質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.48%

  • Ruby on Rails

    7514questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • jQuery

    6954questions

    jQueryは、JavaScriptライブラリのひとつです。 簡単な記述で、JavaScriptコードを実行できるように設計されています。 2006年1月に、ジョン・レシグが発表しました。 jQueryは独特の記述法を用いており、機能のほとんどは「$関数」や「jQueryオブジェクト」のメソッドとして定義されています。

  • jQueryプラグイン

    530questions

    jQueryの拡張機能。 様々な種類があり、その数は膨大です。公開済みのプラグインの他にも、自作することもできます。 jQueryで利用できるようにしておくだけで、導入およびカスタマイズが比較的容易に行なえます。

jQuery iPreview プラグインを画像が選択された時ではなく、ページが読み込まれた時に表示されるように変更したい

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 670

TakumaN

score 110

参考記事

input タグで画像を選んだら即時にプレビューを表示する jQuery iPreview プラグインを公開しました。

実現したいこと

railsでアプリケーションを作っていて、フォームのところでつまづいてしまっています。

input タグで画像を選んだら即時にプレビューを表示する jQuery iPreview プラグインを、
画像が選択された時ではなく、ページが読み込まれた時に表示されるように変更したいです。

理由は、フォームでのバリデーションに引っかかった時や、editアクションで一度投稿したものを再度編集する時に、フォームに入っている画像を表示させたいからです。

自分でもコードを読んでみたのですが、どこをいじっていいのかわからなかったので、わかる方がいらっしゃったら、教えていただけないでしょうか?

↓↓以下がそのコードです。↓↓

/*!
 * jquery.iPreview() - v1.0.0
 *
 * Depends on jQuery
 * http://jquery.com/
 *
 * Copyright 2013 Masunaga Ray, standing on the shoulders of giants
 * http://www.msng.info/
 *
 * Released under the MIT license
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.html
 */
;(function($) {
    'use strict';

    $.fn.iPreview = function(options) {
        // Merge defaults to options
        var settings = $.extend(true, {}, $.fn.iPreview.defaults, options);

        return this.filter('input[type=file]').each(function() {
            // Triggered when the file is selected or changed
            $(this).on('change', function() {
                var previews = $(settings.container);

                // Loop in case `multiple` attribute is set
                $.each(this.files, function(index, file) {
                    // Filter image files
                    if (file.type.match(/^image\/*/)) {
                        var reader = new FileReader();

                        // Triggered when a file loading is finished
                        reader.onload = (function() {
                            // Generate a new img element
                            var preview = $('<img>').addClass(settings.class).css(settings.css)
                                .attr('src', reader.result);

                            if (settings.wrapper) {
                                preview = $(settings.wrapper).html(preview);
                            }

                            previews.append(preview);
                        });

                        // Read the image file as Data URI scheme
                        reader.readAsDataURL(file);
                    }
                });

                // Remove the previews when the input is changed to replace with new ones
                $(this).on('change', function() {
                    previews.remove();
                });

                // If target is specified, previews are placed at the position to the target;
                // if not, inserted just after the input element.
                if (settings.target) {
                    switch (settings.position) {
                        case 'prepend':
                            previews.prependTo($(settings.target));
                            break;
                        case 'before':
                            previews.insertBefore($(settings.target));
                            break;
                        case 'after':
                            previews.insertAfter($(settings.target));
                            break;
                        default:
                            previews.appendTo($(settings.target));
                            break;
                    }
                } else {
                    previews.insertAfter(this);
                }

                // Hide `hideOnPreview` elements and Show `showOnPreview`
                $(settings.hideOnPreview).hide();
                $(settings.showOnPreview).show();

                // Reset everything on form reset
                $(this).parents('form').on('reset', function() {
                    previews.remove();
                    $(settings.hideOnPreview).show();
                    $(settings.showOnPreview).hide();
                });
            });
        });
    };

    // Default setting values
    $.fn.iPreview.defaults = {
        // When a jQuery selector is set, previews are appended to the element;
        // if not set, inserted after `this` input element and the "position" is omitted.
        target: '',

        // Position of the previews to the target;
        // omitted if the "target" is not specified.
        // (before|after|prepend|append)
        position: 'append',

        // HTML element used as the container of previews
        container: '<div class="previews"></div>',

        //HTML element used as the wrapper of each preview
        wrapper: '',

        // Class name for each thumbnail
        class: 'thumbnail',

        // Styles applied to each thumbnail
        css: {
            maxWidth: '300px',
            maxHeight: '300px'
        },

        // Selectors for elements to be hidden on preview
        hideOnPreview: '',

        // Selectors for elements to be shown on preview
        showOnPreview: ''
    };
})(jQuery);
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

0

ipreviewのコードを見る限りだとedit画面でipreviewを使うのは難しい気がしますねーー

結局このプラグインがやってるのは
formのinput type="file"の値が変わった時にimageをdata:url;というものに変換してimageタグを作ってcontainerに入れてるだけです。

例えばimage.pngをinput type="file"に入れたらdata:url;の文字列変換されて(data:image/jpeg;base64,/9j/4AAQv........qZj2T/9k=みたいに)、img src=""に突っ込んでるというわけです。

なので、実際にプレビューを表示したいのであれば
formのinput type="file"の値が変わった時にimageをdata:url;というものに変換してimgタグに突っ込む
これだけで問題ないのです。

ただ。ipreviewさんは上記の処理に加えてimgタグも作ってくれているので、困ったもんだってなってます。

なのでipreviewを使うなら、
edit画面で
imgタグにすでに投稿されている画像を表示しておく
formのimgが変更された瞬間に今あるimgタグを削除、ipreviewで画像を表示みたいな方法が良いと思いますよ

答えになってなかったらごめんなさい!

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

0

iPreview のjsより後にこれでいけませんか?

jQuery( function() {
    jQuery( 'input[type=file]' ).each( function() {
        $( this ).trigger( 'change' );
    });
} );

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/04/02 14:43

    できませんでした。。。

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

  • Ruby on Rails

    7514questions

    Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

  • jQuery

    6954questions

    jQueryは、JavaScriptライブラリのひとつです。 簡単な記述で、JavaScriptコードを実行できるように設計されています。 2006年1月に、ジョン・レシグが発表しました。 jQueryは独特の記述法を用いており、機能のほとんどは「$関数」や「jQueryオブジェクト」のメソッドとして定義されています。

  • jQueryプラグイン

    530questions

    jQueryの拡張機能。 様々な種類があり、その数は膨大です。公開済みのプラグインの他にも、自作することもできます。 jQueryで利用できるようにしておくだけで、導入およびカスタマイズが比較的容易に行なえます。