質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.53%

  • JavaScript

    19912questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

localstrageに個別削除ボタンを付けたい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,135

tajix_japan

score 71

localstrageに収納されているデータが複数あります。

この複数のデータのそれぞれを表示させるときに、個別削除ボタンを付けたいと考えています。

下記のように<BR><input type='button' value='削除' onClick='removeItem(k)'>でremoveItem(k)を呼び出して個別削除するように作りました。

【結果】
alert("このデータを消去しました。"); は出てくるのですが、実際には消去されていません。
どこが間違っているのかご教示戴きたくお願いいたします。

<script>
var storage = localStorage;

//データを保存する
function set() {
  var k = document.getElementById("k").value;
  var v = document.getElementById("v").value;
  storage.setItem(k, v);
  show_result();
}

//データを個別クリアする
function removeItem(k) {
    storage.removeItem(k);
    alert("このデータを消去しました。");
  show_result();
}

//保存されているデータをリスト表示する
function show_result() {
  var result = "";
  //保存されているデータの数だけループ
  for(var i=0; i<storage.length; i++){
    //i番目のキーを取得
    var k = storage.key(i);

   result +="<BR><input type='button' value='削除' onClick='removeItem(k)'><BR><a href=" + storage.getItem(k) + "><table class='table table-striped table-hover '><tr class='active'><td>" + k + "</td></tr></table></a>" ;

  }
  //上のループで作成されたテキストを表示する
  document.getElementById("show_result").innerHTML = result;

}
</script>

<input type="hidden" id="get_hyoji" value="表示" onClick="set()">
</p>
<p>
<div id="show_result"></div>
</p>


<script>
document.getElementById('get_hyoji').click();
</script>
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

onclickのところですが、"onClick='removeItem(" + k + ")'のようにkを文字列の外に出して、変数として展開されるようにする必要があるかと思います。

さらに、その展開された文字列が変数名として扱われないよう、引用符で括ります。 → "onClick='removeItem(\"" + k + "\")'

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/02/25 14:18

    有難うございます。

    result +="<BR><input type='button' id='hyoji' value='削除' onClick='removeItem(\"" + k + "\")'><BR><a href=" + storage.getItem(k) + "><table class='table table-striped table-hover '><tr class='active'><td>" + k + "</td></tr></table></a>" ;

    としてみました。
    今度はalertすら出てこなくなりました。

    上記に変更した後

    //データを個別クリアする
    function removeItem(k) {
    // window.localStorage.removeItem(key);
    storage.removeItem(k);
    alert("このデータを消去しました。");
    show_result();
    }



    //データを個別クリアする
    function removeItem() {
    // window.localStorage.removeItem(key);
    storage.removeItem();
    alert("このデータを消去しました。");
    show_result();
    }

    と変更してみたのですが、やはりだめなようです。

    他になにか御座いませんでしょうか?

    よろしくお願いいたします。







    キャンセル

  • 2017/02/25 14:40

    ちゃんと動作しているようですが。
    http://codepen.io/gtk2k/pen/ryawmy?editors=1010

    キャンセル

  • 2017/02/25 17:11

    大変失礼しました。
    別の要因で動かなかったようです。
    このjavascriptそのものに問題ありませんでした。有難うございました。

    キャンセル

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    19912questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。