質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.02%
Haskell

Haskellは高い機能性をもった関数型プログラミング言語で、他の手続き型プログラミング言語では難しいとされている関数でも容易に行うことができます。強い静的型付け、遅延評価などに対応しています。

ユニットテスト

ユニットテストは、システムのテスト手法の一つで、個々のモジュールを対象としたテストの事を指します。対象のモジュールが要求や性能を満たしているか確認する為に実行します。

Q&A

受付中

haskellでIOのUnitテストをしたい

qoopty
qoopty

総合スコア15

Haskell

Haskellは高い機能性をもった関数型プログラミング言語で、他の手続き型プログラミング言語では難しいとされている関数でも容易に行うことができます。強い静的型付け、遅延評価などに対応しています。

ユニットテスト

ユニットテストは、システムのテスト手法の一つで、個々のモジュールを対象としたテストの事を指します。対象のモジュールが要求や性能を満たしているか確認する為に実行します。

2回答

0グッド

1クリップ

412閲覧

投稿2021/05/11 02:41

前提・実現したいこと

標準出力、標準入力のテストをしたい
実際にはこの問題
のテストを作りたいです。

IOテストの現在の標準みたいなのがあればそれがしりたいです。

試したこと

1.Haskellで副作用をモックしてテストを書くを参考に書いてみたけど動かず
2.Haskell で書いた Web サービスにおける IO 部分の自動テストをもとに実装をしようと思ったが理解できず実装できなかった。

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

windows10

$stack --version
Version 2.5.1, Git revision d6ab861544918185236cf826cb2028abb266d6d5 x86_64 hpack-0.33.0

stack.yaml

yaml

1resolver: 2 url: https://raw.githubusercontent.com/commercialhaskell/stackage-snapshots/master/lts/17/10.yaml

サンプルコード(コンパイルエラー)

haskell

1{-# LANGUAGE GeneralizedNewtypeDeriving #-} 2import Control.Monad 3import Control.Monad.Writer 4import Control.Monad.Reader 5import Control.Monad.Identity 6import System.IO 7 8prettyPrint :: (Monad m, MonadStdout m) => String -> m () 9prettyPrint ss= print ss 10 11class MonadStdout m where 12 putStrLnM:: String -> m () 13 14instance MonadStdout IO where 15 putStrLnM = putStrLn 16 17data Settings = Settings -- whatever you like 18newtype MockT m a = MockT (WriterT String (ReaderT Settings m) a) 19 deriving (Functor, Applicative, Monad) 20 21runMockT :: MockT m a -> Settings -> m (a, String) 22runMockT (MockT w) = runReaderT $ runWriterT w 23 24runMock :: MockT Identity a -> Settings -> (a, String) 25runMock = fmap runIdentity . runMockT 26 27instance MonadTrans MockT where 28 lift = MockT . lift . lift 29 30instance Monad m => MonadStdout (MockT m) where 31 putStrLnM s = MockT $ tell $ s <> "\n" 32 33spec :: Monad m => m ((), String) 34spec = flip runMockT Settings $ 35 prettyPrint "something1" 36 37main = spec 38

以下のような質問にはグッドを送りましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

グッドが多くついた質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

回答2

1

残念ながら、「IOテストの現在の標準」にあたるものはありません。ものすごくいろいろな方法が作られています。

ひとまず、挙げていただいたコードを直すとすると、 prettyPrint関数を例えば????のように直してください:

hs

1prettyPrint :: (Monad m, MonadStdout m) => String -> m () 2prettyPrint ss= putStrLnM $ show ss

print はあくまでも入出力のための関数であり、テストでは使いにくいので、テストで使わないために他の関数で置き換えてしまおう、というのが「試したこと」に挙げたページでのアプローチです。なのでここではprint関数を使わず、MonadStdoutのメソッド(putStrLnM)を使って定義する必要があります。

このように、「他の関数で置き換えてしまう」アプローチは本当にIOを使うわけではないので実行効率はいいものの、微妙に振る舞いが異なる場合がある、というのが弱点です。

Haskellで(実はHaskell以外でも)IOが絡んだテストをするときには、しばしばこのアプローチがとられます。調べて出てくる大半の方法は突き詰めればこの「他の関数で置き換えてしまおう」という作戦です。
(main-testerは敢えてそこで本物のIOを使うよう推奨することで、より実際に近いテストにしています)

投稿2021/05/15 08:53

igrep

総合スコア423

qoopty👍を押しています

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

qoopty

2021/05/16 04:59

>Haskellで(実はHaskell以外でも)IOが絡んだテストをするときには、しばしばこのアプローチがとられます。 一般的にmockって言われてるものと同じということでいいでしょうか? pythonは比較的簡単にできますよね。 javaは何らかのframeworkを使ってできた記憶があります。(ほかの言語はあまりしらない) ほんとの結合テストにするのか ほかの関数で置き換えるのか どちらかのアプローチしかなさそうですね。 #IOテストはずっと課題だと思うんですが、難しいのかな
igrep

2021/05/16 09:38

そうです。Haskellの場合良くも悪くも、あらかじめ実装者がmockできる余地を作っておかなければmockできないという特性があるので、難易度は他の言語と比べて上がってしまいます。変に書き換えられないという意味で良いところでもあるのですが。

1

main-tester パッケージを使えば標準入出力のテストができるようになります。

main-tester に関する詳しい情報は Haskell-jp のブログをご覧ください。

まずライブラリーとして main を定義します。下記のコードでは仮に標準入力を標準出力にエコーしています。ただし AtCoder に提出するときはモジュール名を Main にしてください。

lang

1-- UnitTestIO.hs 2 3module UnitTestIO (main) where 4 5main :: IO () 6main = interact id

テストは次のように記述します。

lang

1-- UnitTestIOSpec 2 3{-# LANGUAGE OverloadedStrings #-} 4 5import qualified Data.ByteString as B 6import System.Exit (ExitCode (ExitSuccess)) 7import Test.Hspec (hspec, it, shouldBe, shouldSatisfy) 8import Test.Main (captureProcessResult, prExitCode, prStderr, 9 prStdout, withStdin) 10import qualified UnitTestIO 11 12main = 13 hspec $ do 14 it "hello → hello" $ do 15 result <- withStdin "hello" $ captureProcessResult UnitTestIO.main 16 prExitCode result `shouldBe` ExitSuccess 17 prStderr result `shouldSatisfy` B.null 18 prStdout result `shouldBe` "hello"

プロジェクトファイルも含めた完全なコードは Gist に掲載します。

投稿2021/05/11 08:31

編集2021/05/12 04:22
kakkun61

総合スコア285

qoopty👍を押しています

良いと思った回答にはグッドを送りましょう。
グッドが多くついた回答ほどページの上位に表示されるので、他の人が素晴らしい回答を見つけやすくなります。

下記のような回答は推奨されていません。

  • 間違っている回答
  • 質問の回答になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

このような回答には修正を依頼しましょう。

回答へのコメント

qoopty

2021/05/12 08:14

ありがとうございます。 これ事前に入力文字列をすべて与える必要があると思うのですが、 動的に入力を与えることってできないでしょうか? 最初の出力を受けて、それに応じて次の入力の文字列が変わるようなことをしたいのです。
kakkun61

2021/05/14 03:35

既存ライブラリーでは解決できなさそうなケースですね。ちょっと考えてみます。

まだベストアンサーが選ばれていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.02%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Haskell

Haskellは高い機能性をもった関数型プログラミング言語で、他の手続き型プログラミング言語では難しいとされている関数でも容易に行うことができます。強い静的型付け、遅延評価などに対応しています。

ユニットテスト

ユニットテストは、システムのテスト手法の一つで、個々のモジュールを対象としたテストの事を指します。対象のモジュールが要求や性能を満たしているか確認する為に実行します。