質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
ドラッグ&ドロップ

コンピューターのGUIにおいて、バーチャルなものを「つかむ」ことによって選択し、別の場所や他のバーチャルなものの上に動かす行為、またはその行為に対応していることを指す。

関数

関数(ファンクション・メソッド・サブルーチンとも呼ばれる)は、はプログラムのコードの一部であり、ある特定のタスクを処理するように設計されたものです。

文字コード

文字コードとは、文字や記号をコンピュータ上で使用するために用いられるバイト表現を指します。

Xcode

Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

解決済

【swift】エラーはないものの、画像(UIimage)が動かない

kikujiroupurin
kikujiroupurin

総合スコア1

ドラッグ&ドロップ

コンピューターのGUIにおいて、バーチャルなものを「つかむ」ことによって選択し、別の場所や他のバーチャルなものの上に動かす行為、またはその行為に対応していることを指す。

関数

関数(ファンクション・メソッド・サブルーチンとも呼ばれる)は、はプログラムのコードの一部であり、ある特定のタスクを処理するように設計されたものです。

文字コード

文字コードとは、文字や記号をコンピュータ上で使用するために用いられるバイト表現を指します。

Xcode

Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています

1回答

0評価

0クリップ

244閲覧

投稿2021/11/26 06:06

複数の画像をそれぞれに指でドラッグして、任意の場所まで動かしたい

swift初心者です。
複数の食べ物の画像と、口の画像を Storybordに配置、指でドラッグして口まで動かす。
最終的に口に運んだ時点で画像が消える。というアプリを作成しています。
画像それぞれに座標を取得、画像の範囲内であればtrue、範囲外であればfalseとすることで、
タッチした画像のみ動かせるようにしたく、コードを作成しました。

タッチは検知できているがドラッグができない。

true、falseの判定はprint(Inside/outside)の結果を見る限り、問題なさそうです。
そうなるとoverride func touchesMovedの関数のなかが怪しいかと思いますが、
特にエラーもないので、何が違うのか辿り着けませんでした。
素人のコードなので見にくかったら申し訳ありません。ご教授お願いします。

該当のソースコード

swift

import UIKit class ViewController: UIViewController { @IBOutlet weak var bananaImageView: UIImageView! @IBOutlet weak var cherryImageView: UIImageView! var startPoint: CGPoint? var startPoint2: CGPoint? var bananaImageNowPoint: CGPoint? var cherryImageNowPoint: CGPoint? var isImageInside: Bool? override func viewDidLoad() { bananaImageView.image = UIImage(named: "banana") cherryImageView.image = UIImage(named:"cherry") // 識別するためにtag設定 bananaImageView.tag = 100 cherryImageView.tag = 200 // 画像のフレームを設定 bananaImageView.frame = CGRect(x:50, y:150, width:100, height:100) cherryImageView.frame = CGRect(x:247, y:151, width:100, height:100) //タップを検出 bananaImageView.isUserInteractionEnabled = true cherryImageView.isUserInteractionEnabled = true //isUserInteractionEnabledとセット? self.view.addSubview(bananaImageView) self.view.addSubview(cherryImageView) } // 画面にタッチで呼ばれる override func touchesBegan(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) { // タッチをやり始めた座標を取得 let touch: UITouch = touches.first! startPoint = touch.location(in: bananaImageView) startPoint2 = touch.location(in: cherryImageView) //println("startPoint =(startPoint)") // タッチをやり始めた時のイメージの座標を取得 bananaImageNowPoint = self.bananaImageView.frame.origin cherryImageNowPoint = self.cherryImageView.frame.origin print("bananaImageNowPoint =(String(describing: bananaImageNowPoint) )") let MinX = bananaImageNowPoint!.x print(MinX) let MaxX = bananaImageNowPoint!.x + self.bananaImageView!.frame.width print(MaxX) let MinY = bananaImageNowPoint!.y print(MinY) let MaxY = bananaImageNowPoint!.y + self.bananaImageView!.frame.height print(MaxY) let MinX2 = cherryImageNowPoint!.x let MaxX2 = cherryImageNowPoint!.x + self.cherryImageView!.frame.width let MinY2 = cherryImageNowPoint!.y let MaxY2 = cherryImageNowPoint!.y + self.cherryImageView!.frame.height print(startPoint!.x) print(startPoint!.y) //print(startPoint2!.x) //print(startPoint2!.y) // イメージの範囲内をタッチした時のみisImageInsideをtrueにする if (MinX <= (startPoint!.x+50) && (startPoint!.x+50) <= MaxX) && (MinY <= (startPoint!.y+150) && (startPoint!.y+150) <= MaxY) { print("Inside of banana") isImageInside = true } else { print("Outside of banana") isImageInside = false } // イメージの範囲内をタッチした時のみisImageInsideをtrueにする if (MinX <= startPoint2!.x && startPoint2!.x <= MaxX) && (MinY <= startPoint2!.y && startPoint2!.y <= MaxY) { print("Inside of cherry") isImageInside = true } else { print("Outside of cherry") isImageInside = false } } // ドラッグ時に呼ばれる override func touchesMoved(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) { if isImageInside! { // タッチ中の座標を取得 let touch: UITouch = touches.first! let location: CGPoint = touch.location(in: self.view) print("location =(location)") // 移動量を計算 let deltaX: CGFloat = CGFloat((location.x) - (startPoint!.x+50)) let deltaY: CGFloat = CGFloat((location.y) - (startPoint!.y+150)) print("deltaX: (deltaX), deltaY: (deltaY)") let deltaX2: CGFloat = CGFloat(location.x - startPoint2!.x) let deltaY2: CGFloat = CGFloat(location.y - startPoint2!.y) // イメージを移動 self.bananaImageView.frame.origin.x = bananaImageNowPoint!.x + deltaX self.bananaImageView.frame.origin.y = bananaImageNowPoint!.y + deltaY self.cherryImageView.frame.origin.x = cherryImageNowPoint!.x + deltaX self.cherryImageView.frame.origin.y = cherryImageNowPoint!.y + deltaY } else { // Do nothing } } // ドラッグ終了 override func touchesEnded(_ touches: Set<UITouch>, with event: UIEvent?) { } override func didReceiveMemoryWarning() { super.didReceiveMemoryWarning() // Dispose of any resources that can be recreated. } }

口の画像の座標で画像が消えるという部分はまだ何もしていない状況です。
下記参考
//タップした画像で座標を取得 https://prince9.hatenablog.com/entry/20150517/1431817999
//Swiftで、複数の画像それぞれに対するドラッグ&ドロップの実装について https://teratail.com/questions/18107
//タッチで画像を動かす https://anthrgrnwrld.hatenablog.com/entry/2015/04/14/231830

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

ドラッグ&ドロップ

コンピューターのGUIにおいて、バーチャルなものを「つかむ」ことによって選択し、別の場所や他のバーチャルなものの上に動かす行為、またはその行為に対応していることを指す。

関数

関数(ファンクション・メソッド・サブルーチンとも呼ばれる)は、はプログラムのコードの一部であり、ある特定のタスクを処理するように設計されたものです。

文字コード

文字コードとは、文字や記号をコンピュータ上で使用するために用いられるバイト表現を指します。

Xcode

Xcodeはソフトウェア開発のための、Appleの統合開発環境です。Mac OSXに付随するかたちで配布されています。

Swift

Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語で、Objective-CやObjective-C++と共存することが意図されています