質問をすることでしか得られない、回答やアドバイスがある。

15分調べてもわからないことは、質問しよう!

ただいまの
回答率

88.34%

flutter firestoreでのStreamを用いたユーザーIDとユーザー情報の状態管理

受付中

回答 0

投稿

  • 評価
  • クリップ 0
  • VIEW 850

mu-------

score 9

Flutter初心者です!

FireStoreからログインしているユーザーIDを取得し、
そのユーザーIDを使用してユーザーの情報(UsersInfo)を再度FireStoreから取得しています。

ユーザーのログイン・ログアウトの状態は、
Streamで監視できるようにしています。

下記のようにStreamでログイン状態を監視しています。

AuthApi.dart

  //create user obj based on FirebaseUser
  User _userFromFirebaseUser(FirebaseUser user) {
    return user != null ? User(uid: user.uid) : null;
  }

  //auth change user stream
  Stream<User> get user {
    return _auth.onAuthStateChanged.map(_userFromFirebaseUser);
  }

また、UsersInfoの情報もStreamで監視しようとしています。

UsersInfoApi.dart

  //user_info list from snapshot
  UsersInfo _userInfoListFromSnapshot(DocumentSnapshot document) {
    return UsersInfo(
      nickname: document['nickname'] as String ?? '',
      address: document['address'] as String ?? '',
      age: document['age'] as int ?? 0,
    );
  }

  //get data
  Stream<UsersInfo> get usersInfo {
    return usersInfoCollection
        .document(uid) // ここでユーザーIDを使用する
        .snapshots()
        .map(_userInfoListFromSnapshot);
  }

そして、main.dartにて、Userのログイン情報とUsersInfoの情報をStreamProviderで渡し、
MaterialAppの配下にあるウィジェットに情報を渡したいと思っているのですが、
その方法がわかってません。。

要するに、下記のようなことができたら嬉しいのですが、このようにはできないことはわかっております(泣)

main.dart

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MultiProvider(
      providers: [
        StreamProvider<User>(    // ユーザーIDはこれでいいと思うのですが。。
          create: (_) => AuthApi().user,
        ),
        StreamProvider<UsersInfo>(   //このようなものはないのですが、できたらうれしいです。。
          create: (_) => UsersInfoApi(uid:上から取得したユーザーID).usersInfo
        ),
      ],
      child: MaterialApp( ...

現在は、ユーザーIDのみ上記方法で各ページに配布し、
各ページでStreamBuilderでUsersInfoをを取得しています。

それ以外にも、下記のような方法があると思うのですが、ユーザーがログアウトする度にMaterialAppが書き換わってもいいのでしょうか??

main.dart
class MyApp extends StatelessWidget {

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MultiProvider(
      providers: [
        StreamProvider<User>(
          create: (_) => AuthApi().user,
        ),
      ],
      child: Consumer<User>(
        builder: (context, user, child) {
          return StreamProvider<UsersInfo>(
            create: (_) => UsersInfoApi(uid: user.uid).usersInfo,
            child: MaterialApp( ...

また、アプリ全体ではChangeNotifierProviderで状態管理を行っているのですが、
そちらでユーザー情報も状態管理をした方がいいのでしょうか?
(やり方がわかっておらず、お手数ですが、例があると幸いです…!)

「自分はこのようにfirebaseでユーザー情報を管理してます!」という情報でも構いませんので、
ご回答、何卒よろしくお願い致します!!

  • 気になる質問をクリップする

    クリップした質問は、後からいつでもマイページで確認できます。

    またクリップした質問に回答があった際、通知やメールを受け取ることができます。

    クリップを取り消します

  • 良い質問の評価を上げる

    以下のような質問は評価を上げましょう

    • 質問内容が明確
    • 自分も答えを知りたい
    • 質問者以外のユーザにも役立つ

    評価が高い質問は、TOPページの「注目」タブのフィードに表示されやすくなります。

    質問の評価を上げたことを取り消します

  • 評価を下げられる数の上限に達しました

    評価を下げることができません

    • 1日5回まで評価を下げられます
    • 1日に1ユーザに対して2回まで評価を下げられます

    質問の評価を下げる

    teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。

    • プログラミングに関係のない質問
    • やってほしいことだけを記載した丸投げの質問
    • 問題・課題が含まれていない質問
    • 意図的に内容が抹消された質問
    • 過去に投稿した質問と同じ内容の質問
    • 広告と受け取られるような投稿

    評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。

    質問の評価を下げたことを取り消します

    この機能は開放されていません

    評価を下げる条件を満たしてません

    評価を下げる理由を選択してください

    詳細な説明はこちら

    上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。

    質問の評価を下げる機能の利用条件

    この機能を利用するためには、以下の事項を行う必要があります。

まだ回答がついていません

15分調べてもわからないことは、teratailで質問しよう!

  • ただいまの回答率 88.34%
  • 質問をまとめることで、思考を整理して素早く解決
  • テンプレート機能で、簡単に質問をまとめられる

関連した質問

同じタグがついた質問を見る