質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.50%

  • Swift

    7245questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • mBaaS

    67questions

    mBaaSとはモバイルアプリケーションでの利用に特化したBaaSです。スマートフォン向けのWebアプリケーションが必要とするサーバ側の様々な機能をインターネットを通じてサービスとして提供しています。

Swift3 mBaaSデータストアへの読み書き

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 722

kifu

score 18

下記ページを参考に、NiftyCloud mBaaS を試しています。
次のコードで、エラーも出ませんが、データストアへの読み書きができないので、ご教示いただけますでしょうか。
NiftyCloud mBaaS + Swift データストアへの読み書き

import UIKit
import NCMB


@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {

    var window: UIWindow?
    struct companyInfo{
        var companyID:String
        var companyName:String
    }




    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        // APIキーの設定とSDK初期化
        NCMB.setApplicationKey("....", clientKey: ".....")

      return true
    }

 // クラスのNCMBObjectを作成 追加分/*
        let object = NCMBObject(className: "company")
        object?.setObject("nanikadekitaka3!", forKey: "message")
        object?.saveInBackground { (error: Error?) in
            if error != nil {
                // 保存に失敗した場合の処理
                print( "失敗" )
            } else {
                // 保存に成功した場合の処理
                print( "成功" )
            }
        }
        return true
    }
 //追加分*/
    func getCompanyName(_ companyID:String) -> String {
        var companyName:String = ""

        let query = NCMBQuery(className: "Company")
        query?.whereKey("companyID", equalTo: companyID)
        var results:[AnyObject] = []
        do {
            results = try query!.findObjects() as [AnyObject]
        } catch  let error1 as NSError  {
            print("\(error1)")
            return companyName
        }
        if results.count > 0 {
            let result = results[0] as? NCMBObject
            companyName = result?.object(forKey:"companyName")  as? String ?? "nanikahairetu"
        }
        return companyName

    }


    func addCompany(_ company:companyInfo) {

        let companyObject = NCMBObject(className: "Company")

        companyObject?.setObject(company.companyName,forKey:"CompanyName")
        companyObject?.setObject(company.companyID,forKey:"companyID")

        companyObject?.saveInBackground({(error) in
            if error != nil {print("Save error : ",error!)}
        })

    }

    func updateCompany(_ company:companyInfo) {

        let query = NCMBQuery(className: "Company")
        query?.whereKey("companyID", equalTo: company.companyID)
        var results:[AnyObject] = []
        do {
            results = try query!.findObjects() as [AnyObject]
        } catch  let error1 as NSError  {
            print("\(error1)")
            return
        }
        if results.count > 0 {
            let obj = results[0] as! NCMBObject

            obj.setObject(company.companyName,forKey:"CompanyName")

            obj.saveInBackground({(error) in
                if error != nil {print("Save error : ",error!)}
            })

        }
    }



    func applicationWillResignActive(_ application: UIApplication) {
        // Sent when the application is about to move from active to inactive state. This can occur for certain types of temporary interruptions (such as an incoming phone call or SMS message) or when the user quits the application and it begins the transition to the background state.
        // Use this method to pause ongoing tasks, disable timers, and invalidate graphics rendering callbacks. Games should use this method to pause the game.
    }

    func applicationDidEnterBackground(_ application: UIApplication) {
        // Use this method to release shared resources, save user data, invalidate timers, and store enough application state information to restore your application to its current state in case it is terminated later.
        // If your application supports background execution, this method is called instead of applicationWillTerminate: when the user quits.
    }

    func applicationWillEnterForeground(_ application: UIApplication) {
        // Called as part of the transition from the background to the active state; here you can undo many of the changes made on entering the background.
    }

    func applicationDidBecomeActive(_ application: UIApplication) {
        // Restart any tasks that were paused (or not yet started) while the application was inactive. If the application was previously in the background, optionally refresh the user interface.
    }

    func applicationWillTerminate(_ application: UIApplication) {
        // Called when the application is about to terminate. Save data if appropriate. See also applicationDidEnterBackground:.
    }


}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

オプショナルチェーンのところを強制アンラップにしてみると不具合箇所が特定できるかもです。

ex

// ?. -> !.
//query?.whereKey("companyID", equalTo: companyID)
query!.whereKey("companyID", equalTo: companyID)

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2017/01/13 16:07

    ご回答に感謝します。
    query?を2箇所、query!にしましたが、エラーは発生しませんでした。データストアへの書き込みも行われませんでした。companyObject?を3箇所、companyName = result?.object(forKey:"companyName")のところを1箇所、それぞれ!にしましたが同様でした。

    キャンセル

  • 2017/01/13 16:38

    念のため、as? も as! にして試してもらえませんか

    キャンセル

  • 2017/01/13 17:03 編集

    as? も as! にしました。結果は同様でした。ただし、次のcompiler warningが出ました。2つとも実行しました。他にはエラーは発生しませんでしたしデータストアへの書き込みも行われませんでした。よろしくお願いいたします。
    companyName = result.object(forKey:"companyName") as! String ?? ""のところに
    ①Treating a forced downcast to 'String' as optional will never produce 'nil'
    ②Left side of nil coalescing operator '??' has non-optional type 'String', so the right side is never used

    キャンセル

  • 2017/01/13 17:12

    getCompanyName他、呼び出さないとダメじゃないですか?

    キャンセル

  • 2017/01/13 18:05 編集

    objectを下記のコードで作ると、データストアへクラスとレコードは書き込まれますが、これのことでしょうか。だとした場合は、配列はどのように書くのでしょうか。また、上記メソッドのコードとはどのように繋げるのでしょうか。違う場合はどのように呼び出すのでしょうか。初心者で申し訳ありません。よろしくお願いします。
    let object = NCMBObject(className: "company")
    object?.setObject(".........", forKey: "message")
    object?.saveInBackground { (error: Error?) in
    if error != nil {
    // 保存に失敗した場合の処理
    print( "失敗" )
    } else {
    // 保存に成功した場合の処理
    print( "成功" )
    }
    }
    return true
    }

    キャンセル

  • 2017/01/13 18:23

    配列とは?? 今出てきたobjectを作るコードを含めて質問のコードを編集してもらえますか

    キャンセル

  • 2017/01/13 18:45

    このobjectを作成するコードでデータストアへ書き込むとした場合には、書き込むデータが配列のデータだとしたらどのように書いたら良いのかなという疑問でした。以前回答を頂いた「作成した関数がCannot use instance memberで使えない」で使っているtableViewのセクションやセルの日付などの配列をデータストアへ書き込もうとしているものです。
    コードを編集しました。
    よろしくお願いします。

    キャンセル

  • 2017/01/13 19:01

    追加分の位置おかしくないですか?それはおいといて...
    配列が保存できるかどうかはNCMBObjectのsetObjectメソッド次第ですね。NCMBObjectをcommand+クリックでsetObjectの第一引数の型をチェックしてみてください。

    とりあえず、当初の「データストアへの読み書きができない」というのは解決したという認識でよいでしょうか?

    キャンセル

  • 2017/01/13 19:14

    わかりました。ご教示いただき感謝します。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.50%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Swift

    7245questions

    Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

  • mBaaS

    67questions

    mBaaSとはモバイルアプリケーションでの利用に特化したBaaSです。スマートフォン向けのWebアプリケーションが必要とするサーバ側の様々な機能をインターネットを通じてサービスとして提供しています。