質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

87.48%

RspecのRequest testで、find_by(...)の結果ActiveRecord::RecordNotFound: Couldn't find Articleとなってしまう

解決済

回答 2

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 895

score 424

問題点

RSpecでRequestテストを書いております

以下のようにupdateアクションのテストを行う際に、

"Failure/Error: @article = Article.find_by!(url_token: params[:url_token])
ActiveRecord::RecordNotFound:
Couldn't find Article"

とエラーがでており、解消できません。

spec/requests/articles_spec.rb

require 'rails_helper'


RSpec.describe "Articles", type: :request do

    describe "PATCH #update" do
      let!(:user) { FactoryBot.create(:user) }
      let!(:article) { user.articles.create(FactoryBot.attributes_for(:article, title: "test #edit"))}
      context "パラメーターが妥当な場合" do
        it "リクエストが成功すること" do
          patch articles_path, params: { url_token: article.url_token }
          expect(response).to have_http_status(302)
        end

      end
    end
  end
end

検証

it以下に下記コードを差し込むと

p Article.last
p article.url_token

#<Article id: 810, title: "test #edit", content: "Hello World", created_at: "2020-07-29 11:20:25", updated_at: "2020-07-29 11:20:25", user_id: 1109, url_token: "UgBg0MJb_sA", article_token_digest: "$2a$04$GPFQLbz1Uvb/vqpV2rXs/uy/VMdyGGUUpiXObE3zjeq...">

"UgBg0MJb_sA"

と返ってきており、DB上にデータは存在し、
paramsに渡す変数article.url_tokenも適切のように思います。

paramsの与え方に問題があるのでしょうか?

development環境のコンソール上だと問題なくfind_byで該当記事を抽出できます・

気になる点

url_token属性はbefore_validationでvalidationが行われる前に生成されるよう、modelにて定義しております。
この辺り問題になりますでしょうか?

app/models/article.rb

class Article < ApplicationRecord
  belongs_to :user 
  has_secure_password :article_token, validations: true
  attribute :url_token, :string, default: -> { SecureRandom.urlsafe_base64(8) }
  before_validation :create_article_token
  validates :title, presence: true, length: { maximum: 100 }
  validates :content, presence: true

  def to_param
    url_token
  end

  private
  def create_article_token
    self.article_token = SecureRandom.hex(4)
  end
end

articles_controller.rb

class ArticlesController < ApplicationController
  before_action :set_article, only: [:show, :edit, :update, :destroy]
.
.
.
  def update
    respond_to do |format|
      if @article.update(article_params)
        format.html { redirect_to @article, notice: 'Article was successfully updated.' }
        format.json { render :show, status: :ok, location: @article }
      else
        format.html { render :edit }
        format.json { render json: @article.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end
.
.
.
  private
    # Use callbacks to share common setup or constraints between actions.
    def set_article
      @article = Article.find_by!(url_token: params[:url_token])
      @author = @article.user
    end

    # Only allow a list of trusted parameters through.
    def article_params
      params.require(:article).permit(:title, :content, :url_token, :article_token)
    end
end
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

checkベストアンサー

+1

はい、paramsに問題があります。
update で使う id も article_params に顔を出している項目もわたっていません。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/07/30 00:11

    問題箇所を絞ることができました、ありがとうございました。

    冷静に確認したところ解決できました。

    キャンセル

0

解決

  • articles_path -> article_path
  • article_path(article)で引数を渡していない
  • 新しいパラメーターを渡しておらずテストとして不足

冷静に考えると問題だらけでお恥ずかしい、
なにかの役に立つことを願って解決をのこしておきます。

回答者様ありがとうございました。

describe "PUT #update" do
    let!(:user) { FactoryBot.create(:user) }
    let!(:article) { user.articles.create(FactoryBot.attributes_for(:article))}
    context "パラメーターが妥当な場合" do
      let(:valid_params) { FactoryBot.attributes_for(:article, title: "new title", content: "new contetn") }
      it "リクエストが成功すること" do
        put article_path(article), params: { article: valid_params }
        expect(response).to have_http_status(302)
      end

    end
  end

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 87.48%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る