質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.92%

アタッチしている要素 とはなんですか

解決済

回答 2

投稿

  • 評価
  • クリップ 1
  • VIEW 226

dda

score 25

event.currenttargetの説明文を読んでいると

自身にアタッチされているオブジェクトを返す
イベントハンドラーをアタッチした要素を返す 

と出てくるのですが、プログラム上のアタッチの意味を調べても全く見つかりません。

英語のattachの意味だと

付着した要、帰属した要素となるのですが抽象的過ぎてよくわかりません。

助けてください。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 2

+5

「イベントをアタッチした」は、「イベントをセットした」と同じような意味です。

昔、IEがaddEventListenerでなくattachEventというメソッドを使っていたことがあります。

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

checkベストアンサー

+2

プログラム上のアタッチの意味を調べて

イベント駆動の仕組みとして、どのような呼ばれ方をしているのかを確認してください。

  • イベントリスナ(イベントハンドラ)を定義(addEventListener)することをアタッチ
  • イベントリスナ(イベントハンドラ)を解除(removeEventListener)することをデタッチ

と呼ばれることがあります。


ご質問に挙げられたページ(Event.currentTarget)では、類似プロパティ(Event.target)の説明も併読します。
event.target と event.currentTarget との違いに着目する)

  • event.target ... イベントが発生した要素
  • event.currentTarget ... イベントを定義(アタッチ)した要素

例)

<ul id="test">
  <li>hoge</li>
  <li>hogu</li>
</ul>

画面上の矩形を考えると、スタイル次第ですが、UL要素に click イベントを定義(アタッチ)しても、発生減は バブリングなどの特徴から LI 要素になることが確認できます。

window.addEventListener("DOMContentLoaded",()=>{

  // UL要素にclickイベントを定義(アタッチ)する。
  document.getElementById("test")
    .addEventListener("click", evt => {
      console.log( evt.target.textContent ); // "hoge", "hogu"
      console.log( evt.currentTarget.id ); // "test"
    });

});

event.target と event.currentTarget との違いが確認できます。

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/07/21 10:06

    定義した要素と影響を受ける要素の違いだったんですね。
    わかりやすくて助かりました。
    ありがとうございました!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.92%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る