質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

新規登録して質問してみよう
ただいま回答率
86.12%
Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

Angular

Angularは、JavaScriptフレームワークです。AngularJSの後継であり、TypeScriptベースで実装されています。機能ごとに実装を分けやすく、コードの見通しが良いコンポーネント指向です。

Cloud Firestore

Cloud Firestore は、自動スケーリングと高性能を実現し、アプリケーション開発を簡素化するように構築された NoSQLドキュメントデータベースです。

TypeScript

TypeScriptは、マイクロソフトによって開発された フリーでオープンソースのプログラミング言語です。 TypeScriptは、JavaScriptの構文の拡張であるので、既存の JavaScriptのコードにわずかな修正を加えれば動作します。

解決済

Firestoreで元々入ってたデータも含めて、コレクションの要素数をカウントしたい(Cloud Functions)

Gento
Gento

総合スコア77

Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

Angular

Angularは、JavaScriptフレームワークです。AngularJSの後継であり、TypeScriptベースで実装されています。機能ごとに実装を分けやすく、コードの見通しが良いコンポーネント指向です。

Cloud Firestore

Cloud Firestore は、自動スケーリングと高性能を実現し、アプリケーション開発を簡素化するように構築された NoSQLドキュメントデータベースです。

TypeScript

TypeScriptは、マイクロソフトによって開発された フリーでオープンソースのプログラミング言語です。 TypeScriptは、JavaScriptの構文の拡張であるので、既存の JavaScriptのコードにわずかな修正を加えれば動作します。

1回答

0リアクション

0クリップ

2466閲覧

投稿2020/04/15 03:35

前提・実現したいこと

Firestoreでコレクションの要素数をカウントする方法
こちらのページの3つ目のやり方(データ数が多いコレクションのカウント方法)を参考にしながら、コレクションの要素数をカウントすることに成功しました。

しかし、これだと今までのデータがカウントされません。


例えば、users/{userId}/events/以下のコレクションに、すでに50件のドキュメントがあったとします。
新たにevent(events以下に生成される{eventId})が追加されても、カウントは「51」では無く、「1」となります。

元のデータも含めてカウントを開始するには、どうすればよいでしょうか?

該当のソースコード

typescript

import * as functions from 'firebase-functions'; import * as admin from 'firebase-admin'; admin.initializeApp(); const db = admin.firestore(); exports.countEvents = functions.firestore .document('users/{userId}/events/{eventId}') .onWrite((change, context) => { const userId = context.params.userId; const FieldValue = admin.firestore.FieldValue; const countsRef = db.collection('users').doc(userId); if (!change.before.exists) { // 登録時に件数をインクリメント return countsRef.update({ eventCount: FieldValue.increment(1) }); } else if (change.before.exists && !change.after.exists) { // 削除時に件数をデクリメント return countsRef.update({ eventCount: FieldValue.increment(-1) }); } return; });

補足情報(FW/ツールのバージョンなど)

Firestoreの構造は以下のようになり、userIdのフィールドにeventCountがあります。
users/{userId}/events/{eventId}

firestore

以下のような質問にはリアクションをつけましょう

  • 質問内容が明確
  • 自分も答えを知りたい
  • 質問者以外のユーザにも役立つ

リアクションが多い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

気になる質問をクリップする

クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

下記のような質問は推奨されていません。

  • 間違っている
  • 質問になっていない投稿
  • スパムや攻撃的な表現を用いた投稿

適切な質問に修正を依頼しましょう。

まだ回答がついていません

会員登録して回答してみよう

アカウントをお持ちの方は

15分調べてもわからないことは
teratailで質問しよう!

ただいまの回答率
86.12%

質問をまとめることで
思考を整理して素早く解決

テンプレート機能で
簡単に質問をまとめる

質問する

関連した質問

同じタグがついた質問を見る

Firebase

Firebaseは、Googleが提供するBasSサービスの一つ。リアルタイム通知可能、並びにアクセス制御ができるオブジェクトデータベース機能を備えます。さらに認証機能、アプリケーションのログ解析機能などの利用も可能です。

Angular

Angularは、JavaScriptフレームワークです。AngularJSの後継であり、TypeScriptベースで実装されています。機能ごとに実装を分けやすく、コードの見通しが良いコンポーネント指向です。

Cloud Firestore

Cloud Firestore は、自動スケーリングと高性能を実現し、アプリケーション開発を簡素化するように構築された NoSQLドキュメントデータベースです。

TypeScript

TypeScriptは、マイクロソフトによって開発された フリーでオープンソースのプログラミング言語です。 TypeScriptは、JavaScriptの構文の拡張であるので、既存の JavaScriptのコードにわずかな修正を加えれば動作します。