質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.62%

CvdroneとArtoolkitのパターンファイルの認識について

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,571

gnuplot

score 8

前提・実現したいこと

ArtoolkitをCVdroneとARtoolkitを使用してパターンイメージファイルを認識させようと思っています

発生している問題・エラーメッセージ

パターンファイルの認識ができないです
パターンを印刷したものをカメラの前にもっていってもmarker_numの値が変わりません
プログラムに問題はあるでしょうか
ない場合はたぶん環境が整ってないのだと思うのですが。

該当のソースコード

#include <AR/ar.h>
#include <AR/gsub.h>
#include <AR/param.h>
#include <AR/video.h>
#include <AR/config.h>
#include "ardrone/ardrone.h"
// --------------------------------------------------------------------------
// main(引数の数、引数リスト)
// メイン関数です
// 戻り値 正常終了:0 エラー:-1
// --------------------------------------------------------------------------
int main(int argc, char **argv)
{



    // ARDrone
    ARDrone ardrone("192.168.1.1");

    //文字列表示のためフォントの初期化
    int font_face = CV_FONT_HERSHEY_SIMPLEX;
    CvFont font;
    cvInitFont(&font, font_face, 0.5, 1.0);
    //画面の情報表示のための変数宣言
    double pitch;
    double roll;
    double way;
    double velocity;
    double battery;
    double altitude;
    char str[100] = { 0 };
    ARUint8 *dataPtr;
    IplImage *image;
    ARMarkerInfo    *marker_info;  // 検出されたマーカの情報
    int             marker_num;    // 検出されたマーカの数
    int             j, k;
    int  xsize;                                         // ウィンドウサイズ
    int  ysize;                                         // ウィンドウサイズ
    int patt_id = -1;
    char* patt_name = "C:\patt.hiro";
    int  thresh = 100;


    if ((patt_id = arLoadPatt(patt_name)) < 0) {  // パターンファイルをロードする
        printf("pattern load error !!\n");
        std::cout << "pattern load error !!" << std::endl;
        return(0);
    }


    // メインループ
    while (1) {



        // 更新
        if (!ardrone.update()) break;
        int key = cvWaitKey(1);

        // 画像の取得
        image = ardrone.getImage();
        dataPtr = reinterpret_cast<ARUint8*>(image->imageData);
        if (arDetectMarker(dataPtr, thresh, &marker_info, &marker_num) < 0){
            std::cout << "みつかりません !!" << std::endl;
            return 0;
        }
        //arImage
    printf("%d\n", marker_num);      // 一致するマーカが見つからなかったら

        k = -1;
        for (j = 0; j < marker_num; j++) {
            if (patt_id == marker_info[j].id) {
                if (k == -1) k = j;
                else if (marker_info[k].cf < marker_info[j].cf) k = j;
            }
        }
        if (k == -1) {

        }
        //現在の値の取得
        pitch = ardrone.getPitch();
        roll = ardrone.getRoll();
        way = ardrone.getYaw();
        velocity = ardrone.getVelocity();
        battery = ardrone.getBatteryPercentage();
        altitude = ardrone.getAltitude();
        //文字列化と表示
        sprintf(str, "Roll Axis %f", roll);
        cvPutText(image, str, cvPoint(30, 90), &font, cvScalar(255, 0, 0, 255));
        sprintf(str, "Pitch Axis %f", pitch);
        cvPutText(image, str, cvPoint(30, 110), &font, cvScalar(255, 0, 0, 255));
        sprintf(str, "Yaw Axis %f", way);
        cvPutText(image, str, cvPoint(30, 130), &font, cvScalar(255, 0, 0, 255));
        sprintf(str, "Velocity%f", velocity);
        cvPutText(image, str, cvPoint(30, 150), &font, cvScalar(255, 0, 0, 255));
        sprintf(str, "Battery %f", battery);
        cvPutText(image, str, cvPoint(30, 170), &font, cvScalar(255, 0, 0, 255));
        sprintf(str, "Altitude %f", altitude);
        cvPutText(image, str, cvPoint(30, 190), &font, cvScalar(255, 0, 0, 255));


        cvShowImage("camera", image);
        // Escで終了
        if (key == 0x1b) break;
        static int mode = 0;
        if (key == 'c') ardrone.setCamera(++mode % 2);
        else if (key == 's') cvSaveImage("test.jpg", image);
    }

    return 0;
}

試したこと

カメラの前に出す画像を変えたり、パターンファイルを変えたりしました

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

VS2013

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.62%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る