質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

Swift 2

Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

受付中

複数の画像から動画を作成したい

dd6
dd6

総合スコア15

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

Swift 2

Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

0回答

0グッド

0クリップ

1809閲覧

投稿2017/02/09 12:05

編集2017/02/09 13:08

###前提・実現したいこと
複数の画像から動画を作成したいと思い
https://teratail.com/questions/35404
http://dev.classmethod.jp/smartphone/iphone/ios-tips-7-movie-from-images/
を参考にコードを書いてみました。他のクラスで、UIImageの配列を生成し、パスを指定し、
// Documentsまでのパス取得
let documentsPath = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(.documentDirectory, .userDomainMask, true)[0] as String
// ファイル名
let fileName = "video.mp4"
// Documentsまでのパスにファイル名"movie.mov"を付与
let moviePath = documentsPath + fileName

//動画生成のクラスを呼び出す
let itm = ImageToMovie()
itm.create(images: targetAssets, path: moviePath)

呼びだしています。
以下のエラーメッセージが発生しました。

###発生している問題・エラーメッセージ

“Documentsvideo.mp4” couldn’t be removed. Error: videoWriter startWriting

###該当のソースコード

import Foundation import AVFoundation import UIKit class ImageToMovie: NSObject { override init() { super.init() } func create(images: [UIImage], path: String) { let fileManager = FileManager.default //ファイルを削除する do { try fileManager.removeItem(atPath: path) } catch let error as NSError { print(error.localizedDescription) } //最初の画像から動画のサイズを指定する let size:CGSize = images[0].size // let Path = NSURL.fileURL(withPath: path) guard let videoWriter = try? AVAssetWriter(outputURL: Path, fileType: AVFileTypeMPEG4) else { fatalError("AVAssetWriter error") } // AVAssetWriterInput let outputSettings = [ AVVideoCodecKey: AVVideoCodecH264, AVVideoWidthKey: size.width, AVVideoHeightKey: size.height ] as [String : Any] // let writerInput = AVAssetWriterInput(mediaType: AVMediaTypeVideo, outputSettings: outputSettings as? [String : AnyObject]) // videoWriter.add(writerInput) // AVAssetWriterInputPixelBufferAdaptor let adaptor = AVAssetWriterInputPixelBufferAdaptor( assetWriterInput: writerInput, sourcePixelBufferAttributes: [ kCVPixelBufferPixelFormatTypeKey as String: Int(kCVPixelFormatType_32ARGB), kCVPixelBufferWidthKey as String: size.width, kCVPixelBufferHeightKey as String: size.height, ] ) // writerInput.expectsMediaDataInRealTime = true // 動画の生成開始 // 生成できるか確認 if (!videoWriter.startWriting()) { // error print("Error: videoWriter startWriting") return } // 動画生成開始 videoWriter.startSession(atSourceTime: kCMTimeZero) // pixel bufferを宣言 var buffer: CVPixelBuffer? = nil // 現在のフレームカウント var frameCount = 0 // 各画像の表示する時間 let durationForEachImage = 1 // FPS let fps: __int32_t = 24 // 全画像をバッファに埋め込む for image in images { if (adaptor.assetWriterInput.isReadyForMoreMediaData) { // 動画の時間を生成(その画像の表示する時間。開始時点と表示時間を渡す) let frameTime: CMTime = CMTimeMake(Int64(__int32_t(frameCount) * __int32_t(fps) * __int32_t(durationForEachImage)), fps) // CGImageからバッファを生成 buffer = self.pixelBufferFromCGImage(image.cgImage!) // 生成したバッファを追加 if (!adaptor.append(buffer!, withPresentationTime: frameTime)) { // Error! print("Error: adaptor.appendPixelBuffer") } frameCount += 1 } } // 動画生成終了 writerInput.markAsFinished() videoWriter.endSession(atSourceTime: CMTimeMake(Int64((__int32_t(frameCount) - 1) * __int32_t(fps) * __int32_t(durationForEachImage)), fps)) videoWriter.finishWriting(completionHandler: { // Finish! print("finish! movie created.") }) } func pixelBufferFromCGImage(_ cgImage: CGImage) -> CVPixelBuffer { let options = [ kCVPixelBufferCGImageCompatibilityKey as String: true, kCVPixelBufferCGBitmapContextCompatibilityKey as String: true ] var pxBuffer: CVPixelBuffer? = nil let width = cgImage.width let height = cgImage.height CVPixelBufferCreate(kCFAllocatorDefault, width, height, kCVPixelFormatType_32ARGB, options as CFDictionary?, &pxBuffer) CVPixelBufferLockBaseAddress(pxBuffer!, CVPixelBufferLockFlags(rawValue: 0)) let pxdata = CVPixelBufferGetBaseAddress(pxBuffer!) let bitsPerComponent: size_t = 8 let bytesPerRow: size_t = 4 * width let rgbColorSpace: CGColorSpace = CGColorSpaceCreateDeviceRGB() let context = CGContext(data: pxdata, width: width, height: height, bitsPerComponent: bitsPerComponent, bytesPerRow: bytesPerRow, space: rgbColorSpace, bitmapInfo: CGImageAlphaInfo.noneSkipFirst.rawValue) context?.draw(cgImage, in: CGRect(x: 0, y: 0, width: CGFloat(width), height: CGFloat(height))) CVPixelBufferUnlockBaseAddress(pxBuffer!, CVPixelBufferLockFlags(rawValue: 0)) return pxBuffer! } }

###試したこと
参考にさせていただい内容のコードの流れを調べたのですが、AVAssetWriterやpixelBufferFromCGImageなどわからないことが多くて、どのようにしたら良いかわからずです。

###補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)
swift3 iOS10 xcode8.2.1

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

t_obara

2017/03/01 02:30

一つずつコードの内容を理解しつつ、問題を解決していけば良いと思うのですが、とりあえず出力されているエラーメッセージについて、どのような原因が想定され、どのように対応しようとしたか、その結果どうだったかなど試されたことや、ダメだった内容などをご提示されると回答が、自分でも問題の整理がつきやすいかと思います。
dd6

2017/07/26 23:40

時間がかかりましたが、いろいろ調べながらなんとか複数の画像から動画を作成ができました。アドバイスありがとうございました。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

Swift 2

Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。