質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • SQL

    2475questions

    SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

  • Access

    456questions

    Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。

とあるデータを集計したいのですが

受付中

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 715
退会済みユーザー

退会済みユーザー

以下のようなデータを、集計後のデータにしたい。
年月が連続していた場合(下のデータはでは二月ですが、三月の場合もあり)に合算させたいのですが、ここが上手い具合にグループ化できずに困ってます。
何かよい方法ありませんでしょうか。(アクセスのクエリでやっています)

⚫️集計前データ
No. 年月 数
100 200012 100
100 200101 200
100 200004 400
200 200001 500
300 201001 600

⚫️集計後データ
No. 年月 数
100 200012 300
100 200004 400
200 200001 500
300 201001 600
or
No. 数
100 300
100 400
200 500
300 600

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+1

100 の 2000/12 と 2001/01 が 2000/12 の方に合算されているということから、年月が連続していた場合に、最初の年月のほうへ合算させたい。という理解でよろしいでしょうか?

感覚的に行いたい集計に向かない構造になっているように感じますね。連続性の判定が非常に厄介です。クエリを使って処理するにしても、1回でまとめて処理するのではなく、前処理を行って作業用テーブルにレコードを整えてから集計を行う。など、段階を分けたほうが楽でしょう。

最適化した解決策を出すと理解が難しくなりますし、応用も効きにくいと思いますので、以下1レコード毎にベタな処理をしていく例を挙げておきます。(純粋なクエリだけを使う方法ではありません)


仮に以下のようなカラムを持つ集計補助テーブルを準備し、初期化しておく。

 No, 年月, 数, 年月連番, グループ化項目

集計対象レコードを並び順を考慮して列挙

SELECT No, 年月, 数
  FROM 集計前データ
 ORDER BY No, 年月

ここから、得られた全レコードをループを使って処理していく

『年月』の連続性を判定したい場合、例えば、一つの考え方として『(年 * 12) + 月』のような式で
年月だけの数列を作れば判定が簡単にできます。このように何らかの判定項目を用意すべきでしょう。
ここで計算した値を『年月連番』としておきます。
元の年月が文字列なら部分的に取り出して数値として計算すると求められるでしょう。
年月が数値なら、INT と MOD 関数辺りを併用すれば計算できるはずです。

次に、直前に処理したレコードの No と 年月連番 + 1 が今のレコードと一致しているかどうかを判定。
一致していない:独立あるいは先頭のレコードであるため『グループ化項目』は自分の年月を設定
一致している:連続したレコードであるため、直前の『グループ化項目』を引き継ぐ

集計補助テーブルに今準備したレコード内容を登録。

今処理したレコードは直前に処理したレコードとして内容を保持。

ループの終端、次のレコードが無くなるまで処理を続ける。

ここまでの流れで、示されている集計前データを処理すれば、以下の内容が準備できるはずです。

集計補助テーブル
No, 年月, 数, 年月連番, グループ化項目
100 200004 400 24004 200004
100 200012 100 24012 200012
100 200101 200 24013 200012
200 200001 500 24001 200001
300 201001 600 24121 201001

この結果に対して以下のように集計をかければ、あとは並び順を調整するぐらいでしょうか?

SELECT No, グループ化項目 AS 年月, SUM(数) ASFROM 集計補助テーブル
 GROUP BY No, グループ化項目
 ORDER BY No, グループ化項目

以上、ご参考になれば幸いです。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

ps13zierさんがご指摘の通り、今回の集計には不向きなテーブル構造ですね。

これを無理矢理にでも集計するのであれば、Access利用とのことなので中間クエリをいくつか作成すれば実現は可能です。(さらにゴリ押しすれば中間クエリなしでもいけそうですが。)
なお、以下のサンプルは最大連続3か月までの合算しか考慮していません。
また、集計元テーブル名はWK、カラム名はそれぞれNO, YM, SUとして作成しています。

クエリ① :集計テーブルのYYYYMM形式の年月から、前月・当月・翌月・翌々月を生成する。

select
    WK.[NO]
  , WK.YM
  , WK.SU
  , CDATE(left ([ym], 4) & "/" & right ([ym], 2) & "/01") as YMD
  , DATEADD("m" , -1, CDATE(left ([ym], 4) & "/" & right ([ym], 2) & "/01") ) as PREV1
  , DATEADD("m" ,  1, CDATE(left ([ym], 4) & "/" & right ([ym], 2) & "/01") ) as NEXT1
  , DATEADD("m" ,  2, CDATE(left ([ym], 4) & "/" & right ([ym], 2) & "/01") ) as NEXT2
from WK;


クエリ② :クエリ①を元に、前月データの有無、翌月・翌々月の数量の取得する。

select
    W1.[NO]
  , W1.YM
  , W1.SU
  , P1.[NO] as PREV1_FLG
  , N1.SU   as NEXT1_SU
  , N2.SU   as NEXT2_SU
from 
( ( ( WK_TEMP1 W1
     left join WK_TEMP1 as P1 
            on W1.[NO]  = P1.[NO] 
           and W1.PREV1 = P1.YMD
    )
     left join WK_TEMP1 as N1 
            on W1.[NO]  = N1.[NO] 
           and W1.NEXT1 = N1.YMD
  )
     left join WK_TEMP1 as N2 
            on W1.[NO]  = N2.[NO] 
           and W1.NEXT2 = N2.YMD 
);


クエリ③ :クエリ②を元に、前月データがある場合は抽出対象外、それ以外は連続する月分の数量を合算する。

select
    W2.[NO]
  , W2.YM
  , IIF( W2.PREV1_FLG is null
       , W2.SU + NZ(W2.NEXT1_SU, 0) + IIF(W2.NEXT1_SU is null, 0, NZ(W2.NEXT2_SU, 0))
       , 0
       ) as SU_TOTAL 
from
  WK_TEMP2 as W2 
where
  W2.PREV1_FLG is null;

こんな感じでかなり無理矢理感がありますが、やればできなくはないです。
参考までに。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • SQL

    2475questions

    SQL(Structured Query Language)は、リレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のデータベース言語です。大きく分けて、データ定義言語(DDL)、データ操作言語(DML)、データ制御言語(DCL)の3つで構成されており、プログラム上でSQL文を生成して、RDBMSに命令を出し、RDBに必要なデータを格納できます。また、格納したデータを引き出すことも可能です。

  • Access

    456questions

    Accessはマイクロソフトによるリレーショナルデータベース管理システムです。オブジェクト指向のアプリケーション作成に対応しており、テーブルや編集をはじめ、クエリ生成、入力フォーム作成、レポート作成など一通りの機能を備えています。