質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.37%

  • Ruby on Rails

    8180questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • CSRF

    51questions

    クロスサイトリクエストフォージェリ (Cross site request forgeries、CSRF)は、 外部Webページから、HTTPリクエストによって、 Webサイトの機能の一部が実行されてしまうWWWにおける攻撃手法です。

Railsのprotect_from_forgeryで生成されるauthenticity_tokenの信ぴょう性

受付中

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,239

kenixi

score 85

ひょんなことからRailsのアプリを触る機会があり、Railsデフォルトで用意されているCSRF対策について調査しています。

Railsではデフォルトでapplication_controller内にprotect_from_forgery with: :exceptionの記述があります。

これにより、POST、PUTの際にヘルパーが自動的にauthenticity_tokenを生成(もしくはヘッダーに付与)し、セッション変数と照らし合わせることによりCSRFの対策をしているようです。

しかしながら、実際の挙動を確認したところ、

一度生成されたauthenticity_tokenは使いまわしが可能

という挙動になっていました。

authenticity_tokenは通常にサイト内回遊すると、毎回別のトークンが生成されますが、「必ずしもそこで生成されたトークンである必要はない」ということです。(前ページで生成されたトークンも使用可能)
※もちろん別セッションとなった場合の使い回しは不可能

これってCSRF対策として十分なんでしょうか?仮にauthenticity_tokenの値を知り得てしまった場合、セッションが消えるまではそのトークンを用いることでリクエスト自体は通ってしまうため、ちょっと微妙なのでは、、、?と思ってます。

この辺りの挙動/あるべき姿に詳しい方からのご教示をお待ちしています。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+2

別のセッションで生成されたトークンが有効なら問題ですが、ご指摘の状態は問題ありません。というか、そうあるべきものです。
というのは、複数タブで同じアプリケーションを開いていると、まさに「前ページで生成されたトークン」が使われる状況はあり得るからです。
逆に最新のトークンのみ有効にしてしまうと、複数タブが開いている状況などで、正当なリクエストがブロックされる原因になります。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    8180questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • CSRF

    51questions

    クロスサイトリクエストフォージェリ (Cross site request forgeries、CSRF)は、 外部Webページから、HTTPリクエストによって、 Webサイトの機能の一部が実行されてしまうWWWにおける攻撃手法です。