質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.51%

  • JavaScript

    16477questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • React.js

    835questions

    Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

  • webpack

    241questions

Webpackでコンパイル時に.scssや.jsx等のファイルがコピーされてしまう

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 949

chieeeeno

score 190

前提・実現したいこと

Webpack1.14.0でアップロード用のcss、jsファイルを生成する時に、
生成元の.scssファイルや.jsx等の不要なファイルがdistディレクトリにコピーされてしまうので、
それらをコピーしないようにしたい。

発生している問題・エラーメッセージ

Webpackでコンパイル時にscssファイルやjsxファイルなどの不要なファイルがdistディレクトリにコピーされる

該当のソースコード

webpack.config.prod.js

var autoprefixer = require('autoprefixer');
var webpack = require('webpack');
var HtmlWebpackPlugin = require('html-webpack-plugin');
var ExtractTextPlugin = require('extract-text-webpack-plugin');
var ManifestPlugin = require('webpack-manifest-plugin');
var InterpolateHtmlPlugin = require('react-dev-utils/InterpolateHtmlPlugin');
var url = require('url');
var paths = require('./paths');
var getClientEnvironment = require('./env');
var SWPrecacheWebpackPlugin = require('sw-precache-webpack-plugin');

const strips = [
  // 'console.log',
  // 'console.info',
  'console.warn',
  'console.error',
  'console.assert',
].map(strip => `strip[]=${strip}`).join(',');


function ensureSlash(path, needsSlash) {
  var hasSlash = path.endsWith('/');
  if (hasSlash && !needsSlash) {
    return path.substr(path, path.length - 1);
  } else if (!hasSlash && needsSlash) {
    return path + '/';
  } else {
    return path;
  }
}


var homepagePath = require(paths.appPackageJson).homepage;
var homepagePathname = homepagePath ? url.parse(homepagePath).pathname : '/';

var publicPath = ensureSlash(homepagePathname, false);

var publicUrl = ensureSlash(homepagePathname, false);

var env = getClientEnvironment(publicUrl);

if (env['process.env'].NODE_ENV !== '"production"') {
  throw new Error('Production builds must have NODE_ENV=production.');
}

// This is the production configuration.
// It compiles slowly and is focused on producing a fast and minimal bundle.
// The development configuration is different and lives in a separate file.
module.exports = {
  context: __dirname,
  // Don't attempt to continue if there are any errors.
  bail: true,
  // We generate sourcemaps in production. This is slow but gives good results.
  // You can exclude the *.map files from the build during deployment.
  // devtool: 'source-map',
  // In production, we only want to load the polyfills and the app code.
  entry: [
    require.resolve('./polyfills'),
    paths.appIndexJs
  ],
  output: {
    // The build folder.
    path: paths.appBuild,

    filename: 'js/[name].[chunkhash:8].js',
    chunkFilename: 'js/[name].[chunkhash:8].chunk.js',
    // We inferred the "public path" (such as / or /my-project) from homepage.
    publicPath: publicPath
  },
  resolve: {

    fallback: paths.nodePaths,
    extensions: ['.js', '.json', '.jsx', ''],
    alias: {
      'react-native': 'react-native-web'
    }
  },

  module: {
    // First, run the linter.
    // It's important to do this before Babel processes the JS.
    preLoaders: [
      {
        test: /\.(js|jsx)$/,
        loader: 'eslint',
        include: paths.appSrc
      }
    ],
    loaders: [
      {
        exclude: [
          /\.html$/,
          /\.(js|jsx)$/,
          /\.css$/,
          /\.(scss|sass)$/,
          /\.json$/,
          /\.(gif|png|jpg|jpeg)$/,
          /\.svg$/
        ],
        loader: 'url',
        query: {
          limit: 10000,
          name: 'static/media/[name].[hash:8].[ext]'
        }
      },
      // Process JS with Babel.
      {
        test: /\.(js|jsx)$/,
        include: paths.appSrc,
        loader: 'babel',
        query: {
          cacheDirectory: true,
          plugins: ['transform-decorators-legacy' ],
          presets: ['es2015', 'stage-0', 'react']
        }
      },
      {
        test: /\.(js|jsx)$/,
        exclude: /node_modules/,
        loaders: [...([`strip?${strips}`])],
      },
      {
        test: /\.(gif|png|jpg|jpeg|svg)$/,
        loader: 'file',
        query: {
          limit: 10000,
          name: '../img/[name].[ext]'
        }
      },
      {
        test: /\.css$/,
        loader: ExtractTextPlugin.extract('style', 'css?importLoaders=1!postcss')
        // Note: this won't work without `new ExtractTextPlugin()` in `plugins`.
      },
      {
        test: /\.scss|sass$/,
        loader: ExtractTextPlugin.extract('style', 'css-loader!sass-loader')
        // Note: this won't work without `new ExtractTextPlugin()` in `plugins`.
      },
      // JSON is not enabled by default in Webpack but both Node and Browserify
      // allow it implicitly so we also enable it.
      {
        test: /\.json$/,
        loader: 'json'
      }
    ]
  },

  // We use PostCSS for autoprefixing only.
  postcss: function() {
    return [
      autoprefixer({
        browsers: [
          "android > 4",
          "iOS > 9",
          "last 6 versions"
        ]
      }),
    ];
  },
  plugins: [
    // Makes the public URL available as %PUBLIC_URL% in index.html, e.g.:
    // <link rel="shortcut icon" href="%PUBLIC_URL%/favicon.ico">
    // In production, it will be an empty string unless you specify "homepage"
    // in `package.json`, in which case it will be the pathname of that URL.
    new InterpolateHtmlPlugin({
      PUBLIC_URL: publicUrl
    }),
    // Generates an `index.html` file with the <script> injected.
    new HtmlWebpackPlugin({
      inject: true,
      template: paths.appHtml,
      minify: {
        // sortAttributes:true,
        // sortClassName:true,
        removeComments: true,
        collapseWhitespace: true,
        removeRedundantAttributes: true,
        useShortDoctype: true,
        removeEmptyAttributes: true,
        removeStyleLinkTypeAttributes: true,
        keepClosingSlash: true,
        minifyJS: true,
        minifyCSS: true,
        minifyURLs: true
      }
    }),


    new webpack.DefinePlugin(env),
    // This helps ensure the builds are consistent if source hasn't changed:
    new webpack.optimize.OccurrenceOrderPlugin(),
    // Try to dedupe duplicated modules, if any:
    new webpack.optimize.DedupePlugin(),
    // Minify the code.
    new webpack.optimize.UglifyJsPlugin({
      compress: {
        screw_ie8: true, // React doesn't support IE8
        warnings: false
      },
      mangle: {
        screw_ie8: true
      },
      output: {
        comments: false,
        screw_ie8: true
      }
    }),
    // Note: this won't work without ExtractTextPlugin.extract(..) in `loaders`.
    new ExtractTextPlugin('css/[name].[contenthash:8].css'),
    // Generate a manifest file which contains a mapping of all asset filenames
    // to their corresponding output file so that tools can pick it up without
    // having to parse `index.html`.
    new ManifestPlugin({
      fileName: 'asset-manifest.json'
    }),
    new SWPrecacheWebpackPlugin(
      {
        cacheId: 'XXXXXXXXXX',
        filename: 'sw.js',
        maximumFileSizeToCacheInBytes: 4194304,
        minify: false,
        staticFileGlobs: [
          '**.html',
          'asset-manifest.json',
          'css/**.*',
          'img/**/*',
          'js/**/*'
        ],
        runtimeCaching: [{
          handler: 'cacheFirst',
          urlPattern: /\.(gif|png|jpg|jpeg|svg)$/,
        }],
      }
    )
  ],
  // Some libraries import Node modules but don't use them in the browser.
  // Tell Webpack to provide empty mocks for them so importing them works.
  node: {
    fs: 'empty',
    net: 'empty',
    tls: 'empty'
  }
};

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

作成時にベースとしたファイルは、
create-react-appで作成した雛形から、npm run ejectして生成されたconfigファイルをベースとして作成しており、
sass-loader、sw-precacheなど、標準で入っていなかったものを追記しております。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

"scssファイルやjsxファイルなどの不要なファイル"という部分から、下のくだりが本当に適用されているのかどうかが気になります。

      {
        exclude: [
          /\.html$/,
          /\.(js|jsx)$/,
          /\.css$/,
          /\.(scss|sass)$/,
          /\.json$/,
          /\.(gif|png|jpg|jpeg)$/,
          /\.svg$/
        ],
        loader: 'url',
        query: {
          limit: 10000,
          name: 'static/media/[name].[hash:8].[ext]'
        }
      },

一旦このくだりをはずして実行した時も、その不要なファイルとやらが吐かれるのかどうか。
(excludeでなくtestで定義するのでない?)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.51%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    16477questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • React.js

    835questions

    Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

  • webpack

    241questions