質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • Swift

    7714questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

AppDelegateでアプリが固まってしまう

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,706
退会済みユーザー

退会済みユーザー

AppDelegateでアプリが固まってしまいます。
今、カメラアクセスと写真のアップロード部分を作っていて、それが実機でできません。 
Xcodeから自分のiPhoneでアプリを起動したのですが  
Camera access ボタンとPhoto upload ボタンは自分のiPhoneで表示されたのですが  
それらは押せるだけしか機能がありません。Camera access ボタンを押したら、iPhone(実機)のカメラが開いて写真が撮れて、撮った写真をアプリに表示させたいです。Photo upload ボタンを押したら、iPhone(実機)のカメラロールが開き元からある写真の中から一枚を選べ、選択した写真をアプリに表示させたいです。 
実機で立ち上げ、両方のボタンを押すと
AppDelegate.swiftの

class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {


の部分でエラーが出て(多分No signboardと)固まって動かなくなります。

コントローラには

import UIKit

class SendController:UIViewController,
UINavigationControllerDelegate,UIImagePickerControllerDelegate{

    //定数
    let ButtonCamera = 0
    let ButtomRead = 1
    let ButtonWrite = 2

    //変数
    var imageView:UIImageView  = UIImageView()
    var btnCamera:UIButton = UIButton(type: .custom)
    var btnRead:UIButton  = UIButton(type: .custom)
    var btnWrite:UIButton  = UIButton(type: .custom)


    //ロード完了時に呼ばれる
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

//       //カメラボタン生成
//       self.view.addSubview(btnCamera)
//        //読み込み
//       self.view.addSubview(btnRead)
//       // イメージビューの生成
//       self.view.addSubview(imageView)

        imageView.frame = CGRect(x: 150, y: 100, width: 200, height: 200)
        imageView.contentMode = .scaleAspectFit
        view.addSubview(imageView)

        btnCamera.frame = CGRect(x: 0, y: 100, width: 100, height: 100)
        btnCamera.setTitle("Camera", for: .normal)
        btnCamera.tag = ButtonCamera
        btnCamera.addTarget(self, action: #selector(self.onClick(sender:)), for: .touchUpInside)
        btnCamera.backgroundColor = UIColor.green
        self.view.addSubview(btnCamera)

        btnRead.frame = CGRect(x: 0, y: 200, width: 100, height: 100)
        btnRead.setTitle("Read", for: .normal)
        btnRead.tag = ButtomRead
        btnRead.addTarget(self, action: #selector(self.onClick(sender:)), for: .touchUpInside)
        btnRead.backgroundColor = UIColor.red
        self.view.addSubview(btnRead)

        btnWrite.frame = CGRect(x: 0, y: 300, width: 100, height: 100)
        btnWrite.setTitle("Write", for: .normal)
        btnWrite.tag = ButtonWrite
        btnWrite.addTarget(self, action: #selector(self.onClick(sender:)), for: .touchUpInside)
        btnWrite.backgroundColor = UIColor.blue
        self.view.addSubview(btnWrite)
    }

    //ボタンクリック時に呼ばれる
    @IBAction func ButtonCamera(_ sender: Any) {
    }
    @IBAction func ButtonRead(_ sender: Any) {
    }
    func onClick(sender:UIButton){
       if sender.tag == ButtonCamera {
          openPicker(sourceType: UIImagePickerControllerSourceType.camera)
       }else if sender.tag == ButtomRead {
           openPicker(sourceType: UIImagePickerControllerSourceType.photoLibrary)
        }

    }

    //アラートの表示
    func showAlert(title: String?, text: String?) {
        let alert = UIAlertController(title: title, message: text, preferredStyle: UIAlertControllerStyle.alert)
        alert.addAction(UIAlertAction(title: "OK", style: UIAlertActionStyle.default, handler: nil))
        present(alert, animated: true, completion: nil)
    }

  //イメージピッカーのオープン
    func openPicker(sourceType:UIImagePickerControllerSourceType){
        if !UIImagePickerController.isSourceTypeAvailable(sourceType){
            showAlert(title: nil, text: "利用できません")
            return
        }

        //イメージピッカーの生成
        let picker = UIImagePickerController()
        picker.sourceType = sourceType
        picker.delegate = self

        //ビューコントローラーのビューを開く
        present(picker, animated: true, completion: nil)
           }

//   // イメージピッカーのイメージ取得時に呼ばれる
    func imagePickerController(_ picker: UIImagePickerController, didFinishPickingMediaWithInfo info: [String : Any]) {
        let image = info[UIImagePickerControllerOriginalImage]as! UIImage
        imageView.image = image
        //ビューコントローラーのビューを閉じる
        picker.presentingViewController?.dismiss(animated: true,completion:nil)
    }

//    //イメージピッカーのキャンセル取得時に呼ばれる
    func imagePickerControllerDidCancel(_ picker: UIImagePickerController) {
        picker.presentingViewController?.dismiss(animated: true, completion: nil)
    }


}


と書き
ボタンの設定などは
イメージ説明
イメージ説明

のようにしました。
AppDelegate.swiftには

import UIKit
import Alamofire

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {


    var window: UIWindow?


    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        // Override point for customization after application launch.
        return true
    }

    func applicationWillResignActive(_ application: UIApplication) {
        // Sent when the application is about to move from active to inactive state. This can occur for certain types of temporary interruptions (such as an incoming phone call or SMS message) or when the user quits the application and it begins the transition to the background state.
        // Use this method to pause ongoing tasks, disable timers, and invalidate graphics rendering callbacks. Games should use this method to pause the game.
    }

    func applicationDidEnterBackground(_ application: UIApplication) {
        // Use this method to release shared resources, save user data, invalidate timers, and store enough application state information to restore your application to its current state in case it is terminated later.
        // If your application supports background execution, this method is called instead of applicationWillTerminate: when the user quits.
    }

    func applicationWillEnterForeground(_ application: UIApplication) {
        // Called as part of the transition from the background to the active state; here you can undo many of the changes made on entering the background.
    }

    func applicationDidBecomeActive(_ application: UIApplication) {
        // Restart any tasks that were paused (or not yet started) while the application was inactive. If the application was previously in the background, optionally refresh the user interface.
    }

    func applicationWillTerminate(_ application: UIApplication) {
        // Called when the application is about to terminate. Save data if appropriate. See also applicationDidEnterBackground:.
    }


}


のように書いてあります。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

0

推測にはなりますがコードとStoryboardが繋がっていない、または一度繋げたけど関数名を書き換えた等Storyboardが絡んだ問題じゃないかと思います。
一旦接続を切って
””
それからoption + クリックでIBActionのコードと再接続してみてください。

もう一つ個人的な考えではありますがButtonの設定はStoryboardとコード両方使うよりも、Storyboardを出来るだけ使って設定した方が可読性も上がりますしトラブルが起きた時も楽になりやすいです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    7714questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています