質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

Ansible

Ansibleは、Python で書かれたサーバーの設定を管理するための 構成管理ツールです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

受付中

ansible -m win_ping 192.168.1.8を実行すると、"msg": "winrm or requests is not installed: が返る

TAHA
TAHA

総合スコア16

Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

Ansible

Ansibleは、Python で書かれたサーバーの設定を管理するための 構成管理ツールです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。

0回答

0リアクション

0クリップ

2459閲覧

投稿2020/04/15 12:30

編集2020/04/15 12:37

・質問内容
ansible -mで通信確認すると、下記のエラーが返ります。

192.168.1.8 | FAILED! => {
"msg": "winrm or requests is not installed: No module named 'winrm'"

・環境構成
CentOS8
ansible-2.9.5-1.el8.noarch
python36
Windows10Pro

・現象
このコマンドを実行したところ...

ansible -m win_ping 192.168.1.8

こういう結果が返ります。

192.168.1.8 | FAILED! => {

"msg": "winrm or requests is not installed: No module named 'winrm'"

}

・/etc/ansible/hostsの中身

[test] 192.168.1.8 [windows] 192.168.1.8 [windows:vars] ansible_user=thash ansible_password="426601" ansible_port=5986 ansible_connection=winrm ansible_winrm_server_cert_validation=ignore

・Ansible側のRM設定

[root@localhost ansible]# pip3 list | grep pywinrm DEPRECATION: The default format will switch to columns in the future. You can use --format=(legacy|columns) (or define a format=(legacy|columns) in your pip.conf under the [list] section) to disable this warning. pywinrm (0.4.1)

・ネットワークの状態
PINGは通ります。

[root@localhost ansible]# ping 192.168.1.8 PING 192.168.1.8 (192.168.1.8) 56(84) bytes of data. 64 bytes from 192.168.1.8: icmp_seq=1 ttl=128 time=3.92 ms 64 bytes from 192.168.1.8: icmp_seq=2 ttl=128 time=14.3 ms 64 bytes from 192.168.1.8: icmp_seq=3 ttl=128 time=6.97 ms

・クライアントの設定
Powerbuilderバージョン:5.1.18362.628
NetFrameworkバージョン:4.8.03752
WinRMステータス:

PS C:\work> Get-Service | Where-Object { $_.Name -eq "WinRM" } Status Name DisplayName ------ ---- ----------- Running WinRM Windows Remote Management (WS-Manag...

WinRMリスナー状態:

PS C:\work> winrm enumerate winrm/config/Listener Listener Address = * Transport = HTTP Port = 5985 Hostname Enabled = true URLPrefix = wsman CertificateThumbprint ListeningOn = 127.0.0.1, 169.254.101.35, 169.254.183.159, 169.254.229.184, 192.168.1.8, ::1, fe80::88a2:80c5:9455:6523%11, fe80::a1e4:ed16: 745:e5b8%16, fe80::bce9:b007:f646:b79f%10 Listener Address = * Transport = HTTPS Port = 5986 Hostname = WIN10 Enabled = true URLPrefix = wsman CertificateThumbprint = 7724FF9A30AFD724A231ECD6F5D3723900DAC161 ListeningOn = 127.0.0.1, 169.254.101.35, 169.254.183.159, 169.254.229.184, 192.168.1.8, ::1, fe80::88a2:80c5:9455:6523%11, fe80::a1e4:ed16: 745:e5b8%16, fe80::bce9:b007:f646:b79f%10

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Windows 10

Windows 10は、マイクロソフト社がリリースしたOSです。Modern UIを標準画面にした8.1から、10では再びデスクトップ主体に戻され、UIも変更されています。PCやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに幅広く対応していることが特徴です。

CentOS

CentOSは、主にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)をベースにした、フリーのソフトウェアオペレーティングシステムです。

Ansible

Ansibleは、Python で書かれたサーバーの設定を管理するための 構成管理ツールです。

Python

Pythonは、コードの読みやすさが特徴的なプログラミング言語の1つです。 強い型付け、動的型付けに対応しており、後方互換性がないバージョン2系とバージョン3系が使用されています。 商用製品の開発にも無料で使用でき、OSだけでなく仮想環境にも対応。Unicodeによる文字列操作をサポートしているため、日本語処理も標準で可能です。