質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.38%

FirebaseのStorage機能でPDFファイルを表示したいが、CORSエラーがでてしまう。

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 192

score 3

FirebaseのStorageにアップロードしたPDFファイルをReact.jsのアプリ上で表示したい。
PDFを表示できるコンポーネントに、PDFファイルのStorage上でのURLを直接渡して表示させようとしたがCORSラーがでてしまう。
同じコンポーネントに、ウェブ上に上がっているPDFファイルのURLを渡して表示させることは出来ています。
また同じくFirebaseのStrageにアップロードした画像ファイルはイメージタグによって表示することは出来ています。
これはなぜなのでしょうか。どなたか教えてください。。

↓説明の補足
イメージ説明

import * as React from 'react';
import { useState,useEffect } from 'react';
import { DataGrid } from '@material-ui/data-grid';
import firebase from 'firebase/app';

const columns = [
  { field: 'id', headerName: 'ID', width: 80 },
  {
    field: 'title',
    headerName: 'タイトル',
    width: 300,
    editable: true,
  },
  {
    field: 'category',
    headerName: 'カテゴリー',
    width: 150,
    editable: true,
  },
  {
    field: 'status',
    headerName: 'ステータス',
    width: 120,
    editable: true,
  },
  {
    field: 'about',
    headerName: '概要',
    description: 'This column has a value getter and is not sortable.',
    sortable: false,
    editable: true,
    width: 200,
  },
];

export default function DataTable({setPdfurl,pdfurl}) {
  const [rows, setRows] = useState(null)
  const [select, setSelect] = useState([{category: "", title: "", id:"", status: "", url: ""}]);

//ここでPDFの一覧を取得
  useEffect(() => {
    firebase
      .firestore()
      .collection("elearnings")
      .orderBy(`id`, `desc`)
      .limit(50)
      .onSnapshot((snapshot) => {
        const elearningcollections = snapshot.docs.map((doc) => {
          return doc.data();
        });
        setRows(elearningcollections);
      });
  },[]);

//Datagrid上で選択したPDFファイルのURLをstateに格納、このstateをPDF閲覧用のコンポーネントに渡す
  const handleSet = () => {
    setPdfurl(select[0]['url'])
  }
//選択状態をstateに格納し、何が選択されているかをアプリ上で確認可能
  const handleRowSelection = (e) => {
    setSelect(e.map((ri) => rows[ri-1]))
  }

  return (
    <div style={{ height: 400, width: '100%' }}>        
      {select[0]['title'] &&
        <div>
          <h4>「{select[0]['title']}」を閲覧</h4> 
          <button onClick={handleSet}>View</button>
        </div>
      }
      {rows &&
        <DataGrid
          rows={rows}
          columns={columns}
          pageSize={5}
          disableMultipleSelection={true}
          Selection={true}
          onSelectionModelChange={handleRowSelection} 
        />
      }
    </div>
  );
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

質問への追記・修正、ベストアンサー選択の依頼

  • ockeghem

    2021/08/31 18:50

    エラーメッセージの全文と、Firebaseから返ってくるレスポンスヘッダ(できればリクエストヘッダも)を追記してください

    キャンセル

  • AgeSasami

    2021/08/31 23:55

    コンソールに表示されるエラーメッセージは、
    Access to fetch at 'https://firebasestorage.googleapis.com/v0/b/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx.appspot.com/o/xxxxxxxx%2Fxxxxxxxxxx.pdf?alt=media&token=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx&#039; from origin 'http://localhost:3000&#039; has been blocked by CORS policy: No 'Access-Control-Allow-Origin' header is present on the requested resource. If an opaque response serves your needs, set the request's mode to 'no-cors' to fetch the resource with CORS disabled.

    です。また他にも
    Error while opening the document !
    UnknownErrorException {message: "Failed to fetch", name: "UnknownErrorException", details: "TypeError: Failed to fetch"}

    というPDF-viewerからのエラーメッセージもあります。

    リクエストヘッダーが、
    :authority: firebasestorage.googleapis.com
    :method: GET
    :path: /v0/b/xxxxxxxxxxxxxxxxx.appspot.com/o/xxxxxxxxxxxxx%2Fxxxxxxxxxxxxxxxx.pdf?alt=media&token=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    :scheme: https
    accept: */*
    accept-encoding: gzip, deflate, br
    accept-language: ja,en-US;q=0.9,en;q=0.8
    origin: http://localhost:3000
    referer: http://localhost:3000/
    sec-ch-ua: "Chromium";v="92", " Not A;Brand";v="99", "Google Chrome";v="92"
    sec-ch-ua-mobile: ?1
    sec-fetch-dest: empty
    sec-fetch-mode: cors
    sec-fetch-site: cross-site
    user-agent: Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0; Nexus 5 Build/MRA58N) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.131 Mobile Safari/537.36
    x-client-data: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx+xxxxxxxxxxxxxxxxxx==
    Decoded:
    message ClientVariations {
    // Active client experiment variation IDs.
    repeated int32 variation_id = [xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx, xxxxxxx];
    // Active client experiment variation IDs that trigger server-side behavior.
    repeated int32 trigger_variation_id = [xxxxxxx];
    }

    でして、レスポンスヘッダーが、
    accept-ranges: bytes
    alt-svc: h3=":443"; ma=2592000,h3-29=":443"; ma=2592000,h3-T051=":443"; ma=2592000,h3-Q050=":443"; ma=2592000,h3-Q046=":443"; ma=2592000,h3-Q043=":443"; ma=2592000,quic=":443"; ma=2592000; v="46,43"
    cache-control: private, max-age=0
    content-disposition: inline; filename*=utf-8''xxxxxxxxxxxxxxxx.pdf
    content-length: 637428
    content-type: application/pdf
    date: Tue, 31 Aug 2021 13:08:33 GMT
    etag: "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"
    expires: Tue, 31 Aug 2021 13:08:33 GMT
    last-modified: Wed, 25 Aug 2021 01:18:20 GMT
    server: UploadServer
    x-goog-generation: XXXXXXXXXXXXXX
    x-goog-hash: crc32c=xxxxxxxx==
    x-goog-hash: md5=XXXXXXXXXXXXXXXXXXX==
    x-goog-meta-firebasestoragedownloadtokens: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    x-goog-metageneration: 1
    x-goog-storage-class: STANDARD
    x-goog-stored-content-encoding: identity
    x-goog-stored-content-length: 637428
    x-guploader-uploadid: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

    というかんじです。403などが返ってきていないのが私にはなぜか分からないのですが、、
    よろしくお願いいたします。

    キャンセル

回答 1

checkベストアンサー

0

Firebase StorageにCORSの設定がされていないですね。私は使ったことがないですが、以下の記事が参考になるかもしれません。

Firebase StorageにCORSの設定をする - Qiita

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2021/09/04 17:42

    ありがとうございます!この記事でうまくいきました。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.38%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る