質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

90.09%

localhost:3000が表示されません(Routing Error)

解決済

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 1,634

Tomoaki_Fukuda

score 63

前提・実現したいこと

Ruby on railsでdeviseを利用し、ユーザー登録・ログイン機能を作成しております。
ユーザー登録・ログインにおいて、「メールアドレス」ではなく、「Username」を用いたいと考えており、「メールアドレス」から「Username」に変更する作業を下記のサイト(補足情報に記載)をガイドに行いました。しかし、上手くいかず下記のエラーメッセージが表示されてしまいます。
対処方法をご恭二頂きたくお願い致します。

発生している問題・エラーメッセージ

Routing Error
uninitialized constant Divise

Rails.root: /Users/TOMOAKI/joinup-develop

Application Trace | Framework Trace | Full Trace
Routes

Routes match in priority from top to bottom

Helper    HTTP Verb    Path    Controller#Action
Path / Url        
Path Match
new_user_session_path    GET    /users/login(.:format)    devise/sessions#new
user_session_path    POST    /users/login(.:format)    devise/sessions#create
destroy_user_session_path    DELETE    /users/logout(.:format)    devise/sessions#destroy
user_password_path    POST    /users/password(.:format)    devise/passwords#create
new_user_password_path    GET    /users/password/new(.:format)    devise/passwords#new
edit_user_password_path    GET    /users/password/edit(.:format)    devise/passwords#edit
PATCH    /users/password(.:format)    devise/passwords#update
PUT    /users/password(.:format)    devise/passwords#update
cancel_user_registration_path    GET    /users/cancel(.:format)    devise/registrations#cancel
user_registration_path    POST    /users(.:format)    devise/registrations#create
new_user_registration_path    GET    /users/sign_up(.:format)    devise/registrations#new
edit_user_registration_path    GET    /users/edit(.:format)    devise/registrations#edit
PATCH    /users(.:format)    devise/registrations#update
PUT    /users(.:format)    devise/registrations#update
DELETE    /users(.:format)    devise/registrations#destroy
joinup_index_path    GET    /joinup/index(.:format)    joinup#index
joinup_show_path    GET    /joinup/show(.:format)    joinup#show
projects_path    GET    /projects(.:format)    projects#index
POST    /projects(.:format)    projects#create
new_project_path    GET    /projects/new(.:format)    projects#new
edit_project_path    GET    /projects/:id/edit(.:format)    projects#edit
project_path    GET    /projects/:id(.:format)    projects#show
PATCH    /projects/:id(.:format)    projects#update
PUT    /projects/:id(.:format)    projects#update
DELETE    /projects/:id(.:format)    projects#destroy
members_path    GET    /members(.:format)    members#index
POST    /members(.:format)    members#create
new_member_path    GET    /members/new(.:format)    members#new
edit_member_path    GET    /members/:id/edit(.:format)    members#edit
member_path    GET    /members/:id(.:format)    members#show
PATCH    /members/:id(.:format)    members#update
PUT    /members/:id(.:format)    members#update
DELETE    /members/:id(.:format)    members#destroy
users_path    GET    /users(.:format)    users#index
POST    /users(.:format)    users#create
new_user_path    GET    /users/new(.:format)    users#new
edit_user_path    GET    /users/:id/edit(.:format)    users#edit
user_path    GET    /users/:id(.:format)    users#show
PATCH    /users/:id(.:format)    users#update
PUT    /users/:id(.:format)    users#update
DELETE    /users/:id(.:format)    users#destroy
root_path    GET    /    divise/sessions#new
Request

Parameters:

None
Toggle session dump
Toggle env dump
Response

Headers:

None
x

  

コード:config>locales>routes.rb

Rails.application.routes.draw do
  #devise_for :users
  #0212追記
  devise_for :users, path_names:{sign_in: "login", sign_out: "logout"}


  get 'joinup/index'
  get 'joinup/show'

  #get 'joinup/index' 
  #root to:'joinup#index'

  resources :projects
  resources :members
  resources :users

  #0212追記
  #ログイン画面をホームにする
  devise_scope :user do
    root :to => "divise/sessions#new"
  end




  # The priority is based upon order of creation: first created -> highest priority.
  # See how all your routes lay out with "rake routes".

  # You can have the root of your site routed with "root"
  # root 'welcome#index'

  # Example of regular route:
  #   get 'products/:id' => 'catalog#view'

  # Example of named route that can be invoked with purchase_url(id: product.id)
  #   get 'products/:id/purchase' => 'catalog#purchase', as: :purchase

  # Example resource route (maps HTTP verbs to controller actions automatically):
  #   resources :products

  # Example resource route with options:
  #   resources :products do
  #     member do
  #       get 'short'
  #       post 'toggle'
  #     end
  #
  #     collection do
  #       get 'sold'
  #     end
  #   end

  # Example resource route with sub-resources:
  #   resources :products do
  #     resources :comments, :sales
  #     resource :seller
  #   end

  # Example resource route with more complex sub-resources:
  #   resources :products do
  #     resources :comments
  #     resources :sales do
  #       get 'recent', on: :collection
  #     end
  #   end

  # Example resource route with concerns:
  #   concern :toggleable do
  #     post 'toggle'
  #   end
  #   resources :posts, concerns: :toggleable
  #   resources :photos, concerns: :toggleable

  # Example resource route within a namespace:
  #   namespace :admin do
  #     # Directs /admin/products/* to Admin::ProductsController
  #     # (app/controllers/admin/products_controller.rb)
  #     resources :products
  #   end
end

コード:views>sessions>new.html.erb

<h2>ログイン</h2>

<%= form_for(resource, as: resource_name, url: session_path(resource_name)) do |f| %>
  <!--
  <div class="field">
    <%= f.label :email %><br />
    <%= f.email_field :email, autofocus: true %>
  </div>
  -->

  <div class="field">
    <%= f.label :username %><br />
    <%= f.email_field :username, autofocus: true %>
  </div>


  <div class="field">
    <%= f.label :password %><br />
    <%= f.password_field :password, autocomplete: "off" %>
  </div>

  <% if devise_mapping.rememberable? -%>
    <div class="field">
      <%= f.check_box :remember_me %>
      <%= f.label :remember_me %>
    </div>
  <% end -%>

  <div class="actions">
    <%= f.submit "Log in" %>
  </div>
<% end %>

<%= render "devise/shared/links" %>

補足情報(言語/FW/ツール等のバージョンなど)

下記のサイトを参照しました。
http://ruby-rails.hatenadiary.com/entry/20140804/1407168000

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

checkベストアンサー

+1

ルート指定でのスペルミスです。

# 誤
root :to => "divise/sessions#new"
# 正
root :to => "devise/sessions#new"

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2016/02/12 12:41

    ありがとうございます!
    無事に解決しました^^

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 90.09%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる