質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

解決済

JSで指定した日から10営業日前の日付の計算をしたい

tomato01
tomato01

総合スコア75

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

1回答

0評価

2クリップ

190閲覧

投稿2022/01/10 05:49

以前にJSで、指定した日程から50営業日後の日付を計算したいと思い質問をさせて頂き回答を頂き解決をしたのですが(日曜・祝祭日は営業日にカウントしないようにする)、今度は指定した日から10営業日前の計算をする必要があり質問をさせて頂きます。

前回の回答のURL:https://teratail.com/questions/372495

以前に教えて頂いたコードでintervalの部分に 10営業日前(-10)と入力をすると求めたい値がNANになってしまいます。
NANにならないで営業日前の日程を計算するにはどのようにコードを調整すればいいでしょうか。

以前に教えて頂いたコード

const today="2021-12-06"; // (1)今日の日付 const interval=50; // (2)求めたいn日後 const holiday=["2022-01-01","2022-01-10","2022-02-11","2022-02-23"].map(x=>new Date(x).getTime()); // (3)祝日のリスト作成 const d1=new Array(interval*2).fill(null).map((_,x)=>new Date(today).getTime()+60*60*24*1000*(x+1)); // (4)余裕をもって求めたいn日後の2倍の日付を配列に保持 const d2=d1.filter(x=>!holiday.includes(x)&&new Date(x).getDay()>0).map(x=>new Date(x)); // (5)祝日に含まれるか、日曜日を除く console.log(d2[interval-1]); // (6)n日後を取り出すため1引いて参照

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。