質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
systemd

systemdは、Linuxの起動処理及びシステム管理を行う技術です。他にも多くのサービス管理機能を備えており、ユーザープロセスを並列に起動しシステムの起動処理に要する時間を短縮できるなどの特徴があります。

unicorn

Unicornは、汎用のRackアプリケーションサーバ。RackとWebサーバーの機能を併せ持ちます。レスポンス処理や、Nginx単体がRackの機能をサポートしていない事から、一般的にはNginx+Unicorn+Railsの構成を取って用います。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

Auto Scaling

Auto Scalingは、AmazonEC2のインスタンスを自動で調整することで スケーリングを行うサービスです。

Amazon EC2

Amazon EC2は“Amazon Elastic Compute Cloud”の略称です。Amazon Web Services(AWS)の一部であり、仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースをレンタルできるサービスです。

解決済

Amazon Linux2で、systemdを使ってUnicornを起動したい

kuroine01690699
kuroine01690699

総合スコア11

systemd

systemdは、Linuxの起動処理及びシステム管理を行う技術です。他にも多くのサービス管理機能を備えており、ユーザープロセスを並列に起動しシステムの起動処理に要する時間を短縮できるなどの特徴があります。

unicorn

Unicornは、汎用のRackアプリケーションサーバ。RackとWebサーバーの機能を併せ持ちます。レスポンス処理や、Nginx単体がRackの機能をサポートしていない事から、一般的にはNginx+Unicorn+Railsの構成を取って用います。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

Auto Scaling

Auto Scalingは、AmazonEC2のインスタンスを自動で調整することで スケーリングを行うサービスです。

Amazon EC2

Amazon EC2は“Amazon Elastic Compute Cloud”の略称です。Amazon Web Services(AWS)の一部であり、仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースをレンタルできるサービスです。

1回答

0リアクション

0クリップ

1107閲覧

投稿2020/11/19 14:47

編集2020/11/25 06:25

Rails初心者エンジニアです。
WebアプリのプロトタイプをAWS上にデプロイ・運用していく予定で、本番環境の構築を進めております。

###実現したいこと
サーバー自動復旧の準備として、Amazon Linux2上で、アプリサーバー(Unicorn)の自動起動の設定を行いたい

###実施内容
0. systemdを使ってunicornを起動するユニットファイル(/etc/systemd/system/unicorn.service)を作成し
0. 設定内容を反映 sudo systemctl daemon-reload
0. 確認のため手動でsystemctlで起動 sudo systemctl start unicorn.service

unicorn.serviceファイルの内容

[Unit] Description=The unicorn process After=network.target remote-fs.target nss-lookup.target Before=nginx.service [Service] User=myname WorkingDirectory=/var/www/rails/myapp SyslogIdentifier=unicorn Type=simple Restart=on-failure Environment=RAILS_ENV=production Environment=UNICORN_CONF=/var/www/rails/myapp/config/unicorn.conf.rb Environment=BUNDLE_GEMFILE=/var/www/rails/myapp/Gemfile EnvironmentFile=/etc/environment ExecStart=/bin/bash -l -c 'bundle exec unicorn_rails -c ${UNICORN_CONF} -E ${RAILS_ENV} -D' ExecStop=/usr/bin/kill -QUIT $MAINPID ExecReload=/usr/bin/kill -USR2 $MAINPID [Install] WantedBy=multi-user.target

参考にしたサイト:
Amazon Linux 2 で unicorn を systemd を使って立ち上げる

###発生事象
Unicronが起動せず、ログは以下の通りとなっております。

lang

● unicorn.service - The unicorn process Loaded: loaded (/etc/systemd/system/unicorn.service; disabled; vendor preset: disabled) Active: failed (Result: start-limit) since 木 2020-11-19 22:03:24 JST; 1h 22min ago Process: 29782 ExecStop=/usr/bin/kill -QUIT $MAINPID (code=exited, status=1/FAILURE) Process: 29382 ExecStart=/bin/bash -l -c bundle exec unicorn_rails -c ${UNICORN_CONF} -E ${RAILS_ENV} -D (code=exited, status=0/SUCCESS) Main PID: 29382 (code=exited, status=0/SUCCESS) 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: Unit unicorn.service entered failed state. 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service failed. 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service holdoff time over, scheduling restart. 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: start request repeated too quickly for unicorn.service 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: Failed to start The unicorn process. 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: Unit unicorn.service entered failed state. 11月 19 22:03:24 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service failed.

###質問
ログから、ExecStop=/usr/bin/kill -QUIT $MAINPID (code=exited, status=1/FAILURE)で失敗していると思われますが、原因や対応方法が分からず困っております。
ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

※前提として、systemdを使わず、ワーキングディレクトリで直接bundle exec unicorn_rails -c /var/www/rails/myapp/config/unicorn.conf.rb -D -E productionコマンドを入力し、Unicornが起動することは確認済みです。

###試したこと#1
環境変数を使用せず、unicornの再起動は実施しないようunicorn.serviceファイルを以下の通り変更。

[Unit] Description=The unicorn process After=network.target remote-fs.target nss-lookup.target Before=nginx.service [Service] User=myname WorkingDirectory=/var/www/rails/myapp SyslogIdentifier=unicorn Type=simple ExecStart=/bin/bash -l -c 'bundle exec unicorn_rails -c /var/www/rails/myapp/config/unicorn.conf.rb -E production -D' ExecStop=/usr/bin/kill -QUIT $MAINPID ExecReload=/usr/bin/kill -USR2 $MAINPID [Install] WantedBy=multi-user.target

実行したところ、Unicornは起動せず、ログは以下の通り。

lang

● unicorn.service - The unicorn process Loaded: loaded (/etc/systemd/system/unicorn.service; disabled; vendor preset: disabled) Active: failed (Result: exit-code) since 金 2020-11-20 11:23:04 JST; 36s ago Process: 6590 ExecStop=/usr/bin/kill -QUIT $MAINPID (code=exited, status=1/FAILURE) Process: 6190 ExecStart=/bin/bash -l -c bundle exec unicorn_rails -c /var/www/rails/myapp/config/unicorn.conf.rb -E production -D (code=exited, status=0/SUCCESS) Main PID: 6190 (code=exited, status=0/SUCCESS) 11月 20 11:23:03 xxx.compute.internal systemd[1]: Started The unicorn process. 11月 20 11:23:03 xxx.compute.internal systemd[1]: Starting The unicorn process... 11月 20 11:23:04 xxx.compute.internal unicorn[6590]: kill: not enough arguments 11月 20 11:23:04 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service: control process exited, code=exited status=1 11月 20 11:23:04 xxx.compute.internal systemd[1]: Unit unicorn.service entered failed state. 11月 20 11:23:04 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service failed.

unicorn.serviceのジャーナル。

(・・・中略・・・) 11月 20 10:44:15 xxx.compute.internal unicorn[5569]: kill: not enough arguments 11月 20 10:44:17 xxx.compute.internal unicorn[5972]: kill: not enough arguments 11月 20 11:23:04 xxx.compute.internal unicorn[6590]: kill: not enough arguments 11月 25 09:48:42 xxx.compute.internal unicorn[16521]: kill: not enough arguments

###試したこと#2
unicorn.serviceファイルにおいて、依存関係や、ExecStop、 ExecReloadを削除し、ExecStartのみのシンプルな内容で実行。

[Unit] Description=The unicorn process [Service] User=myname WorkingDirectory=/var/www/rails/myapp SyslogIdentifier=unicorn Type=simple ExecStart=/bin/bash -l -c 'bundle exec unicorn_rails -c /var/www/rails/myapp/config/unicorn.conf.rb -E production -D' [Install] WantedBy=multi-user.target

これまでと異なるログを得られたが、依然としてUnicronは起動せず、原因不明。

● unicorn.service - The unicorn process Loaded: loaded (/etc/systemd/system/unicorn.service; disabled; vendor preset: disabled) Active: inactive (dead) 11月 25 09:48:40 xxx.compute.internal systemd[1]: Started The unicorn process. 11月 25 09:48:40 xxx.compute.internal systemd[1]: Starting The unicorn process... 11月 25 09:48:42 xxx.compute.internal unicorn[16521]: kill: not enough arguments 11月 25 09:48:42 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service: control process exited, code=exited status=1 11月 25 09:48:42 xxx.compute.internal systemd[1]: Unit unicorn.service entered failed state. 11月 25 09:48:42 xxx.compute.internal systemd[1]: unicorn.service failed. 11月 25 10:04:26 xxx.compute.internal systemd[1]: Started The unicorn process. 11月 25 10:04:26 xxx.compute.internal systemd[1]: Starting The unicorn process... 11月 25 11:23:00 xxx.compute.internal systemd[1]: Started The unicorn process. 11月 25 11:23:00 xxx.compute.internal systemd[1]: Starting The unicorn process...

unicorn.logの内容は以下の通り。

I, [2020-11-25T09:48:41.677152 #16516] INFO -- : Refreshing Gem list I, [2020-11-25T09:48:42.436156 #16516] INFO -- : unlinking existing socket=/var/www/rails/myapp/tmp/sockets/.unicorn.sock I, [2020-11-25T09:48:42.436349 #16516] INFO -- : listening on addr=/var/www/rails/myapp/tmp/sockets/.unicorn.sock fd=9 I, [2020-11-25T09:48:42.469695 #16516] INFO -- : master process ready I, [2020-11-25T09:48:42.477058 #16520] INFO -- : worker=1 ready I, [2020-11-25T09:48:42.478356 #16519] INFO -- : worker=0 ready I, [2020-11-25T09:48:42.583104 #16516] INFO -- : reaped #<Process::Status: pid 16519 exit 0> worker=0 I, [2020-11-25T09:48:42.583221 #16516] INFO -- : reaped #<Process::Status: pid 16520 exit 0> worker=1 I, [2020-11-25T09:48:42.583295 #16516] INFO -- : master complete

###試したこと#3
ExecStartのパスを/bin/bashからワーキングディレクトリ(/var/www/rails/myapp)に変更して実行。

[Unit] Description=The unicorn process [Service] User=myname WorkingDirectory=/var/www/rails/myapp SyslogIdentifier=unicorn Type=simple ExecStart=/var/www/rails/myapp 'bundle exec unicorn_rails -c /var/www/rails/myapp/config/unicorn.conf.rb -E production -D' [Install] WantedBy=multi-user.target

権限エラー発生してしまう。

systemd[19988]: Failed at step EXEC spawning /var/www/rails/myapp: Permission denied

コマンドラインから、同ディレクトリ・同コマンドを入力してUnicornが起動することは確認済みにも関わらず、上記エラーが発生してしまう。
なお、同ディレクトリには実行権限が付与されていることも確認済みであり、エラー発生原因が不明。

drwxrwxr-x 15 myname myname 4096 11月 3 13:12 myapp

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

yu_1985

2020/11/19 16:26

Unicornが立ち上がってない状態で実行しましたか? また、Userがmynameとなっていますが、それは手動でunicornを実行したユーザと一致してますか?
hentaiman

2020/11/19 16:51

前提はコマンド内の変数にENV使ってませんよね コマンドラインから全く同じ環境変数を使って全く同じコマンドを試してください
kuroine01690699

2020/11/20 01:47

>yu_1985さん コメントありがとうございます。 Unicornが立ち上がってない状態で実行しました。また、mynameの部分も、手動で起動した場合のユーザと一致しております。 >hentaimanさん 前提では環境変数は使っておりません。 ワーキングディレクトリで、コマンドラインから全く同じコマンド`bundle exec unicorn_rails -c ${UNICORN_CONF} -E ${RAILS_ENV} -D`を入力したところ、以下エラーとなりました。 Errno::ENOENT: No such file or directory @ rb_sysopen - -E なお、環境変数に問題があると仮定して、unicorn.serviceファイルの内容を、環境変数を使わずに、実行してみましたが、発生事象に記載した同じエラーとなってしまいました。
yu_1985

2020/11/25 04:04

少なくとも3つめがうまく行かないのは、/var/www/rails/myapp は実行ファイルではなくディレクトリなので正しい挙動です。
yu_1985

2020/11/25 04:05

起動しようとした時にunicornのログの方にはなにか出てませんか?
kuroine01690699

2020/11/25 05:06 編集

3つ目のエラーは、ディレクトリを指定しているからなのですね。ありがとうございます。 「試したこと#2」の設定に戻して、起動しようとした際のunicornのログを「試したこと#2」に追記しました。 コマンドラインから正常に起動した際のログと同様でした。 他に試した方がよいこと、足りない情報などありましたら、アドバイス頂けますと幸いです。。
yu_1985

2020/11/25 05:38

unicornのログの時間帯が明らかに起動したときのものではないので、systemdを使って起動しようとしたときの時間帯のログをエラーログ含め確認してください。
kuroine01690699

2020/11/25 06:27

systemdで再実行した際のログのため、時間差異が生じてましたが、誤解を招いてしまうため、当該時間のログを貼り直しました。失礼しました。
yu_1985

2020/11/25 06:28

ps aux | grep unicorn で、現在unicornが動いているかも確認してください。 unicornのエラーログの方は見てないようですが、エラーログも念の為確認してください。
kuroine01690699

2020/11/25 07:09 編集

プロセスは以下のみで、unicornは動いてないとの認識です。 myname 22189 0.0 0.0 119436 916 pts/1 S+ 15:37 0:00 grep --color=auto unicorn また、unicornのエラーログのファイルは見当たりませんでした。 myapp/logには以下のファイルのみでした。 development.log nginx.error.log unicorn.log nginx.access.log production.log
kuroine01690699

2020/11/25 11:53

>yu_1985 さん 詳細分かっておらず恐縮ですが、なんとか自己解決しました!! お付き合いいただきありがとうございました!!

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

systemd

systemdは、Linuxの起動処理及びシステム管理を行う技術です。他にも多くのサービス管理機能を備えており、ユーザープロセスを並列に起動しシステムの起動処理に要する時間を短縮できるなどの特徴があります。

unicorn

Unicornは、汎用のRackアプリケーションサーバ。RackとWebサーバーの機能を併せ持ちます。レスポンス処理や、Nginx単体がRackの機能をサポートしていない事から、一般的にはNginx+Unicorn+Railsの構成を取って用います。

Linux

Linuxは、Unixをベースにして開発されたオペレーティングシステムです。日本では「リナックス」と呼ばれています。 主にWebサーバやDNSサーバ、イントラネットなどのサーバ用OSとして利用されています。 上位500のスーパーコンピュータの90%以上はLinuxを使用しています。 携帯端末用のプラットフォームAndroidは、Linuxカーネル上に構築されています。

Auto Scaling

Auto Scalingは、AmazonEC2のインスタンスを自動で調整することで スケーリングを行うサービスです。

Amazon EC2

Amazon EC2は“Amazon Elastic Compute Cloud”の略称です。Amazon Web Services(AWS)の一部であり、仮想化されたWebサーバーのコンピュータリソースをレンタルできるサービスです。