質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.33%

  • Ruby on Rails

    7720questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • Apache

    1922questions

    Apacheは、Apache HTTP Serverの略で、最も人気の高いWebサーバソフトウェアの一つです。安定性が高いオープンソースソフトウェアとして商用サイトから自宅サーバまで、多くのプラットフォーム向けに開発・配布されています。サーバーソフトウェアの不具合(NCSA httpd)を修正するパッチ(a patch)を集積、一つ独立したソフトウェアとして開発されました。

[Rails] Apache + Passengerでのdevelopment環境において、トップページのhtmlしか表示されない

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,384

ponsea

score 9

Apache + Passenger でのdevelopment環境で、クライアントPCからアクセスしても、トップページのhtmlの部分だけ表示されます。
それ以外のcssなどは、Not Foundになります。(ブラウザのコンソールのメッセージ)

また、その他のページにアクセスしたらNot Foundと表示されます。


バージョン
OS Centos7
Rails 5.0.1
Apache 2.4.6
Passenger 5.0.30

http://アプリケーション名.ホスト名/
のバーチャルホストの設定でアクセスするようにしています。

/etc/httpd/conf.d/vhost.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName <アプリケーション名>.<ホスト名>
    RailsEnv development
    DocumentRoot /var/www/アプリケーション名/public
    <Directory /var/www/アプリケーション名/public>
         AuthType Basic
         AuthUserFile "htpasswdのパス"
         AuthName "basic認証の名前"
         AllowOverride all
         Require valid-user
         Options -MultiViews
    </Directory>
</VirtualHost>

トップページのアクセスは、development.logでは200 OKが記録されています。

Started GET "/" for <クライアントのIP> at 2017-01-22 13:58:31 +0900
Processing by TopController#index as HTML
  Rendering <省略>
  Rendered <省略>
  <省略>
Completed 200 OK in 64ms (Views: 63.4ms | ActiveRecord: 0.0ms)


それ以外のページへのアクセスは、クライアント側は(Not Found)で、development.logは記録がありませんでした。

もともとローカルの仮想環境で開発していて、その時は正常でした。(rails serverでlocalhost:3000のアクセス)
SELinuxを完全に無効にしてみたりもしましたが治りませんでした。

怪しいところ、些細なことでもいいのでアドバイス頂きたいです。

追記

apache conf

# SHTMLに対応していないブラウザ
SetEnvIfExpr "!(%{HTTP_ACCEPT} -strcmatch '*application/xhtml+xml*') || %{HTTP_USER_AGENT} =~ m#UP\\.Browser/6\\.2|Nintendo 3DS| NX/1\\.#" LEGACY_BROWSER

ServerRoot "/etc/httpd"


#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80


#
# Example:
# LoadModule foo_module modules/mod_foo.so
#
Include conf.modules.d/*.conf

#
# If you wish httpd to run as a different user or group, you must run
# httpd as root initially and it will switch.
#
# User/Group: The name (or #number) of the user/group to run httpd as.
# It is usually good practice to create a dedicated user and group for
# running httpd, as with most system services.
#
User apache
Group apache


#
# ServerAdmin: Your address, where problems with the server should be
# e-mailed.  This address appears on some server-generated pages, such
# as error documents.  e.g. admin@your-domain.com
#
ServerAdmin <私のメールアドレス>

#
# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
#
# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
#
ServerName <このサーバのホスト名>:80

#
# Deny access to the entirety of your server's filesystem. You must
# explicitly permit access to web content directories in other
# <Directory> blocks below.
#
<Directory />
    AllowOverride none
    Require all denied
</Directory>


#
# DocumentRoot: The directory out of which you will serve your
# documents. By default, all requests are taken from this directory, but
# symbolic links and aliases may be used to point to other locations.
#
DocumentRoot "/var/www/html"

#
# Relax access to content within /var/www.
#
# <Directory "/var/www">
#     AllowOverride None
#     # Allow open access:
#     Require all granted
# </Directory>

# Further relax access to the default document root:
<Directory "/var/www">

    # The Options directive is both complicated and important.  Please see
    # http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#options
    # for more information.
    #
    Options FollowSymLinks

    #
    # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
    # It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
    #   Options FileInfo AuthConfig Limit
    #
    AllowOverride None

    #
    # Controls who can get stuff from this server.
    #
    # Require all granted
</Directory>

#
# DirectoryIndex: sets the file that Apache will serve if a directory
# is requested.
#
<IfModule dir_module>
    DirectoryIndex index.html
</IfModule>
# スラッシュで終わるURLを、「index」を追加したURLにリダイレクトする
# RedirectMatch permanent ^(.*)/$ $1/index

#
# The following lines prevent .htaccess and .htpasswd files from being
# viewed by Web clients.
#
<Files ".ht*">
    Require all denied
</Files>

#
# ErrorLog: The location of the error log file.
# If you do not specify an ErrorLog directive within a <VirtualHost>
# container, error messages relating to that virtual host will be
# logged here.  If you *do* define an error logfile for a <VirtualHost>
# container, that host's errors will be logged there and not here.
#
ErrorLog "logs/error_log"

#
# LogLevel: Control the number of messages logged to the error_log.
# Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
# alert, emerg.
#
LogLevel warn

<IfModule log_config_module>
    #
    # The following directives define some format nicknames for use with
    # a CustomLog directive (see below).
    #
    LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined
    LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b" common

    <IfModule logio_module>
      # You need to enable mod_logio.c to use %I and %O
      LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\" %I %O" combinedio
    </IfModule>



    #
    # If you prefer a logfile with access, agent, and referer information
    # (Combined Logfile Format) you can use the following directive.
    #
    CustomLog "logs/access_log" combined
</IfModule>

<IfModule alias_module>
    #
    # Redirect: Allows you to tell clients about documents that used to
    # exist in your server's namespace, but do not anymore. The client
    # will make a new request for the document at its new location.
    # Example:
    # Redirect permanent /foo http://www.example.com/bar
    <If "-n %{PATH_INFO}">
      # 存在しないディレクトリがURLに含まれていれば、404 Not Found を返す
      Redirect 404 /
    </If>


    #
    # ScriptAlias: This controls which directories contain server scripts.
    # ScriptAliases are essentially the same as Aliases, except that
    # documents in the target directory are treated as applications and
    # run by the server when requested rather than as documents sent to the
    # client.  The same rules about trailing "/" apply to ScriptAlias
    # directives as to Alias.
    #
    ScriptAlias /cgi-bin/ "/var/www/cgi-bin/"

</IfModule>

#
# "/var/www/cgi-bin" should be changed to whatever your ScriptAliased
# CGI directory exists, if you have that configured.
#
<Directory "/var/www/cgi-bin">
    AllowOverride None
    Options None
    Require all granted
</Directory>


<IfModule mime_module>

    #
    # If the AddEncoding directives above are commented-out, then you
    # probably should define those extensions to indicate media types:
    #
    AddType application/x-compress .Z
    AddType application/x-gzip .gz .tgz


    #
    # Filters allow you to process content before it is sent to the client.
    #
    # To parse .shtml files for server-side includes (SSI):
    # (You will also need to add "Includes" to the "Options" directive.)
    #
    # AddType text/html .shtml
    # AddOutputFilter INCLUDES .shtml

    <If "-n reqenv('LEGACY_BROWSER')">
      # XHTMLに対応していなければ
      AddType text/html .xhtml
    </If>
</IfModule>

#
# Specify a default charset for all content served; this enables
# interpretation of all content as UTF-8 by default.  To use the
# default browser choice (ISO-8859-1), or to allow the META tags
# in HTML content to override this choice, comment out this
# directive:
#
# AddDefaultCharset UTF-8

# content-typeヘッダにcharsetパラメータを付加する
AddCharset utf-8 .xhtml .html .css .es .js .txt .json .xml .csv

<IfModule mime_magic_module>
    #
    # The mod_mime_magic module allows the server to use various hints from the
    # contents of the file itself to determine its type.  The MIMEMagicFile
    # directive tells the module where the hint definitions are located.
    #
    MIMEMagicFile conf/magic
</IfModule>

EnableSendfile on

# Supplemental configuration
#
# Load config files in the "/etc/httpd/conf.d" directory, if any.
IncludeOptional conf.d/*.conf

ServerTokens ProductOnly
Header always set x-content-type-options nosniff
Header always set x-ua-compatible IE=edge
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

以下の通りpassengerのapacheモジュール設定を行ってみてください。

passenger設定ファイルを作成する。

$ passenger-install-apache2-module --snippet | sudo tee /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

passenger設定ファイルのインクルード設定を追加する。

$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/vhost.conf
Include /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

<VirtualHost *:80>
    ServerName <アプリケーション名>.<ホスト名>
    RailsEnv development
    DocumentRoot /var/www/アプリケーション名/public
    <Directory /var/www/アプリケーション名/public>
         AuthType Basic
         AuthUserFile "htpasswdのパス"
         AuthName "basic認証の名前"
         AllowOverride all
         Require valid-user
         Options -MultiViews
    </Directory>
</VirtualHost>

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/01/22 15:27

    試してみましたが、治りませんでした。。。

    また、
    ブラウザのuriに、存在しないパスを入力してみたところ、正しくRouting Errorの赤いページが表示されるので、Passengerは機能しているのかもしれません。。
    ですがRouting ErrorにならないページはNot Foundです。。。

    キャンセル

  • 2017/01/22 15:45

    httpd.confに存在しないパスをNot Foundにする設定を、自身で追加していたことが原因でした。。。
    webに上がってるのapacheの初期設定の見本を見よう見まねで写してたことが仇となったようです...

    迅速な回答ありがとうございました。

    キャンセル

0

httpd.confに

<If "-n %{PATH_INFO}">
   # 存在しないディレクトリがURLに含まれていれば、404 Not Found を返す
    Redirect 404 /
</If>


が記載されていたことが原因でした。。。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    7720questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • Apache

    1922questions

    Apacheは、Apache HTTP Serverの略で、最も人気の高いWebサーバソフトウェアの一つです。安定性が高いオープンソースソフトウェアとして商用サイトから自宅サーバまで、多くのプラットフォーム向けに開発・配布されています。サーバーソフトウェアの不具合(NCSA httpd)を修正するパッチ(a patch)を集積、一つ独立したソフトウェアとして開発されました。