質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.47%

  • Swift 2

    1340questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。

UICollectionViewCellの並び替えを保存したい

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,103

kimi0

score 7

CollectionViewのcellの並べ替えを保存したいです。 

並べ替えられる機能は実装できたのですが、並べ替えが保存されずビルドし直すと、並べ替え前の順番に戻ってしまっています。 
並び順を保持する方法は何かありませんか?
ご教示よろしくお願いします。

import UIKit

class ViewController: UIViewController, UICollectionViewDataSource, UICollectionViewDelegate {

    var collectionView: UICollectionView?
    var longPressGesture: UILongPressGestureRecognizer?
    var selectedIndexPath: NSIndexPath?

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        self.setupSubviews()
        self.autolayoutSubviews()

        self.navigationItem.rightBarButtonItem = self.editButtonItem()
    }

    func setupSubviews() {

        let flowLayout: UICollectionViewFlowLayout = UICollectionViewFlowLayout()
        flowLayout.minimumInteritemSpacing = 10.0
        flowLayout.minimumLineSpacing = 10.0
        flowLayout.sectionInset = UIEdgeInsets(top: 10.0, left: 10.0, bottom: 10.0, right: 10.0)
        flowLayout.itemSize = CGSizeMake(300.0, 100.0)

        self.collectionView = UICollectionView(frame: CGRectZero, collectionViewLayout: flowLayout)
        self.collectionView!.translatesAutoresizingMaskIntoConstraints = false
        self.collectionView!.dataSource = self
        self.collectionView!.delegate = self

        self.collectionView!.registerClass(FirstCell.self, forCellWithReuseIdentifier: "FirstCell")
        self.collectionView!.registerClass(SecondCell.self, forCellWithReuseIdentifier: "SecondCell")
        self.collectionView!.registerClass(ThirdCell.self, forCellWithReuseIdentifier: "ThirdCell")

        self.collectionView!.backgroundColor = UIColor.whiteColor()
        self.view.addSubview(self.collectionView!)

        longPressGesture = UILongPressGestureRecognizer(target: self, action:
            #selector(ViewController.handleLongGesture(_:)))


        longPressGesture?.minimumPressDuration = 0.5

        self.longPressGesture!.enabled = false


        self.collectionView?.addGestureRecognizer(self.longPressGesture!)
    }

    func autolayoutSubviews() {

        self.collectionView!.topAnchor.constraintEqualToAnchor(self.view.topAnchor).active = true
        self.collectionView!.leadingAnchor.constraintEqualToAnchor(self.view.leadingAnchor).active = true
        self.collectionView!.trailingAnchor.constraintEqualToAnchor(self.view.trailingAnchor).active = true
        self.collectionView!.bottomAnchor.constraintEqualToAnchor(self.view.bottomAnchor).active = true
    }


    override func setEditing(editing: Bool, animated: Bool) {
        super.setEditing(editing, animated: animated)

        self.collectionView!.allowsMultipleSelection = editing
        let indexPaths: [NSIndexPath] = self.collectionView!.indexPathsForVisibleItems()

        for indexPath in indexPaths {
            self.collectionView!.deselectItemAtIndexPath(indexPath, animated: false)
            let cell: UICollectionViewCell = self.collectionView!.cellForItemAtIndexPath(indexPath)!

        }

        if editing {
            self.longPressGesture!.enabled = true
        }
        else {
            self.longPressGesture!.enabled = false
        }

    }



    func collectionView(collectionView: UICollectionView, numberOfItemsInSection section: Int) -> Int {
        return 3
    }


    func collectionView(collectionView: UICollectionView, cellForItemAtIndexPath indexPath: NSIndexPath) -> UICollectionViewCell {
        let cellTypeNumber = indexPath.item % 3
        switch cellTypeNumber {
        case 0:
            let cell1 = collectionView.dequeueReusableCellWithReuseIdentifier("FirstCell", forIndexPath: indexPath) as! FirstCell
            cell1.backgroundColor = UIColor.redColor()
            return cell1

        case 1:
            let cell2 = collectionView.dequeueReusableCellWithReuseIdentifier("SecondCell", forIndexPath: indexPath) as! SecondCell
            cell2.backgroundColor = UIColor.yellowColor()
            return cell2

        default:
            let cell3 = collectionView.dequeueReusableCellWithReuseIdentifier("ThirdCell", forIndexPath: indexPath) as! ThirdCell
            cell3.backgroundColor = UIColor.greenColor()
            return cell3
        }
    }

    func collectionView(collectionView: UICollectionView, moveItemAtIndexPath sourceIndexPath: NSIndexPath, toIndexPath destinationIndexPath: NSIndexPath) {
    }


    func handleLongGesture(gesture: UILongPressGestureRecognizer) {

        switch(gesture.state) {
        case UIGestureRecognizerState.Began:
            guard let selectedIndexPath = collectionView?.indexPathForItemAtPoint(gesture.locationInView(collectionView!)) else {
                break
            }
            collectionView?.beginInteractiveMovementForItemAtIndexPath(selectedIndexPath)
        case UIGestureRecognizerState.Changed:
            collectionView?.updateInteractiveMovementTargetPosition(gesture.locationInView(gesture.view!))
        case UIGestureRecognizerState.Ended:
            collectionView?.endInteractiveMovement()
        default:
            collectionView?.cancelInteractiveMovement()
        }



    }



}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

前回の質問を見たところ、NSUserDefaultsにセルを保存すればいいと理解したのだと思いますが、セルを保存するんじゃありません。セルの「並び順」を保存するんです。

通常、セルは配列に入っているデータを表示しますから、その場合は配列データを保存すればいいということになります。しかし、前回の質問のコードを見る限り、配列のデータを表示しているのではないような気もしますので、どのようにしてセルを表示しているのか(cellForItemAtIndexPath等)と、どのようにしてセルを並べ替えしているかの具体的なコードを見せてもらったらアドバイスができると思います。


(9/5 21:05回答追記)

ソースコードを参照したところ、並び順を定義しているデータがどこにもないので、まずは並び順を定義するデータから作る必要があります。じゃないと並び順を保存できません。結局のところそれはどのセルIDを何番目に表示するかという定義ですから、セルIDの配列を作るのが一番やりやすいです。

具体的なサンプルを示します。
(1)ViewControllerのプロパティに以下を追加

var cellIDs:[String] = ["FirstCell","SecondCell","ThirdCell"]

(2)viewDidLoad()内に以下の読み込み処理を追加

if let cellIDs = NSUserDefaults.standardUserDefaults().arrayForKey("cellIDs") {
    // 並び順が保存されていれば、それを読み込み
    self.cellIDs = cellIDs as! [String]
}

(3)cellForItemAtIndexPath内のswitch文を以下のようにindexPath位置のセルIDによって表示セルを切り分けるよう修正

switch cellIDs[indexPath.item] {
case "FirstCell":
    〜
case "SecondCell":
    〜
default:
    〜
}

(4)moveItemAtIndexPath内に以下の配列並べ替え処理と保存処理を追加

// 移動元をカット
let movingItem = cellIDs.removeAtIndex(sourceIndexPath.item)
// 移動先に挿入
cellIDs.insert(movingItem, atIndex: destinationIndexPath.item)
// 並び順を保存
NSUserDefaults.standardUserDefaults().setObject(cellIDs, forKey: "cellIDs")

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/09/05 15:36

    ご回答有り難うございます。
    質問を編集し、コードを追加しますね。
    そうなるとSourceIndexPathを保存するのでしょうか。
    保存するデータ型はString型になりますか?
    ご教示よろしくお願いいたします。

    キャンセル

  • 2016/09/05 21:36

    ソースコードを見せてもらったので、回答を追記しました。

    キャンセル

  • 2016/09/06 10:41

    保存できました。
    どのセルIDを何番目に表示するかという定義をする、勉強になりました。
    感謝いたします。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.47%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Swift 2

    1340questions

    Swift 2は、Apple社が独自に開発を行っている言語「Swift」のアップグレード版です。iOSやOS X、さらにLinuxにも対応可能です。また、throws-catchベースのエラーハンドリングが追加されています。