質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.49%

  • HTML5

    4163questions

    HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。

html5のtarget属性について

解決済

回答 1

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 632

bill

score 206

前提・実現したいこと

target属性についてわからないことがあります。複数のリンク先に同じ属性値を指定している場合、続けてリンクをクリックすると後からクリックしたリンクが、先にクリックして開いたタブで、ページを切り替えて表示されるとのことですが、どうもうまくいきません。

エラーメッセージ
エラーメッセージはないのですが、挙動がおかしいです。下記のソースのリンク先をクリックすると、はじめにgoogle.comをクリックし、その後facebook.comをクリックするとgoogle.comを開いてタブでfacebook.comが開かれるのですが、逆にfacebook.comをはじめに開き、次にgoogle.comを開くと別のタブでgoogle.comが開かれます。何かが作用してこのようなことが起こっているのであれば、その原因として何が考えられるでしょうか。

該当のソースコード

    <!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>ページのタイトル</title>
<link rel="stylesheet" href="../common/css/normalize.css">
<link rel="stylesheet" href="../common/css/style.css">
</head>
<body>

<div id="page">

<header id="pageHead">
    <h1 id="siteTitle">komorikomasha</h1>
    <p id="catchcopy">1人じゃできないことも、力を合わせればできる。やってみたいをカタチにする、3人の楽しいものづくり。</p>
</header>

<div id="pageBody">

    <div id="pageBodyMain">
        <article>
            <header class="articleDetailHead">
                <h1 class="pageTitle">Cafe Debut</h1>
                <figure>
                    <img src="./images/img-01-01.jpg" alt="" width="720" height="390">
                </figure>
                <p>baser CMS カフェサイト用テーマ<br>
                baser CMS テーマコンテスト2012 飲食店系テーマ賞受賞
                (<a href="http://contest.basercms.net/">受賞結果はこちら</a>)</p>
            </header>

            <section class="articleDetailBody">
                <h2 class="heading-typeA">いますぐ、はじめられるカフェサイトテーマ!</h2>
                <p>baserCMSは、「コーポレートサイトにちょうどいい」をキャッチコピーにしたcake PHPベースの国産CMS。Cafe Debutは、baseCMSのテーマコンテスト2012に応募するために、チームこもりこましゃで作成しました。</p>
                <p>baserCMSのインストールと、Cafe Debutテーマの初期設定を行ったら、あとはあなたのスマートフォンのInstagramで写真を撮っていくだけ。</p>
                <p>Instagramのおしゃれ写真で、すぐに素敵なカフェサイトが出来上がっちゃうフォトログ風baserCMSテーマです。</p>

                <table>
                    <caption>制作担当</caption>
                    <tr>
                        <th>コモモ</th>
                        <td>企画・デザイン・baserCMSテーマのベース組込み担当</td>
                    </tr>
                    <tr>
                        <th>モリコ</th>
                        <td>HTML/CSSコーディング担当</td>
                    </tr>
                    <tr>
                        <th>ひろましゃ</th>
                        <td>プラグイン制作、テーマ実装の難しいところとか担当</td>
                    </tr>
                </table>

                <section>
                    <h3 class="heading-typeB">プラグインでInstagramと連携</h3>
                    <p>プラグインでInstagramと連携して、トップページにInstagramで撮影した写真がすぐに反映されます。</p>
                    <figure>
                        <img src="./images/img-01-01.jpg" alt="撮影した料理の写真もすぐにトップページ確認できます。" width="720" height="390">
                        <figcaption>今日のランチのローストビーフサンドを撮影♪</figcaption>
                    </figure>
                </section>

                <section>
                    <h3 class="heading-typeB">レスポンシブデザインでスマートフォン、タブレット表示も快適</h3>
                    <p>さまざまなデバイスの表示対応に、レスポンシブデザインを採用しました。Instagramでお店のメニューを撮影してすぐにスマートフォンで確認できるのも嬉しい♪</p>
                    <figure>
                        <img src="./images/img-01-01.jpg" alt="スマートフォン・タブレット・パソコンで表示を確認すると、それぞれレイアウトが変わります。" width="720" height="390">
                        <figcaption>左からiPhone、iPad、MacBook Airで表示確認</figcaption>
                    </figure>
                </section>

                <section>
                    <h3 class="heading-typeB">Webフォントだから、飾り文字やアイコンもキレイ</h3>
                    <p>サイトのタイトルやナビゲーション、主要な見出しはGoogle Web Font、アイコンはウェブフォント(Fontello)を採用しています。拡大縮小されるスマートフォンやタブレットでも解像度を気にすることなくキレイな文字とアイコン表示を実現できました。</p>
                    <figure>
                        <img src="./images/img-01-01.jpg" alt="スマートフォンの画面でも文字とアイコンの表示が劣化しません。" width="720" height="390">
                        <figcaption>iPhoneの画面に近づいても・・( ゚д゚)ハッ!キレイ</figcaption>
                    </figure>
                </section>
            </section>

            <footer class="articleDetailFoot">
                <section>
                    <h2 class="heading-typeC">関連リンク</h2>
                    <ul>
                        <li><a href="http://basercms.net/themes/archives/14">Cafe Debutのダウンロードページ</a></li>
                        <li><a href="http://cafedebut.cat-speak.net/">Cafe Debutのデモページ</a></li>
                        <li><a href="http://basercms.net/">baser CMS公式サイト</a></li>
                        <li><a href="http://instagram.com/">Instagram公式サイト</a></li>
                    </ul>
                </section>

                <aside class="creditUnit">
                    <p>撮影協力</p>
                    <h2 class="heading-typeC">kitchen nest</h2>
                    <p>北海道札幌市中央区南3条西8丁目 大洋ビル2階</p>
                    <ul>
                        <li><a href="http://www.google.com" target="new">http://www.google.com</a></li>
                        <li><a href="http://www.facebook.com" target="new">Facebookページ</a></li>
                    </ul>
                    <p>Cafe Debutテーマのイメージ撮影にご協力いただきました。とっても素敵なお店です。</p>
                </aside>
            </footer>

        </article>
    </div>

    <div id="pageBodySub">
        <section class="newsList">
            <h2>おしらせ</h2>
            <ul>
                <li><time datetime="2013-10-01">2013.10.01</time>
                コモモとモリコで、書籍「HTML/CSSの教科書(仮題)」を執筆中です。お楽しみに。</li>
                <li><time datetime="2013-10-01">2013.10.01</time>
                コモモ・モリコ・ひろましゃ3人のサイト「komorikomash」をオープンしました。</li>
            </ul>
        </section>
    </div>

</div>

<footer id="pageFoot">
    <p id="copyright"><small>Copyright&copy; 2013 @komorikomasha All Rights Reserved.</small></p>
</footer>

</div>

</body>
</html>

試したこと

友人のパソコンでもやってみましたが、やはり同じことが起こっていました。また、上のように設定すると、普通はきちんと動作することが確認できました。すなわち、はじめにgoogleを選択しようが、facebookを選択しようが同じタブで開かれます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

0

こちらが参考になるのでは。

別ウィンドウ target="new" - HTML 解決済 | 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4344852.html

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.49%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • HTML5

    4163questions

    HTML5 (Hyper Text Markup Language、バージョン 5)は、マークアップ言語であるHTMLの第5版です。