質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
Redux

Reduxは、JavaScriptアプリケーションの状態を管理するためのオープンソースライブラリです。ReactやAngularで一般的にユーザーインターフェイスの構築に利用されます。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

解決済

connected-react-router ページ遷移前後でstateを同期したい

marusa
marusa

総合スコア16

Redux

Reduxは、JavaScriptアプリケーションの状態を管理するためのオープンソースライブラリです。ReactやAngularで一般的にユーザーインターフェイスの構築に利用されます。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。

1回答

0評価

0クリップ

484閲覧

投稿2021/12/17 10:03

前提・実現したいこと

react + redux + connected-react-routerを用いて、
画面1でstoreの状態を更新 → 画面2に遷移してstoreの状態を表示する、
というアプリケーションを作成しています。

発生している問題・エラーメッセージ

画面1でstoreの状態を更新しても、画面2に遷移した際に初期化されてしまう。

該当のソースコード

  • actioncreator.js
export function samplefunc1() { return { type: 'sample1', content: 'func1 text', custom: false, } } export function samplefunc2(text) { return { type: 'sample2', content: text, custom: true, } }
  • reducers.js
import { combineReducers } from 'redux'; import { connectRouter } from 'connected-react-router'; const createRootReducer = (history) => combineReducers({ router: connectRouter(history), app_main: reduxsampleApp, }); const initialState = { content: 'default', custom: false, }; function reduxsampleApp(state = null, action) { switch (action.type) { case 'sample1': return Object.assign({}, state, { content: action.content, custom: action.custom, }) case 'sample2': return Object.assign({}, state, { content: action.content, custom: action.custom, }) default: return initialState } } export default createRootReducer;
  • configureStore.js
import { createBrowserHistory } from 'history'; import { applyMiddleware, compose, createStore } from 'redux'; import { routerMiddleware } from 'connected-react-router'; import createRootReducer from './reducers'; export const history = createBrowserHistory(); export default function configureStore(preloadedState) { const store = createStore( createRootReducer(history), preloadedState, compose( applyMiddleware( routerMiddleware(history), ), ), ); return store; }
  • index.js
import React from 'react'; import ReactDOM from 'react-dom'; import { Route, Switch } from 'react-router-dom'; import { Provider } from 'react-redux'; import { ConnectedRouter } from 'connected-react-router'; import SamplePage1 from './SamplePage1'; import SamplePage2 from './SamplePage2'; import configureStore, { history } from './configureStore'; import propTypes from 'prop-types'; const store = configureStore(); class Index extends React.Component { render() { return ( <Provider store={store}> <ConnectedRouter history={history}> <Switch> <Route exact path="/" component={SamplePage1} /> <Route exact path="/page2" component={SamplePage2} /> </Switch> </ConnectedRouter> </Provider> ) } } Index.propTypes = { history: propTypes.object, } ReactDOM.render( <Index />, document.getElementById("index") );
  • SamplePage1.js
import React from 'react'; import Button from '@material-ui/core/Button'; import propTypes from 'prop-types'; import { connect } from 'react-redux'; import { samplefunc1, samplefunc2 } from './actioncreator'; import { push } from 'connected-react-router'; const text = "func2 text"; function SamplePage1(props) { return ( <div> <Button onClick={props.func1}> func1. </Button> <Button onClick={() => props.func2(text)}> func2. </Button> <Button onClick={() => props.nextpage("./page2")}> move to page2. </Button> <br /> Content: {props.content} <br /> Custom: {(props.custom) ? "true" : "false"} </div> ); } SamplePage1.propTypes = { content: propTypes.string, custom: propTypes.bool, func1: propTypes.func.isRequired, func2: propTypes.func.isRequired, } const mapStateToProps = state => ({ content: state.app_main.content, custom: state.app_main.custom, }) const mapDispatchToProps = dispatch => ({ func1: () => dispatch(samplefunc1()), func2: (text) => dispatch(samplefunc2(text)), nextpage: (path) => dispatch(push(path)), }) export default connect(mapStateToProps, mapDispatchToProps)(SamplePage1);
  • SamplePage2.js
import React from 'react'; import Button from '@material-ui/core/Button'; import { connect } from 'react-redux'; function SamplePage2(props) { return ( <div> <Button href="./"> back to page1. </Button><br /> Content: {props.content}<br /> Custom: {(props.custom) ? "true" : "false"} </div> ); } const mapStateToProps = state => ({ content: state.app_main.content, custom: state.app_main.custom, }) export default connect(mapStateToProps)(SamplePage2);

試したこと

  • SamplePage1.js

遷移方法を以下の3種類で試した→いずれもNG

<Button> <Link to="./page2"> move to page2. </Link> </Button>
<Button href="./page2> move to page2. </Button>
<Button onClick={() => props.nextpage("./page2", props)> ~~~ 略 ~~~ nextpage: (path, props) => dispatch(push(path, {content: props.content, custom: props.custom}))

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

  • react v17.0.1
  • react-redux v7.2.6
  • connected-react-router v6.9.2

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Redux

Reduxは、JavaScriptアプリケーションの状態を管理するためのオープンソースライブラリです。ReactやAngularで一般的にユーザーインターフェイスの構築に利用されます。

JavaScript

JavaScriptは、プログラミング言語のひとつです。ネットスケープコミュニケーションズで開発されました。 開発当初はLiveScriptと呼ばれていましたが、業務提携していたサン・マイクロシステムズが開発したJavaが脚光を浴びていたことから、JavaScriptと改名されました。 動きのあるWebページを作ることを目的に開発されたもので、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されています。

React.js

Reactは、アプリケーションのインターフェースを構築するためのオープンソースJavaScriptライブラリです。