された時のみ発生するようです。
https://dobon.net/vb/dotnet/control/keyevent.html#section7
KeyDownなど別のイベントを使用してみてください。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/04/11 16:21

    参照されたドボン拝見させていただきました。相変わらずあそこは情報の宝庫ですね。
    「コントロールによっては、矢印、Tab、Enter、Escキーなどが押されてもキーイベントが発生しません。」
    すっかり見逃していました。
    ご指摘ありがとうございました!

    キャンセル

  • 2017/04/11 16:24

    ドボンの方がわかりやすいと思いそちらを紹介させていただきましたが、公式マニュアルにも書いてありますので、そちらも参照してくださいね。
    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.forms.control.keypress(v=vs.110).aspx
    The KeyPress event is not raised by non-character keys other than space and backspace; however, the non-character keys do raise the KeyDown and KeyUp events.

    キャンセル

  • 2017/04/11 16:27

    追記ありがとうございます。
    よくよく読まないと正しい情報が得られませんね。
    もちろん、こちらに質問する前にgoogleでシチュエーションの検索をしているのですが
    なかなかコレ!といった記載がなかったもので(わりとドボンで引っかかるのですが・・・)
    いずれにせよ、感謝いたします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.52%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • VB.NET

    918questions

    Microsoft Visual Basic .NETのことで、Microsoft Visual Basic(VB6)の後継。 .NET環境向けのプログラムを開発することができます。 現在のVB.NETでは、.NET Frameworkを利用して開発を行うことが可能です。