質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.45%

  • Java

    16200questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    7420questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Wear

    43questions

    Android Wearとは、Googleが発表した腕時計型ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)向けのプラットフォームです。GoogleのAndroid OSをベースにしており、情報の入手・管理などを行うことができます。

MessageAPIでhandleからwearに値を送りたい

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 884

takasama

score 4

前提・実現したいこと

MessageAPIを利用して送信する方法が分からなくて詰まっています。
mobile\SubActivity.java内のIntsumKidoの値をwearに送るにはどうすればいいでしょうか。

先日SmartWatchを購入したばかりで勉強中です。
データの送受信について触れてみようと思っているのですが難しい…
Webでも調べたんですがpathやnodeの理解が浅いせいか、試行錯誤しても上手くいきませんでした。

mobile\SubActivity.java

package com.example.taka.wtf;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import java.io.IOException;
import java.util.Collection;
import java.util.HashSet;

import android.content.Context;
import android.hardware.Camera;
import android.util.Log;
import android.view.SurfaceHolder;
import android.view.SurfaceView;
import android.graphics.Canvas;
import android.graphics.Color;
import android.graphics.Paint;
import android.graphics.Paint.Style;
import android.graphics.PorterDuff.Mode;
import android.graphics.SurfaceTexture;

import com.google.android.gms.common.ConnectionResult;
import com.google.android.gms.common.api.GoogleApiClient;
import com.google.android.gms.common.api.GoogleApiClient.ConnectionCallbacks;
import com.google.android.gms.common.api.GoogleApiClient.OnConnectionFailedListener;
import com.google.android.gms.wearable.DataApi;
import com.google.android.gms.wearable.DataMap;
import com.google.android.gms.wearable.MessageApi;
import com.google.android.gms.wearable.Node;
import com.google.android.gms.wearable.NodeApi;
import com.google.android.gms.wearable.PutDataMapRequest;
import com.google.android.gms.wearable.PutDataRequest;
import com.google.android.gms.wearable.Wearable;


public class SubActivity extends Activity {

    private GoogleApiClient client;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        CameraView view = new CameraView(this);
        setContentView(view);

        this.client = new GoogleApiClient.Builder(this)
        .addConnectionCallbacks(new GoogleApiClient.ConnectionCallbacks() {
            @Override
            public void onConnected(Bundle bundle) {
                Log.d("MyFragment", "onConnected");
            }
            @Override
            public void onConnectionSuspended(int i) {
                Log.d("MyFragment", "onConnectionSuspended");
            }
        })
        .addOnConnectionFailedListener(new GoogleApiClient.OnConnectionFailedListener() {
            @Override
            public void onConnectionFailed(ConnectionResult connectionResult) {
                Log.d("MyFragment", "onConnectionFailed");
            }
        })
        .addApi(Wearable.API)
        .build();
this.client.connect();
    }

    public class CameraView extends SurfaceView implements SurfaceHolder.Callback, Camera.PreviewCallback {
        private Camera mCamera = null;
        private SurfaceTexture mSurfaceTexture = null;
        private static final int Width = 640;
        private static final int Height = 480;
        private int Buffer;
        private float[] Kido;
        private int str;
        private static final int Width2 = 50;
        private static final int Scope = 200;
        private int strstr;
        private int Start;
        private Paint ShindenzuLine = new Paint();
        private SurfaceHolder Holder = null;
        private float sumKido = 0.0f;
        private int frame = 0;
        private int IntsumKido;

        public CameraView(Context context) {
            super(context);
            ShindenzuLine.setColor(Color.rgb(0, 255, 0));
            ShindenzuLine.setStrokeWidth(3);
            ShindenzuLine.setStyle(Style.STROKE);
            Holder = getHolder();
            Holder.addCallback(this);
        }

        public void surfaceCreated(SurfaceHolder holder) {
            Buffer = getWidth();
            Kido = new float[Buffer];
            str = (Buffer - Width2 * 2) / Scope;
            mCamera = Camera.open();
            try {
                mSurfaceTexture = new SurfaceTexture(0);
                mCamera.setPreviewTexture(mSurfaceTexture);
            } catch (IOException e) {
                e.printStackTrace();
            }
        }

        public void surfaceChanged(SurfaceHolder holder, int format, int w, int h) {
            stopPreview();
            Camera.Parameters params = mCamera.getParameters();
            params.setPreviewSize(Width, Height);
            params.setFlashMode(Camera.Parameters.FLASH_MODE_TORCH);
            mCamera.setParameters(params);
            Start = 0;
            strstr = 0;
            startPreview();
        }

        public void surfaceDestroyed(SurfaceHolder holder) {
            stopPreview();
            mCamera.release();
            mCamera = null;
        }

        @Override
        public void onPreviewFrame(byte[] data, Camera camera) {
            Kido[strstr % Buffer] = KidoKeisan(data);
            strstr++;
            Shindenzu();
        }

        private void startPreview() {
            mCamera.setPreviewCallback(this);
            mCamera.startPreview();
        }

        private void stopPreview() {
            mCamera.setPreviewCallback(null);
            mCamera.stopPreview();
        }

        private float KidoKeisan(byte[] data) {


            for (int y = Height / 4; y < Height * 3 / 4; y++) {
                for (int x = Width / 4; x < Width * 3 / 4; x++) {
                    sumKido += (float) (data[y * Width + x] & 0xff);
                    frame++;
                }
            }
            sumKido /= frame;
            IntsumKido = (int)sumKido;
            return sumKido;
        }

        private void Shindenzu() {
            int idx, idx_1;
            Canvas canvas = Holder.lockCanvas();
            if (canvas != null) {
                canvas.drawColor(0, Mode.CLEAR);
                if (strstr >= Scope) {
                    Start++;
                }
                for (int i = Start, x = 0; i < strstr - 1; i++, x++) {
                    idx = i % Buffer;
                    idx_1 = (i + 1) % Buffer;
                    canvas.drawLine(x * str + Width2, (Kido[idx] - 80) * 20, (x + 1) * str + Width2, (Kido[idx_1] - 80) * 20, ShindenzuLine);
                }
                Holder.unlockCanvasAndPost(canvas);
            }
        }


    }
}

wear\MainActivity.java

package com.example.taka.wtf;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.MotionEvent;

import com.google.android.gms.common.ConnectionResult;
import com.google.android.gms.common.api.GoogleApiClient;
import com.google.android.gms.wearable.DataApi;
import com.google.android.gms.wearable.DataMap;
import com.google.android.gms.wearable.PutDataMapRequest;
import com.google.android.gms.wearable.PutDataRequest;
import com.google.android.gms.wearable.Wearable;


public class MainActivity extends Activity
        implements GoogleApiClient.ConnectionCallbacks, GoogleApiClient.OnConnectionFailedListener{

    int gamenID = R.layout.rect_activity_main;
    private GoogleApiClient mGoogleApiClient;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.rect_activity_main);

    mGoogleApiClient = new GoogleApiClient
    .Builder(this)
    .addConnectionCallbacks(this)
    .addOnConnectionFailedListener(this)
    .addApi(Wearable.API)
    .build();
    }


    @Override
    protected void onResume() {
        super.onResume();
        mGoogleApiClient.connect();
    }

    @Override
    protected void onPause() {
        super.onPause();
        if (mGoogleApiClient != null && mGoogleApiClient.isConnected()) {
            mGoogleApiClient.disconnect();
        }
    }

    @Override
    public void onConnected(Bundle bundle) {
        Log.d("TAG", "onConnected");
    }

    @Override
    public void onConnectionSuspended(int i) {
        Log.d("TAG", "onConnectionSuspended");
    }

    @Override
    public void onConnectionFailed(ConnectionResult connectionResult) {
        Log.e("TAG", "onConnectionFailed: " + connectionResult);
    }

    @Override
    public boolean onTouchEvent(MotionEvent event) {

        if(event.getAction() == MotionEvent.ACTION_MOVE){
            if(gamenID == R.layout.rect_activity_main){
                setContentView(R.layout.lill);
                gamenID = R.layout.lill;
            }
            else if(gamenID == R.layout.lill){
                setContentView(R.layout.resonance);
                gamenID = R.layout.resonance;
            }
            else if(gamenID == R.layout.resonance){
                setContentView(R.layout.stress);
                gamenID = R.layout.stress;
            }
            else if(gamenID == R.layout.stress){
                setContentView(R.layout.hi_stress);
                gamenID = R.layout.hi_stress;
            }
        }
        return super.onTouchEvent(event);
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

GoogleApiClientでコネクションは生成していますが
Messageを送る
受け取る
実装が無いですね

分からないので記述できないというのであれば、こちらに例がありますが
https://akira-watson.com/android/wear_messageapi.html

Message 送信ではThreadを立てて

public void run() {

    NodeApi.GetConnectedNodesResult nodeResult = Wearable.NodeApi.getConnectedNodes(googleApiClient).await();

    for (Node node : nodeResult.getNodes()) {
        SendMessageResult result =
                Wearable.MessageApi.sendMessage(googleApiClient, node.getId(), path, handheldMessage.getBytes()).await();

        if (result.getStatus().isSuccess()) {
            Log.d(TAG, "To: " + node.getDisplayName());
            Log.d(TAG, "Message = " + handheldMessage );
        }
        else {
            Log.d(TAG, "Send error");
        }
    }

}


初期のころはなかなかメッセージが送られず再送信なども必要でしたが、最近はバージョンアップされて多少良くなった感があります。

Wear側は
WearableListenerServiceを継承したクラスを作成して
onMessageReceived()でメッセージを受け取ります
そのメッセージはLocalBroadcastManagerを使って反映させるのがポイントでしょうか

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/07/11 15:55

    上記のプログラムに加えてMessageを送る、受け取る動作の実装をしたのですがまた新たな問題が発生したので質問を作り直させてもらいます。
    回答をありがとうございました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.45%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る

  • Java

    16200questions

    Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズが開発したプログラミング言語です。表記法はC言語に似ていますが、既存のプログラミング言語の短所を踏まえていちから設計されており、最初からオブジェクト指向性を備えてデザインされています。セキュリティ面が強力であることや、ネットワーク環境での利用に向いていることが特徴です。Javaで作られたソフトウェアは基本的にいかなるプラットフォームでも作動します。

  • Android

    7420questions

    Androidは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットなど携帯端末向けのプラットフォームです。 カーネル・ミドルウェア・ユーザーインターフェイス・ウェブブラウザ・電話帳などのアプリケーションやソフトウェアをひとつにまとめて構成。 カーネル・ライブラリ・ランタイムはほとんどがC言語/C++、アプリケーションなどはJavaSEのサブセットとAndroid環境で書かれています。

  • Android Wear

    43questions

    Android Wearとは、Googleが発表した腕時計型ウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)向けのプラットフォームです。GoogleのAndroid OSをベースにしており、情報の入手・管理などを行うことができます。