質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
87.20%
JWT(JSON Web Token)

JWT(JSON Web Token)とは、JSONをベースとしたアクセストークンの仕様。電子署名付きのURL safeなJSONのことを指します。電子署名が付いているため、改ざんをチェックできる点がメリットです。

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

JSON

JSON(JavaScript Object Notation)は軽量なデータ記述言語の1つである。構文はJavaScriptをベースとしていますが、JavaScriptに限定されたものではなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータの受け渡しが行えるように設計されています。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Authentication

Authentication(認証)は正当性を認証する為の工程です。ログイン処理等で使われます。

解決済

gemを使う際、classの場合requireは不要ですか?逆にmoduleの場合はrequireは必要ですか?

TofuLove
TofuLove

総合スコア14

JWT(JSON Web Token)

JWT(JSON Web Token)とは、JSONをベースとしたアクセストークンの仕様。電子署名付きのURL safeなJSONのことを指します。電子署名が付いているため、改ざんをチェックできる点がメリットです。

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

JSON

JSON(JavaScript Object Notation)は軽量なデータ記述言語の1つである。構文はJavaScriptをベースとしていますが、JavaScriptに限定されたものではなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータの受け渡しが行えるように設計されています。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Authentication

Authentication(認証)は正当性を認証する為の工程です。ログイン処理等で使われます。

2回答

0評価

0クリップ

1107閲覧

投稿2020/05/15 07:56

ruby-jwtを使おうと思い、参考にするページ下記2つを読み進めました。

  1. Rails API + JWT Authentication - Binar Academy - Medium
  2. JSON Web Token(JWT)を用いたAPIの認証の実装(Rails) - Qiita

上記2つのページに書かれているjwtのエンコードとデコードのメソッドを書いているコードを比較したところ、微妙な差異があり疑問を持ちました。

  1. Classでrequire "jwt"の記述なし
  2. Moduleでrequire "jwt"の記述あり

この2点だけを見ると、Classの場合はrequire不要で、Moduleの場合はrequireが必要、と捉えることが可能かと思うのですが、この認識は正しいのでしょうか。
現状は高確率で正しくないとは思っています。
またはディレクトリ構造やgemによったり、どちらかのページのコードに誤りがあるのでしょうか。
いずれの場合にせよ、ご教示いただきたく存じます。

requireについてググってもストロングパラメータで使うrequireメソッドの使い方ばかりが出てきたので質問しました。

1のコード

ruby

class JsonWebToken SECRET_KEY = Rails.application.secrets.secret_key_base. to_s def self.encode(payload, exp = 24.hours.from_now) payload[:exp] = exp.to_i JWT.encode(payload, SECRET_KEY) end def self.decode(token) decoded = JWT.decode(token, SECRET_KEY)[0] HashWithIndifferentAccess.new decoded end end

2のコード

ruby

module JwtAuthenticator require "jwt" SECRET_KEY = Rails.application.secrets.secret_key_base # 暗号化処理 def encode(user_id) expires_in = 1.month.from_now.to_i # 再ログインを必要とするまでの期間を1ヶ月とした場合 preload = { user_id: user_id, exp: expires_in } JWT.encode(preload, SECRET_KEY_BASE, 'HS256') end # 復号化処理 def decode(encoded_token) decoded_dwt = JWT.decode(encoded_token, SECRET_KEY_BASE, true, algorithm: 'HS256') decoded_dwt.first end end

良い質問の評価を上げる

以下のような質問は評価を上げましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

  • プログラミングに関係のない質問
  • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
  • 問題・課題が含まれていない質問
  • 意図的に内容が抹消された質問
  • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
  • 広告と受け取られるような投稿

評価を下げると、トップページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
87.20%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

JWT(JSON Web Token)

JWT(JSON Web Token)とは、JSONをベースとしたアクセストークンの仕様。電子署名付きのURL safeなJSONのことを指します。電子署名が付いているため、改ざんをチェックできる点がメリットです。

Ruby

Rubyはプログラミング言語のひとつで、オープンソース、オブジェクト指向のプログラミング開発に対応しています。

JSON

JSON(JavaScript Object Notation)は軽量なデータ記述言語の1つである。構文はJavaScriptをベースとしていますが、JavaScriptに限定されたものではなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータの受け渡しが行えるように設計されています。

Ruby on Rails

Ruby on Railsは、オープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。「同じことを繰り返さない」というRailsの基本理念のもと、他のフレームワークより少ないコードで簡単に開発できるよう設計されています。

Authentication

Authentication(認証)は正当性を認証する為の工程です。ログイン処理等で使われます。