質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.32%

  • JavaScript

    17546questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • Node.js

    2008questions

    Node.jsとはGoogleのV8 JavaScriptエンジンを使用しているサーバーサイドのイベント駆動型プログラムです。

  • Heroku

    951questions

    HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

  • Vue.js

    844questions

    Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

  • Browserify

    32questions

Herokuへのデプロイ時、browserifyでCan not find module となって失敗する

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 899

topo

score 222

Vue.jsを使ったクライアントサイドのアプリケーションを個人的に組んでいるのですが、最近諸々の機能追加をしたソースコードをHerokuへデプロイしようとしたところ、以下のエラーメッセージがgulpから出ました。

Cannot find module './comp/MyComponent.vue' from '/tmp/build_d491e7aeb055a2fa8d60a2b6bd7a2290/client/view/myapp/src/components/contents/

上記でCannot find moduleとなっているモジュールを参照しているVueファイル(App.vueとします)は、ローカルでは/client/view/myapp/src/components/contents/に配置してあります。

App.vue内でimport MyComp from './comp/MyComponent.vue'として利用しようとしているのですが、そこで見つからないとしてエラーにされてしまっているようです。

ローカルでも試してみたのですが、ローカルでは何の問題もなくビルドが成功してしまうため、手がかりをつかめずにいます。
リポジトリから再クローンしてからビルドを実行してみたのですが、やはりローカルでは成功してしまいます。

Heroku上でのみビルドが失敗する原因について、何か心当たりが有る方ご教授いただけないでしょうか。
開発環境はMacOSです。

以下にpackage.json、gulpfile.jsのビルドに関する部分の抜粋、gulpfileが参照しているjson、bower.jsonを記載します。
Herokuおよびローカルで試したコマンドはいずれもnpm run buildです。

package.json

{
  "name": "myapp",
  "version": "0.1.0",
  "description": "A Vue.js project",
  "author": "",
  "private": true,
  "scripts": {
    "postinstall": "bower install && npm run build",
    "watchify": "gulp watchify --env=$NODE_ENV --api=$API_URL",
    "lint:vue": "gulp lint:vue",
    "test": "karma start karma.conf.js",
    "build": "gulp build --env=$NODE_ENV --api=$API_URL",
    "gulp": "gulp --env=$NODE_ENV --api=$API_URL"
  },
  "browserify": {
    "transform": [
      "babelify",
      "debowerify",
      "vueify"
    ]
  },
  "browser": {
    "vue": "vue/dist/vue.common"
  },
  "dependencies": {
    "axios": "^0.15.3",
    "babel-core": "^6.0.0",
    "babel-plugin-transform-inline-environment-variables": "^6.8.0",
    "babel-plugin-transform-object-rest-spread": "^6.20.2",
    "babel-plugin-transform-runtime": "^6.0.0",
    "babel-preset-es2015": "^6.0.0",
    "babel-preset-stage-2": "^6.0.0",
    "babel-runtime": "^6.0.0",
    "babelify": "^7.2.0",
    "bootstrap-sass": "^3.3.7",
    "bower": "^1.8.0",
    "browserify": "^13.1.0",
    "browserify-hmr": "^0.3.1",
    "cross-env": "^2.0.0",
    "css-loader": "^0.26.1",
    "debowerify": "^1.5.0",
    "envify": "^3.4.1",
    "express": "^4.14.0",
    "gentelella": "^1.3.0",
    "gulp": "^3.9.1",
    "gulp-autoprefixer": "^3.1.1",
    "gulp-env": "^0.4.0",
    "gulp-envify": "^1.0.0",
    "gulp-sass": "^2.3.2",
    "gulp-sourcemaps": "^2.2.0",
    "gulp-uglify": "^2.0.0",
    "gulp-util": "^3.0.8",
    "gulp-vueify": "0.0.3",
    "gulp-webserver": "^0.9.1",
    "marked": "^0.3.6",
    "minimist": "^1.2.0",
    "moment": "^2.17.1",
    "node-sass": "^3.13.1",
    "uglify-js": "^2.5.0",
    "vinyl-buffer": "^1.0.0",
    "vinyl-source-stream": "^1.1.0",
    "vue": "^2.1.6",
    "vue-datepicker": "https://github.com/hilongjw/vue-datepicker.git",
    "vue-indicator": "0.0.7",
    "vue-resource": "^1.0.3",
    "vue-router": "^2.0.1",
    "vue-template-compiler": "^2.1.6",
    "vue2-timepicker": "^0.1.4",
    "vueify": "^9.4.0",
    "vuex": "^2.1.1"
  },
  "devDependencies": {
    "babel-eslint": "^7.1.1",
    "eslint": "^3.3.0",
    "eslint-config-standard": "^5.3.5",
    "eslint-config-vue": "^2.0.1",
    "eslint-plugin-html": "^1.5.2",
    "eslint-plugin-promise": "^2.0.1",
    "eslint-plugin-standard": "^2.0.0",
    "eslint-plugin-vue": "^1.0.0",
    "gulp-eslint": "^3.0.1",
    "gulp-plumber": "^1.1.0",
    "jasmine-core": "^2.4.1",
    "karma": "^1.2.0",
    "karma-browserify": "^5.1.0",
    "karma-jasmine": "^1.0.2",
    "karma-phantomjs-launcher": "^1.0.0",
    "karma-spec-reporter": "0.0.26",
    "npm-run-all": "^2.3.0",
    "phantomjs-prebuilt": "^2.1.3",
    "proxyquireify": "^3.0.1",
    "watchify": "^3.4.0"
  }
}

gulpfile.js

gulpfileではminimistを使って、引数のenvとapiをargvという変数に格納しています。

// 本番環境とローカル環境で、APIコールの向き先を変えている

var path = {
  vue: (app) => {
    return {
      src: `./client/view/${app}/src/main.js`,
      out: `./public/${app}/`
    };
  }
};
require('gulp-env')({
  vars: {
    NODE_ENV: argv.env || 'development',
    API_URL: argv.api || 'http://localhost:8080'
  }
});

var isProduction = argv.env === 'production';

gulp.task('build', [
  'build:vue',
  'build:sass',   // sassファイルのコンパイル
  'build:static'  // 画像やhtmlを公開フォルダにコピー
]);

gulp.task('build:vue', () => {
  // 公開ページと管理ページ等、複数のシングルページ用ソースをまとめてビルドする。
  // applicationsに入っているのは、各アプリ名となる文字列
  applications.forEach(function(app) {
    console.log(`build:vue:${app}`);
    rebuild(app, false);
  });
});

function rebuild(app, isWatch) {
  var browserify = require('browserify'),
      source = require('vinyl-source-stream'),
      uglify = require('gulp-uglify'),
      buffer = require('vinyl-buffer'),
      vuePath = path.vue(app), // 各アプリのパスを取得
      browserifyHmr = require('browserify-hmr'),
      b = browserify(vuePath.src, {
        paths: require('./.localmodules.json')
      });

  if(!isProduction && isWatch) {
    // watchifyは開発環境でしか使わない + インストールしない
    const watchify = require('watchify');
    b = watchify(b).plugin(browserifyHmr);
  }

  b.plugin('vueify/plugins/extract-css', { out: vuePath.out + 'build.css' })
  .on('update', () => {
    exec();
  })
  .on('error', (e) => {
    console.log(e);
  })
  .on('log', (message) => {
    console.log(message);
  });

  return exec();

  function exec(bundler) {
    if(!isProduction) {
      eslint(app); // lintチェック
    }

    (() => {
      if(!isProduction && isWatch) {
        var plumber = require('gulp-plumber');
        return b.bundle().pipe(plumber(plumberConfig(`build:vue:${app}`)));
      }
      return b.bundle();
    })().on('error', (e) => {
      util.log(util.colors.red('[Error][bundle]'), e.message);
      util.log(util.colors.red('[Error][bundle]'), e);
    })
    .pipe(source('build.js'))
    .pipe(buffer())
    .pipe(sourcemap.init())
    .pipe(uglify().on('error', function(err) {
      util.log(util.colors.red('[Error][uglify]'), err.message);
      this.emit('end');
    }))
    .pipe(sourcemap.write())
    .pipe(gulp.dest(vuePath.out));
  }
}

.localmodules.json

[
  "./node_modules",
  "./bower_components",
  "./client"
]

bower.json

{
  "name": "myapp",
  "description": "",
  "main": "",
  "license": "MIT",
  "homepage": "",
  "private": true,
  "ignore": [
    "**/.*",
    "node_modules",
    "bower_components",
    "test",
    "tests"
  ],
  "dependencies": {
    "AdminLTE": "admin-lte#^2.3.11",
    "summernote": "^0.8.2",
    "jquery": "^3.1.1"
  }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • kt3k

    2017/02/07 19:14

    gulpfile.js と package.json はどんな感じでしょうか? heroku で実行されているコマンドと、ローカルで試しているコマンドは同じでしょうか?.vue が読めないということは、webpack or browserify の設定の問題の可能性が高いです。その辺りの設定は、ローカルと heroku で差が出るようになっていませんか?

    キャンセル

  • topo

    2017/02/08 00:34

    ご指摘ありがとうございます。gulpfile.jsのビルド部分抜粋と、package.jsonの内容を追記しました(name等、一部改変しています)。また、gulpfileが参照しているファイルおよびbower.jsonも、一応追加しています。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

+2

MyComponent.vue のファイル名が、myComponent.vue や、mycomponent.vue などになっていないでしょうか?

Mac/Windows だと、大文字小文字違いのファイルは同一とみなされて、linux 環境だと、別ファイルとみなされる違いがあるようです。

参考: https://devcenter.heroku.com/articles/node-best-practices#stick-with-lowercase

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/02/08 21:42

    まさしくご指摘の通り、大文字小文字の違いでした!
    MyComponent.vueとすべきところが、MyComponent.Vueという我ながら妙な位置の文字が間違っていました。
    上記箇所を修正後にデプロイしたところ、正常にビルドが成功し、アプリを起動することができました、ありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.32%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • JavaScript

    17546questions

    JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

  • Node.js

    2008questions

    Node.jsとはGoogleのV8 JavaScriptエンジンを使用しているサーバーサイドのイベント駆動型プログラムです。

  • Heroku

    951questions

    HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

  • Vue.js

    844questions

    Vue.jsは、Webアプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptフレームワークです。

  • Browserify

    32questions