質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

89.09%

node.js、sequalize.jsでの同期処理

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 62

dousuruyo

score 26

前提・実現したいこと

スプレッドシートにSQLから取得したデータをもとに加工して貼り付ける処理を作っていました

コードの中のconsole.log(JSON.stringify(setSagyo));の部分でログが出ないところと、出るところがあり、全部出る想定でした
同期処理に問題があるのかと思いいろいろと試してみましたが、ログ出力結果は「{}」と、一か所だけ正常にログが出る状態でした
setSagyoの中身をその下の処理でも使いたいのですが、どうすればよいでしょうか?

該当のソースコード

const spread = require("./spread_common");
const SPREAD_PAGETATE_ID = "スプレッドシートのID";

const oAuth2Client = spread.oAuth2Client; //権限
const sheets = spread.sheets; //シート
const drive = spread.drive; //ドライブ
const permissionId = spread.permissionId; //パーミッションID

/**
 * 帳票出力
 * @param {*} model モデル
 * @param {*} req リクエスト
 * @param {*} res レスポンス
 */
exports.outputPageTate = async function (model, req, res) {
  const sequelize = model.sequelize;

  // 対象のスプレッドシートをコピーを作成
  let param_copy = {
    supportsAllDrives: true,
    fileId: SPREAD_PAGETATE_ID
  }
  const copy = await drive.files.copy(param_copy);

  // 出力用パラメータ
  const output = {
    spreadsheetId: copy.data.id,
    valueInputOption: "USER_ENTERED",
    auth: oAuth2Client,
    resource: {
      data: [
      ]
    }
  };

  var sql = `
★SQLその1★
    `;

  var sql_page = `
★SQLその2★
    `;

  sequelize.query(sql, { replacements: req.body.params }).spread(async (records, metadata) => {
    sequelize.query(sql_page, { replacements: req.body.params }).spread(async (records_page, metadata) => {
      var ClientKey = req.body.params.ClientKey;
      var LotCode = req.body.params.LotCode;
      var flg = req.body.params.flg;
      var record = records[0];
      var title = (flg == 'Honsatu') ? record['Title'] : '小冊 ' + record['Title'];
      var pagesu = Math.floor((records_page.length - 31) / 60) + 1;

      // 文集合本形式、当社作業、納品手配
      var setSagyo = await setPageTateTyouhyou_Sagyo(sequelize, req, model);

      // 部品一覧、トビラ
      var setBuhin = setPageTateTyouhyou_Parts(sequelize, req, model);

      // 表裏見返し
      var setMikaesi = setPageTateTyouhyou_Mikaesi(sequelize, req);

      // 備考
      var setMemo = setPageTateTyouhyou_Memo(record);

      // 頁リスト
      var setPage = setPageTateTyouhyou_Page(sequelize, req);

      console.log(JSON.stringify(setSagyo)); //ここではsetsagyoの中身が出ません
    });
  });
}


/**
 * 文集合本形式、当社作業、納品手配
 * @param {*} req 
 * @param {*} model 
 */
async function setPageTateTyouhyou_Sagyo(sequelize, req, model) {
  var setSagyo = {};
  var sql = `
★SQL★
  `;

  sequelize.query(sql, { replacements: req.body.params }).spread(async (records, metadata) => {
    var records_code = await model.M_CodeMaster.findAll({ where: { CodeNo: 16 } });


    var record = records[0];

    setSagyo['BunsyuKeisiki'] = record.BuhinSonzaiBasyo;
    setSagyo['NouhinTehai'] = record.CodeTi;
    setSagyo['TousyaSagyou1'] = null;
    setSagyo['TousyaSagyou2'] = null;
    setSagyo['TousyaSagyou3'] = null;
    setSagyo['TousyaSagyou4'] = null;
    for (i = 0; i < records_code.length; i++) {
      if (record.TousyaSagyou != null) {
        if (record.TousyaSagyou.match(/1/) && records_code[i].CodeID == 1) {
          setSagyo['TousyaSagyou1'] = records_code[i].CodeTi;
        } else if (record.TousyaSagyou.match(/2/) && records_code[i].CodeID == 2) {
          setSagyo['TousyaSagyou2'] = records_code[i].CodeTi;
        } else if (record.TousyaSagyou.match(/3/) && records_code[i].CodeID == 3) {
          setSagyo['TousyaSagyou3'] = records_code[i].CodeTi;
        } else if (record.TousyaSagyou.match(/4/) && records_code[i].CodeID == 4) {
          setSagyo['TousyaSagyou4'] = records_code[i].CodeTi;
        }
      }
    }


    console.log(JSON.stringify(setSagyo)); //ここではsetsagyoの中身が出ます
    return Promise.resolve(setSagyo);
  });

console.log(JSON.stringify(setSagyo)); //ここではsetsagyoの中身が出ません
  return setSagyo;
}

/**
 * 部品一覧、トビラ
 * @param {*} req 
 * @param {*} model 
 */
async function setPageTateTyouhyou_Parts(sequelize, req, model) {
略
}

/**
 * 表裏見返し
 * @param {*} req 
 */
async function setPageTateTyouhyou_Mikaesi(sequelize, req) {
略
}

/**
 * 備考
 * @param {*} record 
 */
async function setPageTateTyouhyou_Memo(record) {
略
}

/**
 * 頁リスト1ページ目
 * @param {*} req 
 */
async function setPageTateTyouhyou_Page(sequelize, req) {
略
}

試したこと

async/await,promiseなどの同期処理に問題があると考えていろいろ試したが駄目でした。。

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

check解決した方法

0

上記sequalize部分を

return new Promise((resolve, reject) => {
 sequelize.query(sql, { replacements: req.body.params }).spread(async (records, metadata) => {
    var records_code = await model.M_CodeMaster.findAll({ where: { CodeNo: 16 } });


    var record = records[0];

    setSagyo['BunsyuKeisiki'] = record.BuhinSonzaiBasyo;
    setSagyo['NouhinTehai'] = record.CodeTi;
    setSagyo['TousyaSagyou1'] = null;
    setSagyo['TousyaSagyou2'] = null;
    setSagyo['TousyaSagyou3'] = null;
    setSagyo['TousyaSagyou4'] = null;
    for (i = 0; i < records_code.length; i++) {
      if (record.TousyaSagyou != null) {
        if (record.TousyaSagyou.match(/1/) && records_code[i].CodeID == 1) {
          setSagyo['TousyaSagyou1'] = records_code[i].CodeTi;
        } else if (record.TousyaSagyou.match(/2/) && records_code[i].CodeID == 2) {
          setSagyo['TousyaSagyou2'] = records_code[i].CodeTi;
        } else if (record.TousyaSagyou.match(/3/) && records_code[i].CodeID == 3) {
          setSagyo['TousyaSagyou3'] = records_code[i].CodeTi;
        } else if (record.TousyaSagyou.match(/4/) && records_code[i].CodeID == 4) {
          setSagyo['TousyaSagyou4'] = records_code[i].CodeTi;
        }
      }
    }
    resolve();
  });
})


とnew Promiseで囲って記載することで意図通り(クエリの結果をreturnして呼び出し側で受け取る)の処理を続行することができました

投稿

編集

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 89.09%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる