質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.58%

【swift】TableViewCellを任意の場所までスクロールさせたい

受付中

回答 1

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 505

syoco0330

score 14

現在、日ごとに簡単な日記を保存できるカレンダーアプリを開発しています。
カレンダーの機能はFSCalendar、データベースはRealmを導入しています。
日記を付けた箇所は日付の下に青い点マークが表示されています。

実装したいことは
カレンダーの日付とTableViewの日付を連動させたいです。

詳しく説明すると
カレンダーの日付を押すと、カレンダー下にあるTableViewがTOPに来るようにスクロールさせたい
画像で説明すると、カレンダーの6を押した時に
現在、TableViewが「2020/05/02」の部分が「2020/05/06」になるようにしたい。

TableViewを上下にスクロールすると青い点マークも移動するようにしたい。
画像で説明すると、TableViewを上下させて、
TOPが「2020/05/02」の場合、5月6日が青になっているのを5月2日が青になるようにしたい。

tableView.scrollToRowで色々試してみましたが、力が及ばずでした。
どなたかご教授いただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

イメージ説明

現在のソースコードがこちらになります。

import UIKit
import FSCalendar
import CalculateCalendarLogic
import RealmSwift

// ディスプレイしサイズを取得する
let w = UIScreen.main.bounds.size.width
let h = UIScreen.main.bounds.size.height

class MainController: UIViewController,FSCalendarDelegate,FSCalendarDataSource,FSCalendarDelegateAppearance,UITableViewDelegate,UITableViewDataSource {



    // スケジュール内容
    let labelDate = UILabel(frame: CGRect(x: 5,y: 580,width: 400,height: 50))
    // 「主なスケジュール」の内容
    let labelTitle = UILabel(frame: CGRect(x: 0,y: 530,width: 180,height: 50))
    // カレンダー部分
    let dateView = FSCalendar(frame: CGRect(x: 0,y: 30,width: w,height: 400))
    // 日付の表示
    let Date = UILabel(frame: CGRect(x: 5,y: 430,width: 200,height: 100))

    let tableView = UITableView(frame: CGRect(x: 0, y: 430, width: w, height: 400))

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // カレンダーの設定
        self.dateView.dataSource = self
        self.dateView.delegate = self
        self.dateView.today = nil
        self.dateView.tintColor = .red
        self.view.backgroundColor = .white
        dateView.backgroundColor = .white
        view.addSubview(dateView)


        // スケジュール追加ボタン
        let addBtn = UIButton(frame: CGRect(x: w - 70,y: h - 70,width: 60,height: 60))
        addBtn.setTitle("+", for: UIControl.State())
        addBtn.setTitleColor(.white, for: UIControl.State())
        addBtn.backgroundColor = .orange
        addBtn.layer.cornerRadius = 30.0
        addBtn.addTarget(self, action: #selector(onClick(_:)), for: .touchUpInside)
        view.addSubview(addBtn)

        // テーブルの設定
        tableView.delegate = self
        tableView.dataSource = self
        tableView.backgroundColor = .lightText
        tableView.register(UITableViewCell.self, forCellReuseIdentifier: "Cell")
        view.addSubview(tableView)

        // セパレータの色
        tableView.separatorColor = .blue
        tableView.rowHeight = 50

        // 指定した日付を選択した状態にする
        let calendar = Calendar.current
        let selectDate = calendar.date(from: DateComponents(year: 2020, month: 5, day: 10))
        dateView.select(selectDate)

    }



    func tableView(_ tableView: UITableView, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int {
        let realm = try! Realm()
        let results = realm.objects(Event.self)

        return results.count
    }

    func tableView(_ tableView: UITableView, cellForRowAt indexPath: IndexPath) -> UITableViewCell {
        let cell = UITableViewCell(style: .subtitle, reuseIdentifier: "Cell")
        let realm = try! Realm()
        let results = realm.objects(Event.self)
        let result = results[indexPath.row]

        cell.textLabel?.text = result.date
        cell.detailTextLabel?.text = result.event
        cell.accessoryType = .disclosureIndicator

        return cell
    }

    fileprivate let gregorian: Calendar = Calendar(identifier: .gregorian)
    fileprivate lazy var dateFotmatter: DateFormatter = {
        let formatter = DateFormatter()
        formatter.dateFormat = "yyyy-MM-dd"
        return formatter
    }()

    // 祝日判定を行い結果を返すメソッド
    func judgeHoliday(_ date : Date) -> Bool {
        //祝日設定ようのカレンダークラスのインスタンス
        let tmpCalendar = Calendar(identifier: .gregorian)

        //祝日判定を行う日にちの年、月、日を取得
        let year = tmpCalendar.component(.year, from: date)
        let month = tmpCalendar.component(.month, from: date)
        let day = tmpCalendar.component(.day, from: date)

        let holiday = CalculateCalendarLogic()

        return holiday.judgeJapaneseHoliday(year: year, month: month, day: day)
    }

    // date型 -> 年月日をIntで取得
    func getDay(_ date:Date) -> (Int,Int,Int){
        let tmpCalender = Calendar(identifier: .gregorian)
        let year = tmpCalender.component(.year, from: date)
        let month = tmpCalender.component(.month, from: date)
        let day = tmpCalender.component(.day, from: date)
        return (year,month,day)
    }

    // 曜日判定
    func getWeekIdx(_ date: Date) -> Int {
        let tmpCalendar = Calendar(identifier: .gregorian)
        return tmpCalendar.component(.weekday, from: date)
    }

     //リストの数だけ日付に点マークをつける
    func calendar(_ calendar: FSCalendar, numberOfEventsFor date: Date) -> Int {
        var tmpList: Results<Event>!
        let tmpDate = Calendar(identifier: .gregorian)
        let year = tmpDate.component(.year, from: date)
        let month = tmpDate.component(.month, from: date)
        let day = tmpDate.component(.day, from: date)
        let m = String(format: "%02d", month)
        let d = String(format: "%02d", day)

        let da = "\(year)/\(m)/\(d)"

        //対象の日付が設定されているデータを取得する
        let realm = try! Realm()
        var result = realm.objects(Event.self)
        result = result.filter("date = '\(da)'")

        if result.count >= 1 {
            return 1
        } else {
            return 0
        }
    }

    // 日の始まりと終わりを取得
    private func getBeginingAndEndOfDay(_ date:Date) -> (begining: Date, end: Date) {
        let begining = Calendar(identifier: .gregorian).startOfDay(for: date)
        let end = begining + 24*60*60
        return (begining, end)
    }


    @objc func onClick(_: UIButton) {
        let storyBoard = UIStoryboard(name: "Main", bundle: nil)
        let SecondController = storyBoard.instantiateViewController(withIdentifier: "Insert")
        present(SecondController,animated: true, completion: nil)
    }

    //カレンダー処理(スケジュール表示処理)
    func calendar(_ calendar: FSCalendar, didSelect date: Date, at monthPosition: FSCalendarMonthPosition) {
        let tmpDate = Calendar(identifier: .gregorian)
        let year = tmpDate.component(.year, from: date)
        let month = tmpDate.component(.month, from: date)
        let day = tmpDate.component(.day, from: date)
        let m = String(format: "%02d", month)
        let d = String(format: "%02d", day)
        let da = "\(year)/\(m)/\(d)"

        let realm = try! Realm()
        let results = realm.objects(Event.self).filter("date = '\(da)'")
        if results.count != 0 {
            let result = results[0].date
        }
    }
}
  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

回答 1

+1

FSCalendarはほとんど使ったことがありませんが、こんな感じでいかがでしょうか。

・カレンダーの日付を押すと、カレンダー下にあるTableViewがTOPに来るようにスクロールさせたい。

指定した IndexPath がトップに来るようにするにはこんな感じでしょうか。

scrollToRowはお試しになったということですが、もしかしたら TableView の再描画と重なったのかもしれません。

メインキューに追加するとうまく行くかもしれませんが、いかがでしょうか。

    let indexPath = IndexPath(row: 10, section: 0)
    DispatchQueue.main.async {
        self.tableView.scrollToRow(at: indexPath, at: .top, animated: true)
    }

・TableViewを上下にスクロールすると青い点マークも移動するようにしたい。

良いコードとは思えませんが、新しいセルが表示される時のdelegate内で表示されているセルの[IndexPath]を取得し、そのトップから一番上のセルを推測するとなるとこんな感じでしょうか。

あとは、FSCalendar のメソッドを用いて指定した日付に飛べば良さそうな感じがします。

ただし、セルの描画が行われるたびにこのメソッドは呼び出されるため、セルがViewに表示された時にはセルの数だけ呼び出しがかかってしまいますのでもう一工夫必要かもしれません。

また、必ずしも見た目の最上位のセルとtableView.indexPathsForVisibleRows?.first?.rowの値が一致しないこともあるようです。たとえば、ごくわずかにでも直前のセルが表示されていれば、得られる値はその行になってしまうため、こちらも工夫が必要かもしれません。

    func tableView(_ tableView: UITableView, willDisplay cell: UITableViewCell, forRowAt indexPath: IndexPath) {
        if let row = tableView.indexPathsForVisibleRows?.first?.row {
            label.text = "トップのセル番号: \(row + 1)"
        }
    }

投稿

  • 回答の評価を上げる

    以下のような回答は評価を上げましょう

    • 正しい回答
    • わかりやすい回答
    • ためになる回答

    評価が高い回答ほどページの上位に表示されます。

  • 回答の評価を下げる

    下記のような回答は推奨されていません。

    • 間違っている回答
    • 質問の回答になっていない投稿
    • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

    評価を下げる際はその理由を明確に伝え、適切な回答に修正してもらいましょう。

  • 2020/08/29 17:45

    syoco0330さん 
    トピックの外から失礼します。
    勝手に高評価してすいません。

    TsukubaDepotさん
    同じ悩みでしたのでこちらの回答で同期できました!ありがとございます!!

    キャンセル

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.58%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る