質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
85.54%
Oracle Database 12c

Oracle Database 12cは、RDBMS製品です。世界初の商用RDBMSであるOracle Databaseのバージョンで、2013年にリリース。クラウド対応を考慮して設計されました。主な機能には、マルチテナント対応やインメモリデータベースの実装などがあります。

Q&A

解決済

2回答

12592閲覧

ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。と表示されます。

JuguarSugar

総合スコア83

Oracle Database 12c

Oracle Database 12cは、RDBMS製品です。世界初の商用RDBMSであるOracle Databaseのバージョンで、2013年にリリース。クラウド対応を考慮して設計されました。主な機能には、マルチテナント対応やインメモリデータベースの実装などがあります。

0グッド

0クリップ

投稿2020/05/27 03:03

タイトルの通りでユーザー名とパスワードが無効ですとの表示がされてしまいます。
今まで行った動作といたしましては

■sqlplus sys/manager as sysdba で管理者ユーザーでログインし、

■alter session set container = ORCLPDB でPDBに接続し、

■create user ora01 identified oracle; でユーザーを作成し、

■grant connect,resouse to ora01; で権限を与えました。

そしていざsqlplus ora01/oracle@orclpdbでログインしようとすると
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
C:\Users\14990272S>sqlplus ora01/orcl@orclpdb

SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 水 5月 27 11:43:59 2020

Copyright (c) 1982, 2016, Oracle. All rights reserved.

ERROR:
ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
このようにエラーとなってしまいます
listener.oraとtnsnames.oraは下記のようになっております。

listener

1# listener.ora Network Configuration File: E:\app\14990272S\virtual\product\12.2.0\dbhome_1\network\admin\tnsnames.ora\listener.ora 2# Generated by Oracle configuration tools. 3 4SID_LIST_LISTENER = 5 (SID_LIST = 6 (SID_DESC = 7 (SID_NAME = CLRExtProc) 8 (ORACLE_HOME = E:\app\14990272S\virtual\product\12.2.0\dbhome_1) 9 (PROGRAM = extproc) 10 (ENVS = "EXTPROC_DLLS=ONLY:E:\app\14990272S\virtual\product\12.2.0\dbhome_1\bin\oraclr12.dll") 11 ) 12 (SID_DESC = 13 (SID_NAME = CLRExtProc) 14 (ORACLE_HOME = E:\app\14990272S\virtual\product\12.2.0\dbhome_1) 15 (PROGRAM = extproc) 16 (ENVS = "EXTPROC_DLLS=ONLY:E:\app\14990272S\virtual\product\12.2.0\dbhome_1\bin\oraclr12.dll") 17 ) 18 ) 19 20LISTENER = 21 (DESCRIPTION_LIST = 22 (DESCRIPTION = 23 (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521)) 24 (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC1521)) 25 ) 26 )

tnsnames

1# tnsnames.ora Network Configuration File: E:\app\14990272S\virtual\product\12.2.0\dbhome_1\network\admin\tnsnames.ora\tnsnames.ora 2# Generated by Oracle configuration tools. 3 4LISTENER_ORCL = 5 (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521)) 6 7 8ORACLR_CONNECTION_DATA = 9 (DESCRIPTION = 10 (ADDRESS_LIST = 11 (ADDRESS = (PROTOCOL = IPC)(KEY = EXTPROC1521)) 12 ) 13 (CONNECT_DATA = 14 (SID = CLRExtProc) 15 (PRESENTATION = RO) 16 ) 17 ) 18 19ORCLPDB = 20 (DESCRIPTION = 21 (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521)) 22 (CONNECT_DATA = 23 (SERVER = DEDICATED) 24 (SERVICE_NAME = orcl.■■■■.■■■■■■.co.jp) 25 ) 26 )

インターネットでエラーメッセージについてはもちろんリスナーの構成についても色々と調べましたがわかりませんでした...
どなたかお力添えいただければ幸いです。
以上、よろしくお願いします。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもMYページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

guest

回答2

0

自己解決

自己解決しました。
tnsnames.oraの[SERVICE_NAME=..........]に記載するサービス名が間違っておりました。

インターネットなどで調べてもSERVICE_NAMEの部分に記載するものがなんなのかサイトによって違うことが書いていたのが分からなかった原因になります。

lsnrctl statusをプロンプトで実行し、リスナーの保有しているサービス一覧をよく見たら分かりました。

以上になります。

投稿2020/05/27 06:19

JuguarSugar

総合スコア83

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

0

CREATE SESSION 権限の GRANT も必要では?

PDBはOracle12cから追加された機能なので、安定稼働させるためにはパッチが必要かもしれません。(憶測で)

PDB絡みの問題と思われるなら、質問に CREATE PLUGGABLE DATABASEから載せた方が良いかも?

投稿2020/05/27 04:23

Orlofsky

総合スコア16404

バッドをするには、ログインかつ

こちらの条件を満たす必要があります。

JuguarSugar

2020/05/27 04:51

回答ありがとうございます。 CREATE SESSIONをGRANTしてみましたが変わらずでした... なるほど、oracleのパッチなんてものがあるんですね!今からそちらについて調べてみます。 また、CREATE PLUGGABLE DATABASEのことですがこちらは行っておらず、12cをsetup.exeからインストールした際にデフォルトで入ったPDBを使用しております。
Orlofsky

2020/05/27 04:57

他はエラーメッセージでググりまくるとして、 パッチの入手にはサポート契約が必要です。ライセンスを買った担当営業に確認してください。
guest

あなたの回答

tips

太字

斜体

打ち消し線

見出し

引用テキストの挿入

コードの挿入

リンクの挿入

リストの挿入

番号リストの挿入

表の挿入

水平線の挿入

プレビュー

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
85.54%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

同じタグがついた質問を見る

Oracle Database 12c

Oracle Database 12cは、RDBMS製品です。世界初の商用RDBMSであるOracle Databaseのバージョンで、2013年にリリース。クラウド対応を考慮して設計されました。主な機能には、マルチテナント対応やインメモリデータベースの実装などがあります。