質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

91.45%

  • Java

    10260questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    5051questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    2627questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

  • SQLite

    419questions

    SQLiteはリレーショナルデータベース管理システムの1つで、サーバーではなくライブラリとして使用されている。

android sqlite レコードが削除できない。

解決済

回答 1

投稿 2016/12/14 18:40

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 434

taikikki

score 5

前提・実現したいこと

androidstudioでアプリを開発しています。
HTMLからDOM解析して、解析した要素をデータベースに登録しています。
登録しているデータベースのレコードを消そうとしているのですが、消されず追記されづづけてしまいます。

発生している問題・エラーメッセージ

delete文を実行してもレコードが削除されない。
エラーメッセージなし

該当のソースコード

public class DBOpenHelper extends SQLiteOpenHelper {

    static final String DB_NAME ="xxx.db";
    static final int DB_VERSION = 1;
    public static final String TABLE_NAME = "xxx";
    protected SQLiteDatabase db;

    //コンストラクタ
    public DBOpenHelper(final Context context){
        super(context, DB_NAME, null, DB_VERSION);
    }

    //作成
    @Override
    public void onCreate(SQLiteDatabase db){
        //create
        db.execSQL(
                "CREATE TABLE " + TABLE_NAME + "("+
                        "_id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT" +
                        ", AttractionName TEXT NOT NULL" +
                        ", Time INTEGER"+
                        ")");
    }
    //更新
    @Override
    public void onUpgrade(SQLiteDatabase db, int oldVersion, int newVersion){
        db.execSQL("DROP TABLE IF EXISTS "+ TABLE_NAME + ";");
        onCreate(db);
    }
}
public class AttractionAdapter{

    private SQLiteDatabase db;
    static private DBOpenHelper helper;

    //コンストラクタ
    public AttractionAdapter(Context context){
        helper = new DBOpenHelper(context);
        db = helper.getWritableDatabase();
    }
    //アトラクション名の追加
    public void insert(String attraction_name){
        //ContentValuesのインスタンスにデータを格納
        ContentValues values = new ContentValues();
        values.put("AttractionName",attraction_name);

        //データの挿入
        db.insert(DBOpenHelper.TABLE_NAME, null, values);
    }
    //時間の更新
    public void update(int time,int i){
        //System.out.println("UPDATE " + DBOpenHelper.TABLE_NAME +" SET Time = "+time +" WHERE _id =" +i);
        db.execSQL("UPDATE " + DBOpenHelper.TABLE_NAME +" SET Time = "+time);//idごとに待ち時間をセットする
    }
    //レコード削除
    public void delete(){
        System.out.println("DELETE FROM "+DBOpenHelper.TABLE_NAME);
        //db.execSQL("DELETE FROM "+ DBOpenHelper.TABLE_NAME + ";");
        try {
            db.execSQL("DELETE FROM "+ DBOpenHelper.TABLE_NAME );
        } catch (SQLException e){
            Log.e("ERROR", e.toString());
        }
    }
}
public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        final Context con=this;
        String url = "xxx";
        MyTask mytask = new MyTask();
        mytask.setOnCallBack(new MyTask.CallBackTask(){
            @Override
            public void CallBack(Document document){
                super.CallBack(document);
                AttractionAdapter attr_Adapter = new AttractionAdapter(con);

                int i=0;
                attr_Adapter.delete();//ここで削除したいです

/*ここにインサートとアップデートの処理が入っています*/

                Cursor c = attr_Adapter.getAllList();

                if(c.moveToFirst()){
                 do{
                            AttractionItem item = new AttractionItem();
                            item.set_id(c.getInt(c.getColumnIndex("_id")));
                            item.setName(c.getString(c.getColumnIndex("AttractionName")));
                            item.setTime(c.getInt(c.getColumnIndex("Time")));
                            System.out.println("id:"+item.get_id());
                            System.out.println("アトラクション名:"+item.getName());
                            System.out.println("Wait:"+ item.getTime());
                        }while(c.moveToNext());
                    }

                }
            }
        });
        mytask.execute(url);
    }
}

試したこと

mainactivityのonCreateの最初にdeleteを追記しても消えませんでした。

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

より詳細な情報
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1147
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1148
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1149
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1150
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1151
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1152
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1153
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1154
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1155
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1156
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1157
12-14 17:39:37.424 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1158
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1159
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1160
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1161
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1162
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1163
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1164
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1165
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1166
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1167
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1168
12-14 17:39:37.425 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1169
12-14 17:39:37.438 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1132
12-14 17:39:37.438 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1133
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1134
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1135
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1136
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1137
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1138
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1139
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1140
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1141
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1142
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1143
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1144
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1145
12-14 17:39:37.439 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1146
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1147
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1148
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1149
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1150
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1151
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1152
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1153
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1154
12-14 17:39:37.440 32044-32044/com.example.nuiko.dnavigator2 I/System.out: id:1155

データベースのidがこのようにrunするたびに増えていきます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

たしかSQLiteDatabase#deleteで消さないと消えないですよ。

投稿 2016/12/14 20:49

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/12/16 15:15

    db.delete(DBOpenHelper.TABLE_NAME,null,null);をAttractionAdapterクラスのdeleteに追記して実行しましたが、消えませんでした。

    キャンセル

  • 2016/12/16 15:28

    まず、どうやって消えたかどうかを確認していますか?
    仮に_idの値が一定であることで確認しているとしたらそれは誤りです。_idはオートインクリメントされているので同じ番号は振られませんよ。

    キャンセル

  • 2016/12/16 16:20

    すみません。SystemOutの場所が間違っていてループして変な出力になっていました。
    回答の通り実行したところ、期待する結果になりました。
    一応、db.execSQL("DELETE FROM "+ DBOpenHelper.TABLE_NAME );でも試してみたところ削除できていました。
    オートインクリメントもリセットしたところ_idも1から作られるようになりました。

    素人の疑問に付き合って頂きありがとうございました。

    キャンセル

  • 2016/12/16 16:28

    削除できないのはrawQueryメソッドだった気もしてきました、見間違いでした。ごめんなさい。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

ただいまの回答率

91.45%

関連した質問

  • 解決済

    ほぼ同じ処理のメソッド化

    お世話になります。 メソッド化について質問があり、ご教授いただければと思います。 処理が全く同じものをメソッド化にすることはできるのですが、 少し、変数名や値が異なるもの

  • 解決済

    【SQLite】editTextに入力した内容を、Listviewに表示させたい

    SQLiteを利用し、editTextに入力した内容をListviewに表示させたいです。 ですがエラーコードが下記の通り出てしまい、上手くいきません。 エラー内容を調べてみた

  • 解決済

    Java Androidでアクティビティの呼び出し (Activityから実行する処理!?)

    現在、Androidアプリを作ろうとしています。 ネットにあるサンプルコードの継ぎ接ぎばかりなので、理解していない部分が多い状態です。 現在、Box2dという物理演算ライブ

  • 解決済

    scheduleについて

    前提・実現したいこと javaのtimer.scheduleAtFixedRateについてで、 System.out.println("a")のaをtimer.schedule

  • 解決済

    日にちと曜日の場所の合わせ方

    カレンダーを作るときに、曜日と日にちの場所を合わせるコードの書き方が分かりません。 インターネットで調べたのですが、どれを参考にしたらいいのか、どれがあっているのか分からなかった

  • 解決済

    違うクラスでボタンの処理を書く

    Activityの親クラスではないクラスでボタンタップ時の処理を書きたいです。 下のように書いてみたのですが i1.setOnClickListener( new  com

  • 解決済

    会員情報システム(Java)での作り方

    javaで会員情報システムのようなものを作りたいです。 下記の実行結果(コマンドプロンプトで実行)になるような、登録プログラムを作成したいのですが、作成方法が分かりませんので、教

  • 解決済

    javaで半角入力されているかチェックする

    前提・実現したいこと 入力された文字に半角が含まれているかのチェック処理を行いたいです。 正規法を使用し、実装しましたが、うまくでいませんでした。 該当のソースコード

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    10260questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    5051questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Studio

    2627questions

    Android Studioは、 Google社によって開発された、 Androidのネイティブアプリケーション開発に特化した統合開発ツールです。

  • SQLite

    419questions

    SQLiteはリレーショナルデータベース管理システムの1つで、サーバーではなくライブラリとして使用されている。