質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.47%

  • PHP

    20870questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • CakePHP

    2362questions

    CakePHPは、PHPで書かれたWebアプリケーション開発用のフレームワークです。 Ruby on Railsの考え方を多く取り入れており、Railsの高速性とPHPの機動性を兼ね備えています。 MVCやORMなどを「規約優先の考え方」で利用するため、コードを書く手間を省くことができます。 外部のライブラリに依存しないので、単体での利用が可能です。

PHP CakePHP2 SoftDeleteBehaviorでの論理削除で物理削除されてしまう

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 1,644

urdapple

score 57

CakePHP バージョン 2.8.4
論理削除利用ビヘイビア SoftDeleteBehavior(https://github.com/CakeDC/utils/blob/master/Model/Behavior/SoftDeleteBehavior.php)

以上の環境でWebアプリを開発しています。
結論から言うと、論理削除されるべき部分が物理削除されてしまいます。

●状況
SoftDeleteBehavior.php内のbeforeDeleteメソッド、実際に論理削除をしているdeleteメソッド内での動きを追いかけたところ、問題なく論理削除をされていました。(Deletedカラムにtrue(1)が入っている)
しかし結果として物理削除されてしまっています。

そこで実際にデリートをしているコントローラーのアクションの内部で、$this->モデル名->delete()をしている直後に

debug($this->モデル名->getDataSource()->getLog());


としてSQLを確認したところ、やはりupdateされた上で、再度deleteされていることが確認されました。
そうなると、大元のCakePHPのデリート行為をビヘイビアで止められていないということなのでしょうが、なぜうまく止まってくれないのかがわかりません。

●行った設定
/app/Model/Behavior内に「SoftDeleteBehavior.php」ファイルを設置
AppModel.phpのAppModelクラス内に

public $actsAs = array( 'SoftDelete' );


を記述。
DBの該当テーブルに
「deleted」(tinyInt型(1) デフォルト0)
「deleted_date」(datetime型)
を設定。
Model、Controller、ViewはBakeしたデフォルトのまま使用。

どなたかきっかけになりそうなヒントだけでもいいので、情報をご存じの方はご享受ください。
必要情報で不足がありましたら、提示いただければ追記します。

よろしくお願いします。

・追記
同じ症状に悩まされた方いらっしゃいますか?
またその場合「根本的な解決はしなかったけれど、こういう方法で回避した」という例もあればお教え下さい。
よろしくお願いします。

【以下、回答に対する追記】
回答に対する追記画像

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

delete時のソースを追っていくと、Model.php内で対象レコードが存在した場合に、物理削除を行っていますね
処理の流れとしては、model->deleteが呼び出される前にSoftDeleteBehavior->beforeDeleteが呼び出され、その中でDeletedを0->1に変更しています
そのあと、model->deleteが処理されて物理削除しているので、以下のようにしてレコードの存在確認をFalseにすることで、model->deleteを無効にすることができるようです

class AppModel extends Model {
    // 以下のコードを追加
    public function exists($id = null) {
        if ($this->Behaviors->loaded('SoftDelete')) {
            return $this->existsAndNotDeleted($id);
        } else {
            return parent::exists($id);
        }
    }
}

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/05/20 16:25 編集

    ありがとうございます。

    早速AppModel 内に追記したところ、当該レコードは物理削除されず、ちゃんとdeletedフィールドにも1が入り、更にdaleted_dateフィールドにも削除日時が入るように(論理削除されるように)なりました・・・が、同時に新たにレコードができてしまいました・・・
    そのレコードは他に情報はなく、deletedに1、deleted_dateには上記と同じ日時だけが入っています。(createdとmodifiedにも同じ日付)

    テーブル内のスクショを添付しました↑質問内最下段

    キャンセル

  • 2016/05/20 16:38 編集

    SoftDeleteBehaviorのソースを見ると、undelete()というメソッド内で、新規レコードを作製する処理があるように見えます
    ただし、このメソッドを呼び出す処理は、SoftDeleteBehavior内やModelにも見当たりません
    もしかしたら、どこかで呼び出している処理を書かれていないか、ご確認ください

    ちなみに、自分の環境(CakePHP2.7でcontroller、Model、Viewはbakeにより生成)では、ご報告のあった事象は再現していません

    キャンセル

  • 2016/05/20 17:08

    おおおぉ、ホントですね!
    beforeDelete()とdelete()しか見てなかったです。

    ただ別件で気になっているのは「CakePHP 論理削除」で検索すると、かなり多くの方がこの「SoftDeleteBehavior」を使われているにも関わらず、同じ症状に悩んでいる方がまったくいないことなんですよね。
    自分の環境だけで起こりえる症状なのだとしたら何が原因でそうなっているのかを知りたいので、今しばらく質問はこのままにさせていただきます。(同じ状況で躓いて独自解決された方を募集するため)

    ありがとうございました。

    キャンセル

  • 2016/05/20 18:56

    ちなみに「undelete」って単語を含んだファイルがないか検索しましたが当該ビヘイビアファイル以外見つかりませんでした。
    何のためにあるメソッドなのか謎です・・・

    キャンセル

  • 2016/05/20 20:00

    そうですね、自分もプロジェクト内を全検索して、undeleteがCake側からも呼ばれていないことを確認しているので、urdappleさんの事象は変だなぁとは思っています

    >ただ別件で気になっているのは「CakePHP 論理削除」で検索すると、かなり多くの方がこの「SoftDeleteBehavior」を使われているにも関わらず、同じ症状に悩んでいる方がまったくいないことなんですよね。

    自分もネットを検索したところでは、いろいろな情報が引っかかってくるのですが、existsメソッドをオーバーライドしないと問題が出るという件をきちんと書いているブログはなかったですね
    ちなみに、GitHubのhttps://github.com/CakeDC/utilsには、AppModel.phpのexistsメソッドに記述を追加しろということは記載されていますね

    自分なりに考えてみると、思っているほどみんなこのユーティリティを使っていないのかなぁと思ったりします
    また、最終的にModelクラスのDeleteメソッドを、existsメソッドに細工することで動作しないようにし、その結果としてDeleteメソッドがFalseを返すという仕様はどうなんだろうなぁと考えたりします
    もし、プロジェクトチームで開発を行っているのであれば、このユーティリティの仕様をきちんとチーム内で共有しておかないと、後々で仕様を勘違いして問題が発生するかもしれませんね
    正直、自分ならこのユーティリティの利用はお薦めしませんね(苦笑

    キャンセル

  • 2016/05/20 22:17

    まずはごめんなさい!!m(_ _)m

    上記提示メソッドでexistsを上書きすることで、結果うまく動きましたm(_ _)m

    妙な動作をしてしまっていたのは、動作の確認のために、Cakeの「/lib/Cake/Model/Model.php」本体のdeleteメソッドを一部コメントアウトしてしまっていたのが原因でした_| ̄|○<アホでスイマセン

    "正直、自分ならこのユーティリティの利用はお薦めしませんね"
    ですよね(;´Д`)
    以前からcakeは使用していて、論理削除も実装経験はあるのですが、find都度deleted = '0'が必要であったり後から改造を加える上でテーブルが増えれば増えるほど面倒な作業になってしまうので、今回初めて論理削除にビヘイビアを利用してみようと思い立ったらこんなことに・・・

    結果から言って動くようにはなったのですが、理屈が矛盾している(おっしゃる通りfalseが帰ってくれば削除OKみたいな)ソースだったりするので、ちょっと考え中です。
    むしろ自分でAppModelにbeforeDeleteとbeforeFindで手を加えてしまった方が間違いはないのかもしれませんね( ̄▽ ̄;)

    今回は本当にありがとうございましたm(_ _)m

    キャンセル

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • PHP

    20870questions

    PHPは、Webサイト構築に特化して開発されたプログラミング言語です。大きな特徴のひとつは、HTMLに直接プログラムを埋め込むことができるという点です。PHPを用いることで、HTMLを動的コンテンツとして出力できます。HTMLがそのままブラウザに表示されるのに対し、PHPプログラムはサーバ側で実行された結果がブラウザに表示されるため、PHPスクリプトは「サーバサイドスクリプト」と呼ばれています。

  • CakePHP

    2362questions

    CakePHPは、PHPで書かれたWebアプリケーション開発用のフレームワークです。 Ruby on Railsの考え方を多く取り入れており、Railsの高速性とPHPの機動性を兼ね備えています。 MVCやORMなどを「規約優先の考え方」で利用するため、コードを書く手間を省くことができます。 外部のライブラリに依存しないので、単体での利用が可能です。