質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Ruby on Rails 6

Ruby on Rails 6は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Heroku

HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

Amazon S3

Amazon S3 (Simple Storage Service)とはアマゾン・ウェブ・サービスが提供するオンラインストレージサービスです。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

解決済

Rails,AWS(IAM:ユーザ, S3:バケット),herokuでの画像アップロードエラー(AccessDenied)解消

mmssa
mmssa

総合スコア8

Ruby on Rails 6

Ruby on Rails 6は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Heroku

HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

Amazon S3

Amazon S3 (Simple Storage Service)とはアマゾン・ウェブ・サービスが提供するオンラインストレージサービスです。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。

1回答

0リアクション

0クリップ

205閲覧

投稿2022/09/04 13:22

前提

Rails,AWS(IAM:ユーザ, S3:バケット),herokuでCRUDなシステムを作っています。
画像アップロード機能を実装後の動作確認中に以下のエラーメッセージが発生しました。
申し訳ございませんが、ご確認よろしくお願いします。

実現したいこと

Rails,AWS(IAM:ユーザ, S3:バケット),herokuで新規登録時の
画像アップロードエラー(AccessDenied)解消

発生している問題・エラーメッセージ

(Expected(204) <=> Actual(403 Forbidden)
<Code>AccessDenied</Code><Message>Access Denied</Message>

該当のソースコード

gemfile

source 'https://rubygems.org' git_source(:github) { |repo| "https://github.com/#{repo}.git" } ruby '2.6.9' # Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails', branch: 'main' gem 'rails', '~> 6.1.6' # Use sqlite3 as the database for Active Record #gem 'sqlite3', '~> 1.4' # Use Puma as the app server gem 'puma', '~> 5.0' # Use SCSS for stylesheets gem 'sass-rails', '>= 6' # Transpile app-like JavaScript. Read more: https://github.com/rails/webpacker gem 'webpacker', '~> 5.0' # Turbolinks makes navigating your web application faster. Read more: https://github.com/turbolinks/turbolinks gem 'turbolinks', '~> 5' # Build JSON APIs with ease. Read more: https://github.com/rails/jbuilder gem 'jbuilder', '~> 2.7' # Use Redis adapter to run Action Cable in production # gem 'redis', '~> 4.0' # Use Active Model has_secure_password # gem 'bcrypt', '~> 3.1.7' # Use Active Storage variant # gem 'image_processing', '~> 1.2' # Reduces boot times through caching; required in config/boot.rb gem 'bootsnap', '>= 1.4.4', require: false group :development, :test do gem 'sqlite3', '~> 1.4' # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console gem 'byebug', platforms: [:mri, :mingw, :x64_mingw] gem 'rspec-rails' gem 'factory_bot_rails' end group :development do # Access an interactive console on exception pages or by calling 'console' anywhere in the code. gem 'web-console', '>= 4.1.0' # Display performance information such as SQL time and flame graphs for each request in your browser. # Can be configured to work on production as well see: https://github.com/MiniProfiler/rack-mini-profiler/blob/master/README.md gem 'rack-mini-profiler', '~> 2.0' gem 'listen', '~> 3.3' # Spring speeds up development by keeping your application running in the background. Read more: https://github.com/rails/spring gem 'spring' gem "rails-erd" end group :production do gem 'pg' end group :test do # Adds support for Capybara system testing and selenium driver gem 'capybara', '>= 3.26' gem 'selenium-webdriver', '>= 4.0.0.rc1' # Easy installation and use of web drivers to run system tests with browsers gem 'webdrivers' end # Windows does not include zoneinfo files, so bundle the tzinfo-data gem gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby] gem 'devise' gem 'ransack' gem 'kaminari' gem 'carrierwave', '~> 2.0' gem 'mini_magick' gem 'fog-aws' gem "aws-sdk-s3", require: false gem 'dotenv-rails'

carrierwave.rb

require 'carrierwave/storage/abstract' require 'carrierwave/storage/file' require 'carrierwave/storage/fog' CarrierWave.configure do |config| config.storage :fog config.fog_provider = 'fog/aws' config.fog_directory = 'mportfolio-bucket' config.fog_credentials = { provider: 'AWS', aws_access_key_id: ENV['AWS_ACCESS_KEY_ID'], aws_secret_access_key: ENV['AWS_SECRET_ACCESS_KEY'], region: ENV['AWS_DEFAULT_REGION'], path_style: true } end

storage.yml

test: service: Disk root: <%= Rails.root.join("tmp/storage") %> local: service: Disk root: <%= Rails.root.join("storage") %> # Use rails credentials:edit to set the AWS secrets (as aws:access_key_id|secret_access_key) amazon: service: S3 access_key_id: <%= Rails.application.credentials.dig(:aws, :access_key_id) %> secret_access_key: <%= Rails.application.credentials.dig(:aws, :secret_access_key) %> region: ap-northeast-1 bucket: 自分のバケット名

production.rb

config.active_storage.service = :amazon

image_uploader.rb

class ImageUploader < CarrierWave::Uploader::Base # Include RMagick or MiniMagick support: # include CarrierWave::RMagick include CarrierWave::MiniMagick # Choose what kind of storage to use for this uploader: # storage :file # storage :fog if Rails.env.development? storage :file elsif Rails.env.test? storage :file else storage :fog end # Override the directory where uploaded files will be stored. # This is a sensible default for uploaders that are meant to be mounted: def store_dir "uploads/#{model.class.to_s.underscore}/#{mounted_as}/#{model.id}" end # Provide a default URL as a default if there hasn't been a file uploaded: def default_url(*args) # # For Rails 3.1+ asset pipeline compatibility: ActionController::Base.helpers.asset_path("fallback/" + [version_name, "default.png"].compact.join('_')) # # "/images/fallback/" + [version_name, "default.png"].compact.join('_') end version :thumb do process resize_to_fit: [50, 50] end end

イメージ説明

イメージ説明

イメージ説明

試したこと

下記2リンク手順参考にAWS(IAM:ユーザ, S3:バケット)などの設定後、
heroku上にアプリデプロイを行い、画像アップロードの動作確認(新規登録)を実施。

・Rails, Laravel(画像アップロード)向けAWS(IAM:ユーザ, S3:バケット)の設定
https://qiita.com/nobu0717/items/4425c02157bc5e88d7b6

・【初学者必見】 HerokuとAWS S3を連携して投稿画像を保持する方法
https://qiita.com/jibiking/items/0e8c1d826271ac9e4a7d#%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%92%B0%E5%A2%83--%E5%89%8D%E6%8F%90%E6%9D%A1%E4%BB%B6

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

上記2リンク手順でAWS(IAM:ユーザ, S3:バケット)などの設定後、
heroku上にアプリデプロイを行い、画像アップロードの動作確認(新規登録)を行ったところエラー画面が表示。
ただ、エラー後にもう一度herokuにログインすると新規追加は成功されており(画像も表示)、
s3にも画像は保存されてはいます。

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Ruby on Rails 6

Ruby on Rails 6は、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Heroku

HerokuはHeroku社が開発と運営を行っているPaaSの名称です。RubyやNode.js、Python、そしてJVMベース(Java、Scala、Clojureなど)の複数のプログラミング言語をサポートしている。

Amazon S3

Amazon S3 (Simple Storage Service)とはアマゾン・ウェブ・サービスが提供するオンラインストレージサービスです。

AWS(Amazon Web Services)

Amazon Web Services (AWS)は、仮想空間を機軸とした、クラスター状のコンピュータ・ネットワーク・データベース・ストーレッジ・サポートツールをAWSというインフラから提供する商用サービスです。