質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.37%

UnityでAndroidビルドしたアプリからGoogleSpreadSheetのデータを読み取ろうとするとエラーが出ます

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 177

suittizihou

score 26

こちらはGoogle APIをデコンパイルして抜け道的にやった版です。
新しくデコンパイルをせずに正攻法で試してエラーになってしまったほうを投稿させていただいたのでリンクを載せさせていただきます。
UnityでAndroidビルドしたゲームからスプレッドシートを読み取ろうとするとJsonのシリアル化で例外が発生します。

こちらが問題のコードです。

    ///<summary>
    ///Android用StreamingAssets読み込み関数
    /// </summary>
    private void AndroidStreamingAssets(string fileName)
    {
        var path = Application.streamingAssetsPath + "/" + fileName;

        var request = UnityWebRequest.Get(path);
        request.SendWebRequest().completed += (AsyncOperation operation) => StartAPI(request);
    }

    /// <summary>
    /// Android用
    /// </summary>
    /// <param name="request"></param>
    private void StartAPI(UnityWebRequest request)
    {
        ICredential credential;

        MyJsonCredential.JsonCredentialParameters json = NewtonsoftJsonSerializer.Instance.Deserialize<MyJsonCredential.JsonCredentialParameters>(request.downloadHandler.text);
        GoogleCredential googleCredential = GoogleCredential.FromServiceAccountCredential(CreateServiceAccountCredentialFromParameters(json));

        credential = googleCredential.CreateScoped(new[] { SheetsService.Scope.SpreadsheetsReadonly }).UnderlyingCredential;

        SetServices(credential);
    }

    private ServiceAccountCredential CreateServiceAccountCredentialFromParameters(MyJsonCredential.JsonCredentialParameters credentialParameters)
    {
        if (credentialParameters.Type != "service_account" || string.IsNullOrEmpty(credentialParameters.ClientEmail) || string.IsNullOrEmpty(credentialParameters.PrivateKey))
        {
            throw new InvalidOperationException("JSON data does not represent a valid service account credential.");
        }
        return new ServiceAccountCredential(new ServiceAccountCredential.Initializer(credentialParameters.ClientId)
        {
            ProjectId = credentialParameters.ProjectId,
            QuotaProject = credentialParameters.QuotaProject,
            KeyId = credentialParameters.PrivateKeyId
        }.FromPrivateKey(credentialParameters.PrivateKey));
    }
    /// <summary>
    /// シートからデータを読み取る
    /// </summary>
    /// <param name="readCell"></param>
    /// <returns></returns>
    public IList<IList<object>> ReadSheet(string readCell)
    {
        SpreadsheetsResource.ValuesResource.GetRequest request =
                service.Spreadsheets.Values.Get(spreadSheetID, sheetName + "!" + readCell);
        // 読み取る(ここでエラー)
        ValueRange response = request.Execute();
        // 読み取った値をリストに格納
        IList<IList<object>> values = response.Values;
        // データなかったらnull返す
        if (values == null || values.Count <= 0)
        {
            Debug.LogError("データが存在しないか、nullです");
            return null;
        }

        return values;
    }

// ====================================================================================

namespace MyJsonCredential
{
    public class JsonCredentialParameters
    {
        [JsonConstructor]
        public JsonCredentialParameters()
        {

        }

        [JsonProperty("type")]
        public string Type { get; set; }

        [JsonProperty("project_id")]
        public string ProjectId { get; set; }

        [JsonProperty("quota_project_id")]
        public string QuotaProject { get; set; }

        [JsonProperty("client_id")]
        public string ClientId { get; set; }

        [JsonProperty("client_secret")]
        public string ClientSecret { get; set; }

        [JsonProperty("client_email")]
        public string ClientEmail { get; set; }

        [JsonProperty("private_key")]
        public string PrivateKey { get; set; }

        [JsonProperty("private_key_id")]
        public string PrivateKeyId { get; set; }

        [JsonProperty("refresh_token")]
        public string RefreshToken { get; set; }

        public const string AuthorizedUserCredentialType = "authorized_user";

        public const string ServiceAccountCredentialType = "service_account";
    }
}

エラー文

GoogleApiException: Parameter "spreadsheetId" is missing.

Google検索にかけてもこのエラー文が出ているものはなく万策尽きてしましました。。。
さらに謎を深めるものとして、

    /// <summary>
    /// シートからデータを読み取る
    /// </summary>
    /// <param name="readCell"></param>
    /// <returns></returns>
    public IList<IList<object>> ReadSheet(string readCell)
    {
        SpreadsheetsResource.ValuesResource.GetRequest request =
                service.Spreadsheets.Values.Get(spreadSheetID, sheetName + "!" + readCell);

        // デバッグログを使用して中身の値を見る
        Debug.Log(request.SpreadsheetId);
        // 読み取る(ここでエラー)
        ValueRange response = request.Execute();
        // 読み取った値をリストに格納
        IList<IList<object>> values = response.Values;
        // データなかったらnull返す
        if (values == null || values.Count <= 0)
        {
            Debug.LogError("データが存在しないか、nullです");
            return null;
        }

        return values;
    }

このようにデバッグログを使用して中身の値を見ると次はその右のRangeがmissingしていると言われます。
そのRangeもデバッグログで見るとなにも言われなくなるのですが、最終的には

ArgumentException: Get Method not found for 'Grant Type'


と言われて、このようなMethodはないので万策尽きてしまった形です。。。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.37%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

同じタグがついた質問を見る