質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.10%

csscombの整形がうまくいきません。プロパティと改行の空白を自動削除が理想です。

受付中

回答 0

投稿 編集

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 88

fuhixx

score 14

プロパティの間が空いてしまいます。

また、{}の後の改行が削除されません↓

イメージ説明

参考にしたサイトは以下です↓
(同じような悩みを持っておられますが、私の場合は以下の方法で解決できませんでした。)

この方は解決していません←

この方は解決しています←

全体コードの参考サイトはこちら←

コードを添付します↓("sort-order"は長いので省いてます)
【.csscomb.json↓】

"remove-empty-rulesets": true,
  "always-semicolon": true,
  "color-case": "lower",
  "block-indent": " ",
  "element-case": "lower",
  "eof-newline": true,
  "leading-zero": true,
  "quotes": "double",
  "space-before-colon": "",
  "space-after-colon": " ",
  "space-before-combinator": " ",
  "space-after-combinator": " ",
  "space-between-declarations": "\n",
  "space-before-opening-brace": " ",
  "space-after-opening-brace": "\n",
  "space-after-selector-delimiter": " ",
  "space-before-selector-delimiter": "",
  "space-before-closing-brace": "\n",
  "strip-spaces": true,
  "tab-size": true,

gulpを添付します。
【gulpfile.js】↓

const gulp = require('gulp');
const notify = require("gulp-notify");
const plumber = require("gulp-plumber");
const sass = require('gulp-sass');
// 追加
const glob = require("gulp-sass-glob");
// const prettier = require('gulp-prettier');
const csscomb = require('gulp-csscomb');
const cached = require('gulp-cached');
const debug = require('gulp-debug');
// 追加終了
const pug = require('gulp-pug');
const autoprefixer = require('gulp-autoprefixer');
const uglify = require('gulp-uglify');
const browserSync = require('browser-sync');

// setting : htmlbeautify
// const htmloptions = {
//   indent_char: '',
//   indent_size: 1,
//   unformatted: ['textarea', 'p', 'pre', 'span', 'a', 'h1', 'h2', 'h3'],
//   indent_with_tabs: true,
//   max_preserve_newlines: 0,
//   wrap_attributes: false,
//   wrap_attributes_indent_size: 0,
// }

// setting : cssbeautify
// const cssoptions = {
//   indent_char: '',
//   indent_size: 1,
//   max_preserve_newlines: 0,
//   wrap_attributes: false,
//   wrap_attributes_indent_size: 0,
// }

//setting : paths
const paths = {
    'root': './dist/',
    'pug': './src/pug/**/*.pug',
    'html': './dist/**/*.html',
    'scssSrc': './src/scss/**/*.scss',
    // scssはsrcフォルダに格納しますが、Distと書いています
    'scssDist': './src/scss',
    'cssDist': './dist/css/',
    'jsSrc': './src/js/**/*.js',
    'jsDist': './dist/js/'
}

//gulpコマンドの省略
const {
    watch,
    series,
    task,
    src,
    dest,
    parallel
} = require('gulp');

//HTML
task('html', function() {
    return (
        src(paths.html)
        // .pipe(
        //   plumber({
        //     errorHandler: notify.onError({
        //     title: "html Error!", 
        //     message: "<%= error.message %>",
        //     sound: 'Glass',})
        //   })
        // )
        // .pipe(htmlbeautify(htmloptions))
        .pipe(dest(paths.html))
        // .pipe(
        //   notify({
        //   title: 'Task running Gulp',
        //   message: 'html file compiled.',
        //   sound: 'Tink',})
        // )
    );
});

//Sass
task('sass', function() {
    return (
        src(paths.scssSrc)
        .pipe(debug({
            title: 'init: '
        }))
        .pipe(cached('stop this task'))
        .pipe(csscomb())
        .pipe(cached('stop this task'))
        .pipe(debug({
            title: 'init: '
        }))
        .pipe(dest(paths.scssDist))
        .pipe(
            plumber({
                errorHandler: notify.onError("Error: <%= error.message %>")
            })
        )
        .pipe(glob())
        // 追加終了
        .pipe(sass({
            outputStyle: 'expanded' // Minifyするなら'compressed'
        }))
        .pipe(autoprefixer())
        // コンパイル後にエラーを探す
        .pipe(dest(paths.cssDist))
    );
});

//Pug
task('pug', function() {
    return (
        src([paths.pug, '!./src/pug/**/_*.pug'])
        .pipe(plumber({
            errorHandler: notify.onError("Error: <%= error.message %>")
        }))
        .pipe(pug({
            pretty: true,
            basedir: "./src/pug"
        }))
        .pipe(dest(paths.html))
    );
});

//JS Compress
task('js', function() {
    return (
        src(paths.jsSrc)
        .pipe(plumber())
        .pipe(uglify())
        .pipe(dest(paths.jsDist))
    );
});

// browser-sync
task('browser-sync', () => {
    return browserSync.init({
        server: {
            baseDir: paths.root
        },
        port: 8080,
        reloadOnRestart: true
    });
});

// browser-sync reload
task('reload', (done) => {
    browserSync.reload();
    done();
});

//watch
task('watch', (done) => {
    watch([paths.scssSrc], series('sass', 'reload'));
    watch([paths.jsSrc], series('js', 'reload'));
    watch([paths.pug], series('pug', 'reload'));
    done();
});
task('default', parallel('watch', 'browser-sync'));

どうかよろしくお願いいたします。

追記:
申し訳ありません。stackoverflowで質問を投稿したのですが、取り消しました。teratailを今後も使わせて頂きたいと存じます。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.10%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる